2013年12月 8日 (日)

131208 英文解釈とトレーニング

先日の授業。解釈力の低い生徒の弱点ポイント。節のあとにandがでてくる文。Most people feel uncomfortable when telling a lie and send signals about their lies through their body languages. この文の解釈のポイントは、when...という副詞節の支配領域がどこまでか。あるいは、andはsendと何をつないでいるかというところ。解釈力が低い生徒は節の範囲とandがつなぐものこの2つがからむと、とたんに読めなくなる。「副詞節はlanguagesまで」などとしてしまう。節のあとにand...をつけた英文を数多く読ませて判断させる必要がありそう。


このような句・節を自力で判断して読み進めていく方法論をなおざりにして音読・暗唱させても、あるいは現代文的な読み方をしてもちっとも伸びないのは言うまでもない。3年が演習の時期とするなら、本来は基礎的な英文解釈的読み方は1・2年、3年前半で終わっとらんといかんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

131208 音読と解釈のはざまで

高校3年生(自分が1年から教えていない学年)を教えていてつくづく思うことがある。読み方をしらなさすぎる。誤解をおそれず言えば、高校1年生では英文解釈(文型+句節+andがつなぐもの+多義語の解釈)の割合が大きくものをいい、高校1年生終わりから高校2年生ではそれに磨きをかけた上で現代文的な論理展開を追いかける読み方に少しずつ移行していくと思う。

高校1年の時も後者の読み方は0ではない。しかし前者が自動化されていない状態(あるいは英文の構造が納得いっていない状態で)いくら音読やパラグラフリーディングや論理展開を追う読み方を教えても結局は効率は恐ろしく低くなるのである。

生徒は2年、3年と英文には触れている。しかし(文型+句節+andがつなぐもの+多義語の解釈)ができなければ自力で読むためのエンジンをもっていないのと同じである。フレーズごとに前から解釈していく方法論を最初に教えないとボタンのかけちがえ状態が3年間続くことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)