2018年4月15日 (日)

180415 新井先生、AI、読解力

国立情報学研究所の新井紀子先生の話を福島県の学習合宿のセミナーで拝聴したことがある。また、様々なところで、子どもの読解力が落ちているという話しも耳にする。

ただ、どうすれば読解力があがるのかは具体論はあまりでていないようだ。そこで今日は、読解力、算数(数学)はイメージ力と密接な関係があるということを言いたい。

まず書かれてあることを理解するには、自身で経験していることが絶対的な強みとなる。日常的に体験していることが多ければ多いほど、文に書かれてある情景が映像として脳裏によみがえる。どういう意味を持つかそこで判断していける。「払暁」と聞いて、どんな情景か、経験しているものと、いないものではよみがえる情報の強度は全く違うだろう。

もし仮に子ども読解力が落ちているのだとすれば、体験に乏しい→イメージとして想起できない→イメージできないことからは考えることができない とつながるのではないかということだ。

算数について言うと、子どもには今、「どんぐり倶楽部」さんの数学の文章題をやらせている。この塾の特徴は、必ず子どもに「絵を描かせて」考えさせるということだ。「絵」が考えをまとめるためのキーポイントになっている。代表の方がおっしゃるのには「思考力」ならぬ「視考力」が重要だということだ。数学の先生に聞くと、なるほど理にかなっていると言う。関数から、微積から図形を意識することがとても重要だということなのだ。読解力と算数を解く力は一緒という考えは子どもを見ていると納得できるものが確かにある。

抽象思考するのには、まずは、具体的な絵や図の操作を頭の中あるいは、描きだして実際の紙の上でする必要があるのではないかということだ。

いずれにせよ、1度脳裏に「イメージ」を想起する点は同じだ。人はイメージした具体的なものを使ってしか抽象思考ができないのではないだろうか。

だとすれば、子ども達の思考力を伸ばす方法としては、
1)自然の中や日常の中の体験を料理やお手伝い、虫取りなどを含めて豊富にさせてあげること。
2)言葉と体験を結びつけてあげること。「こどもの日」なら、鎧兜をかざる、鯉のぼりをあげる、柏餅を食べる。中国の故事の話しをしてあげる。
3)日常と結びつけたものがふんだんに出てくる文章題を、絵を描かせることによって解かせる。
読解力とは、結局、体験に基づいた具体的イメージと抽象的なものをいったりきたりできる能力の総称ではないかと思うのだ。

これは英語の読解力にも言える。最近は多読が流行っている。多読は絵本から始めることが多いが、これは理由がある。dog, cat, bear, dolphin。和訳しなくてもイメージ化できるのが絵本の強みだ。これは形容詞にも、動詞にも言える。語いのイメージ化ができると和訳を飛ばして理解できるようになる。

英語の読解力に必要なのは、語い力と構文力と言われている。語い力においては、コアになるイメージがあるかどうかで大幅に読解力が異なるだろう。
構文にしても、<Sの前のイントロ> S (Sの説明) V X X というイメージが見ているか。Vのあとも、VOやVC、VOO、VOCなどのイメージが見えているかどうか。to Vなら「これから向かう」というイメージが、Vingなら「もうしている」というイメージがあるかどうかだ。
さらに抽象度があがると、情報、逆接、主張=言い換え などがイメージできるか。それをグラフィックオーガナイザーで構造化できるか。
読解力を高めたいなら、絵を描かせる、イメージ化するところから初めてはどうだろうか。

Dsc00415

α7RⅡ  Loxia 21mm  ケム河 パンティング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

180414 授業の基本のキ

英語教員は伝えるすべに長けているか。

案外そうでもない。教える以前に、伝えられているか。

1)声は十分クリアで大きいか。    

    小さな声は相手に努力を強いる。小さな声で通すのは×。
    ただしどんなに大声でも一本調子は聞いているほうは疲れます。
2)声の速度コントロールは十分か。 
    緩急をつけます。
    ときには無言の間も使いこなします。無言は生徒の注意をひきます
3)生徒に対する指示が通っているか。
    なにを、いつまでに、どれだけ、だれとやればよいか。
   1度さっと指示しただけで生徒がわかっていると思ったら大間違い。
   もう一度確認し、生徒自身に指示内容を言わせます。
 
4)スモールステップで教えているか。
   これはつまり、生徒がどこでつまづくのかわかって教えているということ。
   必要のないところでステップを刻む必要はありませんし、時間のムダ。
   間違うと思う前でポイントを確認。演習というステップを刻んであげます。
    たくさんのできた!体験を仕組んであげられるか。が大事。
      授業以前の基本のキです。

  向山洋一先生は授業十か条として以下のものをあげています。(出典TOSSランド)

第1条 趣意説明の原則

指示の意味を説明せよ。子どもに指示を与えるときは、指示の意味を説明することが大切である。指示されたので行動しているという状態ではなく、目的を与えられたので行動をしていると理解していることが重要なのである。

第2条 一時一事の原則

一時に一事を指示せよ。同じ時に、二つも三つもの指示を与えてはいけない。子供が混乱してしまう。特に特別支援を要する児童、ワーキングメモリの少ない児童には、この原則を踏まえることが大変重要になる。

第3条 簡明の原則

指示・発問は短く限定して述べよ。全員が理解できる指示を与えるためには、指示する内容は本質的であり、具体的でなくてはならない。

第4条 全員の原則

指示は全員にせよ。手に何か持っている状態で指示をしたのは指示したうちに入らない。作業の途中で指示する時は、手にしていたものを全員置かせて、自分のほうに向かせる。これで、全員に指示したと言える。

第5条 所持物の原則

子どもを活動させるためには,場所と時間と物を与えよ。資料を示し、何か発言を求めるときは「資料を見る時間」「考える時間」を与える。また、子どもたちに作業をさせるのであれば、作業をさせる場をつくらなければならない。

第6条 細分化の原則

指導内容を細分化せよ。《細分化→解釈→イメージ化》文字だけではなく、映像・音楽という媒体を通じて学習を行う。国語や算数などの指導では《細分化→解釈→発問》とかわる。

第7条 空白禁止の原則

たとえ一人の子どもでも空白の時間をつくるな。たとえ一分間でも「何をやっていいのか分からない」という状態をつくってはいけない。先のことまで考えて手を打っておく。空白を作らないためには、以下の原則を行う。
 ○まず全体に、大きな課題を与える。その後で個別に指導する。
 ○授業中の個別指導は「完全にさせる」のではなく「短く何回もさせる」ことが基本。
 ○終わった後の発展課題は必ず用意しておく。

第8条 確認の原則

指導の途中で何度か達成率を確認せよ。指導の後、どれくらいできるようになったかという達成状況を確認し、評価をする。
達成率の確認には多くの方法がある。片々の技術が必要である。

第9条 個別評定の原則

誰が良くてだれが悪いのかを評定せよ。指導の際、大切なのは一人ひとりを個別に評定すること。個別に指導する場面を作るのでなければ、全体は完成しない。

第10条 激励の原則

常にはげまし続けよ。やる気を促すときに、最も大切なことは励ますことである。励ましは、教師が子どもと共に、一緒に欠点を克服していこうとする証明であり、それは持続されなければならない。

小学生だけでなく大人まで使える原則です。小学生にわかる・やさしいのであれば、高校生がわかるのは当然の結果と言えます。 

Dsc00014

Over the Horizon  α7RⅡ Loxia 21mm  インド上空にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

180413 同じ受験生でも異なるCEFRの段階へ

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28585360W8A320C1CR8000/

日本経済新聞によれば、文部科学省の担当者は、同じ生徒が違う民間試験を受験した場合、CEFRの段階が異なってしまう可能性があることを認めたそうです。

これは...... 試験として妥当なのか.....   
大きな目で見れば、現場でspeakingの指導が入るようになりよいのではという意見があるのも承知しています。しかし、受験生にとっては受験はもっと切実なもので、そこはかんがえてあげないといけません。1点をとるためにものすごく努力する。だから公平でなくてはならないのです。英語教育の専門家の意見をしっかり入れてもう一度検証を。
ひとつの民間試験に絞るか、あるいは国で試験を開発するほうが絶対にいいです。(東京外語大がブリティッシュカウンシルと共同で2次試験用のスピーキングテストを開発という報道もありますから楽しみです)文科省には本当にがんばってほしいです。

Dsc00832

α7RⅡ  Loxia 21mm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月)

180409 完全燃焼

明日はいよいよ入学式。どんな子が入ってくるかとても楽しみです。高校生活は、完全燃焼をしてもらいたいと思います。だから楽しい。

Dsc00436

ケム川のパンティング α7RⅡ Loxia 21mm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

180330 国公立大 英語 民間認定試験

国大協発表したものを簡単にまとめると....

1)民間認定試験で、一定以上の基準であれば出願資格クリアとする。
2)一定の点数を加点する。

上記のうち、どちら1つあるいは両方ともを課す。

ただし、2)の場合、どの程度の割合をプラスするのかは大学ごとに定める。

また、平成35年度までは、民間認定試験だけでなく、センター試験後継の「大学入試共通試験」を課すものとする。平成36年度からは見直す。

結局、東大のように全く点数に入れない場合は、1)の出願資格でということになりそうです。はっきり言って大学が好きなように加点できるなら、1点でも加点になります。つまりはそういうことです。

まとめ

国公立大入試/英語については、1)あるいは2)あるいはその両方の混在型になります。そして全く点数に入れない(その場合出願資格)か、点数に入れても大学ごとに自由に加点割合を決められるということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

180330 最終勤務日

本日母校でもある磐城高校での最終勤務日でした。応援団、チアリーディング同好会、先生方にエールで見送っていただきました。離任式の日に散々涙が出たので、本日は耐性がありました。(^^;) でも送ってもらって気持ちの整理がつきました。

3月28日(水)が離任式。本日が3月30日(金)。心が離任を受け入れるのには時間がかかるのだなあと思いました。月曜日からまだ普通に通ってしまいそうな....それほどいい学校です。

今度行くところは、20年前、私が生徒会顧問のとき、徒歩リレーと言って、青森からいわきまで750km夜通し歩いてくるイベントをやっていたところ。若い先生も多く楽しかった。若いうちはいろいろ無茶したりバカができるもの。自分も若かった。学校名は変わってしまいましたが、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1803029  さようならの向こう側

3月で本校を退職される、校長先生、家庭科の先生を、本日、本校高校合唱部の皆さんと私を含め多くの先生方で合唱で送りました。

言葉にはできないほど感動的ですごく良かったです。お二人とも涙、涙でした。コンクールで歌う歌もありますが、合唱に人を思いやって、心を温める力もあることを改めて実感しました。本当に幸運な時を過ごさせていただきました。現役生の素晴らしい歌に、自分もまた歌いたくなってしまいました。

現役生の皆さんには、お亡くなりになった桐原先生の言葉「芸術はお客さんに聞いていただいて心に届いて完結する」という言葉も最後に伝えることができました。

家庭科の先生の大好きな山口百恵さんの「さようならの向こう側」は1980年リリース。38年前の曲ですが、本当に名曲です。7月8日の磐城高校合唱部70周年記念コンサートのどこかで歌えたらと勝手に思いました。山口百恵さん世代にも、そうでない世代にもメロディも歌詞もすごく良い曲です。宇崎竜童さん、阿木燿子さん、そして山口百恵さん素敵な曲をありがとうございます。7月8日は私もOBとしてステージに立ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

180328 離任

今日は離任式でした。思いをこめて、「教えるは有限。求めるは無限。」「永遠の一瞬」という2つのお話をさせていただきました。(3月28日に書きました)

12年前文化祭の後夜祭のあとのことです。薄暗くなった校庭に5人の文化祭実行委員だけが残っていました。あたりはしんとしています。彼等は5人。文化祭の法被を着た、ごつい体の男子生徒5人がグラウンドに大の字になって、静かに本当に静かに涙を流していました。この涙はやりきった人だけが流せる涙でした。とても感動しました。美しいと思いました。

時は容赦なくどんどん流れて、飛び去っていきますが、完全燃焼した人だけが、この一瞬を永遠に心に、手のひらに留めることができます。たくさんの「永遠の一瞬」を作って下さい。

そんな話しをさせていただきました。

最後の校歌斉唱では、不覚にも涙が止まらず、最後まで歌うことができませんでした。わきあがる気持ちをどうしても止めることはできませんでした。

いろいろあったけど、生徒に支えられ、先生方に支えられた12年でした。ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月10日 (土)

180310 東京大学 民間資格試験 合否判定に使用せず!!

報道によれば東京大学では、民間資格試験の結果を入試の合否判定で使わないことに決定したそうです。やはり異なるタイプの民間試験を同列に扱うのは無理とのこと。

だって、各民間試験とCEFRの換算表は「言語学的な根拠」がないのでは。各民間資格試験の方で「この資格はCEFRでこのあたりかな〜と申請しただけのものと聞いています。

試験の目的も意図も、問題構成も問題数も違うのに同列にするのはやはり無理という判断だと思います。

東京大学は今まで通り、センター(共通試験)と2次試験で決めるとのこと。他大学への影響は非常に大きいと思います。しかも東大は文科省肝いりの「スーパーグローバル大学」の筆頭格。これは実質、民間試験導入という判断に対し、「無理」と、NOを述べたものでしょう。

スピーキングやライティング指導が不要というわけではありません。むしろ大事。大切なのは、民間企業が儲かることではなく、国が責任を持って、スピーキングとライティングの試験を開発し、実施に向けて努力することだと思います。試験は1つ。指導要領に沿って国が作ったもので十分です。

ただし現実の話しをしますと、民間会社も投資をかなりしているところもあると聞きます。現状がすんなり変わることはないかもしれませんね。つまり、今のままであるなら、「全員民間資格試験受験」自体は変わりません。(東大は今回複数民間試験導入の根拠をちゃぶ台返ししたわけですが)

いずれにせよ生徒や学校現場は困惑するばかりです。しっかりとした、言語学的・英語教育の知見に従った、そして、経済格差、地域格差が生じない、平等な試験の話しを専門家の方にしていただければと願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

180304-2 デジタルで働き方の効率化を

デジタルでできることは徹底してデジタル化した方が効率は高まります。これは国や県からくるアンケートにも言えます。たとえば大学進学についての統計があるとして、大学の学部学科+入試方式まですべて通し番号で管理し、データベースで管理すればいいと思います。全国レベルで巨大なビッグデータが手軽に集計できると思うのです。これを民間にも徹底させます。日本全体でまったく同じデータの切り取り方ができれば、なんでも一瞬で統計が終了します。
教育現場では今後は調査書にポートフォリオを付けることになり、さらに忙しくなりそうです。できれば全県的な、あるいは全国統一の校務支援のソフトがあれば、仕事効率があがると思うのです。他県では校務支援ソフトを導入されているところもあると聞きます。校務支援ソフトを入れ、今までの仕事の手順を見直し、定型の仕事はとことん効率化を進めていく。授業の準備時間を確保して行くにはこれしかないかなあと思います。
働き方改革では、今までの仕事の手順を見直すことが第一です。こういうことを見渡して全体のプロデューサーになれる方が日本に、そして本県にもいらっしゃるといいのですが。文科省や県教委の英断を心から待ちたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧