2018年1月 5日 (金)

習慣化を促すもの ー認知的努力がいらないフレームの作成について

多くの人が英語学習を習慣化できない。それはなぜか。面倒くさいから。面倒を引き起こしているのは、「考える」ということ。人は考えて行動していると誰しも思いがちですが、実際は無意識の行動は9割程度なのです。めんどうくさいことは人はしない。しかし、習慣なら認知的努力はいらない。だったらそれを英語教育に応用できないか。

考えなくて済むぐらいに、一切迷わないぐらいに「行動手順」が明確であり(行動手順のフレーム化・パッケージ化)、実際手軽にできること。これが練習を習慣化するコツと言えましょう。  

  
意見表明のフレーム化が PREP。 自分の意見をPoint主張、Reason 理由、Example具体例、Point再主張に落とし込むこと。 また、英語ヒントのフレームで言い換え力もゲットします。 ヒント1He was born in the United States about 90 years ago.  ヒント2He has a girl friend.    ヒント3He has big ears.   答えミッキーマウス  教員はこのようなヒント化した語いの問題を100個作ってみる。すると、自信を持って英語で言い換えできるようになります。

一文レベルの読解のフレームは、前から読むシステム。文型と、句・節のとらえ方がミソです。例えば、Vingなら動名詞、現在分詞、分詞構文の3つの可能性がありますが、文頭にある場合、Sの前ならほぼ分詞構文。Sの働きをしているのなら動名詞。などと理解のフレームは比較的簡単にゲットできます。前置詞句も、不定詞も、前から訳すからこそ、意味が限定できます。 たとえば、 in my pocketは「ポケットの中の」か「ポケットの中に」か意味が決定できるは、前の部分を訳しているからこそ。I have a coin / in my pocket. なら、私はコインを持っている。なので、自動的に「ポケットの中に」となります。  The coin / in my pocket なら、「そのコイン(どんな)ポケットの中の」と自動的に意味が決定されていきます。to study Englishでは意味のとりようがないですが、I went to America / to study English.  も、I decided / to study English.も前の部分を訳すことによりはじめて、to不定詞句の意味が特定されていきます。 このような頭の使い方を生徒は知りません。教員が教える必要があるわけです。 

文脈レベルの読解のフレームですと、「言い換え、対比逆接、原因結果、(理由や具体例の)追加」+譲歩でほぼ理解が可能となります。特に言い換えのフレームが大切になります。 

語い獲得のフレームは特に学習者にとって興味があることと思います。やることは簡単。1週間で覚えるべき単語のリストを50から100語に設定します。あとは、単語と意味を交互に2回ずつ音読するだけ。例 「huge巨大な huge 巨大な」 「right 右の・正しい・ふさわしい・権利
right右の・正しい・ふさわしい・権利 」多義語の場合、3〜4つまでは一緒に音読します。リストにある単語を一日10分ずつ音読です。ぐるぐるリストの単語を最初から最後まで時間いっぱい音読します。それも1週間。1日5周するとして、1週間で35周。覚えてきたらじょじょに意味を隠して、意味を言ってみます。それでも 「huge 巨大な huge巨大な」とすらすら言えたら勝ち。フレームはやる手順が明確で、簡単に実行できることでないといけません。でないと習慣化できないのです。(意志の弱い人には特に)最後にやるべきことは、hugeと聞いた瞬間に何か巨大なものを思い浮かべること。和訳を飛ばしてダイレクトにイメージとつなげてあげると速読に役立つようになります。 

辞書をひかない多読は上記で述べたことをパッケージとしてまるまる行うものです。そのメリットは2つ。自動化と習慣化です。英語の本を読んでいて、辞書をひかないとわからないものが多数ある場合は、レベルを下げて読みます。ほぼすらすら読めるものを大量に読むわけです。じゃ1回の学びはうすすぎて何も学べないんじゃないかと思うのは早計です。語いにしても100語あるうち1語か2語ですが、何かしらは学んでいるんです。大量に読む内にどんどん早く読めるようになります。なぜか、読解や語いの理解を自動化しているからです。多義語の場合は意味の選択も。さらに言うと、手順が明確で、簡単にできることですから、続けやすいんです。つまり習慣化されやすい。逆にあせって難しい文に手を出すと習慣化されにくいことになり、多読のメリットがそがれます。

どうせ学校では、多読と別に教科書やその他の英文も読むことになります。これはこれで、使い道があります。上記フレームのゲットのためのトレーニング、および、暗唱して自分の表現力養成のための血肉にするわけです。そのために大量の音読がありますが、すべては暗唱し、表現力ゲットのため。 

では暗唱のフレームはあるでしょうか。これがあるんです。迷わずできて、簡単にできるもの。ひとつは、日英フレーズ訳、ひとつは2文字暗記法、ひとつは漢字ー英語変換法、最後はとっておきの方法がありますがこれは言いません。日英フレーズ法は有名なので残り二つを。In spite of the fact, they believed what he said. なら、In  sp  of th  fa    , th    be    wh  he  sa  . これだけ。ただ、意味を考えながら、制限時間内に言っていきます。次に漢字に変換したものを再度英語に変換します。 関係無 the 事実、彼ら 信 [ what 彼 言 ] さらに、この漢字変換の場合、PREPなどの様式に落とし込んだ上でやらせるとさらに面白いことになります。当然練習の時間を与えたらタイムアタックして自動化を図ります。リテリングはそのあとの話し。インテイクもされていないのにいきなりリテリングはありえまえせん。特に高校レベルの難しい文章では。

 
手順が明確で、手軽に取り組めるもの。これが習慣化を生み出す。習慣化されれば先の展開もありますが、それがなければ先の展開もない。意志の強さを武器に出来る人はすればいい。意志が弱い大多数の人でも取り組めること。英語学習のフレーム化。それこを僕がやりたいこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

G5 アプリ

物書堂の G5のアプリの出来、とても良さそうですね。一応G5には協力者として名前が載っております。主にどんなことを載せて欲しいかや、レイアウト、フォントのことまで意見を述べさせていただきました。

また、修飾語のMはやめて、はっきり形容詞句、副詞句と書いたほうがいいと述べさせていただきました。

もちろん私の意見が採用されたわけではないでしょうが、英語を学ぶ人なら誰でもお世話になる Geniusのために何かすることができたのは光栄です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月10日 (土)

ジグソー 十年前の報告書をひっぱりだして 

平成16年、十年前に書いた文科省カナダ研集の報告書の一部を載せます。ジグソーについての報告書になっています。この研修では、向後秀明先生、安木真一先生と苦楽をともにしました。今でも情報を交換し合っています(飲み会とも言う)日本にもすごい先生がいると感動したのを今でも覚えています。自分がさまざまな勉強会に参加しだしたきっかけと なりました。このころは、授業で悩みもんもんとしていた時期。研修にいってからは、迷いがだいぶへりました。方向性が見えてきたのです。推薦していただいた当時の教頭先生にも心から感謝しています。

さてジクソーです。

[4技能を統合した活動例]
Jigsaw Reading – Review (Individual – Group – Whole Class )
   読解後に行う活動で、簡単に4技能を統合できる活動を紹介します。1クラスを(ABCDEFグループ)に分けます。これをホームグループと呼びま す。各ホームグループにはレッスン内容に関連した別テキスト(インターネットまたは他の教科書で探す)を渡し,生徒に読むように指示します。その際、生徒 は簡単なメモをとらせます。その後ホームグループを解体し,新グループを作ります。(GHIJKLMグループ)新しいグループのメンバーは各ホームグルー プから一人ずつ集めて作るのですが、一人一人ホームグループで読んできた文の内容をメモを頼り に英語で再生してもらうのです。最後にグループの代表者が全体に発表し、より正確に発表できたグループが勝ちとなります。ポイントは教師がデモンストレー ションし,グループ移動の際の混乱を少なくする点にあるでしょう。グループを解体せずメンバーを他グループに派遣、スパイさせてきて、英語で報告させるバ リエーションもあります。また、Readingでなく、教師が話した話や示された絵をその場で覚え、グループに戻ってReproductionをさせる活 動(Show and Tellに近い)もあり得ます。これにより「読む(聞く)→話す→聞く→書く」の流れが実現されます。使用語彙や表現の問題がありますので、読解活動が一 通り終わり、語彙や表現がIntakeされたところで行うのがベストです。また、グループタスクですので、一人一人責任が任せられます。遊べません。グ ループが負けるからです。「生徒は教師よりももっと大きな責任を生徒同士で感じている」のです。

グループワークでは、必ずやるものとやらないものが出てきます。一人だけが発言ということも少なくありません。何が望ましく、望ましくないか、常に「規準」を伝える必要があります。

さらに言うと、一人一人がまずはストーリーリテリングの方法論になれていないうちに行うと失敗します。このような統合的活動で必要なのは、それができるよ うにまずはスキルを保証してあげることです。難易度の高いものは下位技能に分解して訓練してあげることが大事だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月11日 (月)

アクティブラーニングを考える

以下に私の考えを述べたいと思います。

アクティブラーニングとはグループワーク、ペアワークなどの手法ではなく、「学習者の脳の状態」を指すのではないでしょうか。

英語学習におけるアクティブラーニングの状態とは、学習者が主体的に覚えよう、できるようになろう、使えるようになろうと集中して練習している状態だと思うのです。

覚えようと集中している。覚えたものをクイックレスポンスでアウトプットしようとしている。リエゾンを言えるようにくりかえし集中して練習する。リピーティングやシャドウイングで英語の音声リズムや発音を自分のものにする。和訳する。訳さなくてもわかるように音読を重ねる。和訳を見て英語に即座に直せるようにする。単語の意味をいえる。英文法のルールを使って即座に文を生み出せる。 これらのことをやって、つまり一定の音声、英文が体に入ってからがスピーキングやライティングや、ディクトグロス、キーワードリプロダクションにいけると思います。
個人的な練習なくしてアウトプットも自己表現もない。アクティブラーニング=即グループワーク、ペアワーク、スピーキング活動、ディベート活動ではないのではないかと思うのです。もちろん一部はかぶっていますが。
グループワークなどを使ったアウトプットは、意見交換の楽しさ、相手を認める承認の働き、自己尊重感の育成も果たしますのでやるべきと思いますが、語いのクイックレスポンス、文法習得や暗唱、暗写、シャドウイングなどいろいろな「アクティブ」な活動を通して行われる最終活動であるべきと思います。(あるいは最初にやらせてできないと実感させ、練習を挟んでできるようになったと実感させるのもありです)
アクティブラーニングとは手法ではなく、生徒が主体的になってマスターしようとしている心や脳の状態のことではないかと思うのです。したがって、沈思黙考だってアクティブラーニングです。豆テストをひんぱんに入れて覚えなきゃというのもアクティブラーニングです。(擬似的かもしれませんが)教員がすべきなのは、生徒のやる気をどうアクティブな状態にもっていくか、これだけです。そういった指導上のしかけと子ども達への声かけ、評価、練習体系全体が、アクティブラーニングを構成すると思います。達人と言われる人達は練習をゲーム仕立てにしたり、競争させたりして楽しませて繰り返させています。あるいは、すぐれた発問などを通して問題点について考えさせたりしています。それがうまいのだと思います。したがってアクティブラーニング自体を目指してもあまり意味がないのではないかと思います。

学習者をアクティブにするのは、裏側ではあくまで Teacher's Skillであり、Teacher's Controlだと思います。その結果思いもよらないものがでてくるわけで結果としてアクティブになるわけです。語いや文法トレーニングをたのしくアクティブに構成する。発問で頭を使わせる。自分の意見表明で、最終的に英語のやりとりを活発に行わせる。アクティブラーニング。この言葉の意味をみなさんはどうお考えになるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月25日 (木)

ジーニアス第5版

大修館の英和辞書ジーニアス英和辞典第5版。私もほんとうにささやかながら協力させていただきました。営業の方から頼まれて「こうしたらもっと使い勝手がよくなるかも」という意見を書かせていただきました。ジーニアスは英語学習者にとって一度は通る道。自分がほんの少しでもお役に立てたならこれほど光栄なことはありません。

ジーニアスの最大の売りは詳しい語法解説。ただ、G4までは専門用語も多く、専門家にとってはよくても、高校生には理解しづらい説明になっていました。G5の語法担当は柏野先生ですが、詳しい語法解説はそのままに、説明はものすごく理解しやすくなっています。最大の武器を磨いたということでしょう。

また文型表記もよくなっています。SVOMではなく、SVO(副詞句)になっています。Mは修飾語句の意味ですが、副詞句なのか、形容詞句なのかがよくわかりませんでした。今回このように明示されたのは学習者にとって大変分かりやすいことと思います。

さらに前置詞や、コロケーション等様々な工夫が見られます。また機会をみて書きたいと思います。もともとよい辞書がさらによくなりました。読むのが楽しみです。

続きを読む "ジーニアス第5版"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

参考書のわかりやすさは何がポイントか

ある教材会社さんが学校に来て、文法の教材について意見を求められました。次のようなお話しをさせていただきました。まずエディトリアルデザイン。そこの会社の文法の参考書は内容はいいのですが、読み手にとって整理しやすい形に説明文や英文がレイアウトされていませんでした。それで階層構造をはっきりさせてもっとシンプルな法則に従ってレイアウトを変えてはいかがですかと話しをしました。学習者の脳が行う整理を「レイアウト」の方でひきうけてしまえばわかりやすくなります。2点目はイントロダクション。各章ごとにその文法項目の紹介をするイントロダクションがあってから、本格的に説明がはじまるのですが、イントロダクションからいきなり文法用語のオンパレード。イントロダクションから用語を駆使して真面目に説明し出すとやはり拒否反応がでてしまいます。イントロダクションは「ひきこむ」という意味。なんのために、どのような状況で使うのか、イメージさせて、おもしろい!そうか!と思わせるようなイントロダクションであって欲しいと言わせていただきました。3点目はイラストの使い方。例えば関係詞の限定用法といってもピンと来ません。そこで、たくさんある中から、「これだ」というものを絞り込むということをイラストで説明させてしまえばわかりやすくなります。非限定用法はやはり、my father等一人を想定させるものや、スカイツリーなどの固有名詞を出して、限定する必要のないものに解説を付け加える働きがありますとやはりビジュアルで説明できればわかりやすくなります。色の使い方。うまくすれば、学習者の視線をうまく誘導できます。色の使い方にも意図があって欲しいと思います。フォントの種類、大きさ、色、紙質、紙の色まですべては学習しやすいようにデザインされているかですね。準教科書のほうはどの会社も差が付きにくい。参考書のわかりやすさはインパクトは大きいです。わかりやすさは何によって生み出されるか。ちょっとしたことの積み重ねによるものだと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

アルクの原稿の補足

アルク、「英語の先生応援マガジン」の巻末原稿の年4回の連載を分不相応ながら引き受けました。第1回目のテーマは「あっさりだけど、頭が動いて、Reproductionにつながる発問をしよう」です。実は「推論発問」という考え方を知っておくと原稿の意味がよりはっきりわかると思います。

Oヘンリーの小説に、金庫破りの男の話があります。"Valentine, you're not bad guy at heart. Stop breaking safes open and live a better life." That is what the prison officer said when Jimmy Valentine left the prison.

Jimmy went back to his house to get his tools for breaking safes open. Two weeks after that, a safe in Jefferson City was robbed. ( Orbit Reading)
Q1 Did the prison officer's words change Jimmy?
Q2 Do you think Jimmy broke the safe in Jefferson City?
などが推論発問として考えられます。(YesかNoかで答えられますので、質問としては簡単なものです。しかし、必ずそのあとに根拠を聞くところがポイントです)
Q3 Do you think Jimmy is a good guy or bad guy? と質問しておいて根拠を探させるのも面白いです。(この英文だけ見せて)。そして最後にもう一度、Do you think he is a good guy or a bad guy? と質問するのも面白いですね。
Q1 Q2の答えは本文のどこにも明示されていませんが、答えるにあたっての根拠は本文のどこかにあるはずです。証拠探しをさせるのが推論発問です。頭が働くから、単なる事実発問より面白くなるのです。チャレンジングであればあるほどいいのですが、実は、僕はもっと、事実発問に近いタイプの推論発問もよくします。 極端な話しをすると、She was 11 years old when she became a target of a radical group, Taliban.という文がある場合、Was she a child then? Was she an adult? という発問でもOK。11 years oldとあるので、答えは当然She was a child then. ですが、ちょっとしたことでも発問のしかたを変えるだけで頭がいきいき働きます。答えるためには本文で証拠探しをしなければなりませんから。頭がちょっとでも動けば英問英答としてはもうけものと思います。(11歳というのはマララさんがタリバンに撃たれた歳です。子どもなのになぜタリバンに狙われたのか….と、興味を持たせながら話しを続けていくことができます。She was just a child when Taliban tried to kill her. Why did they try to kill a child? )
英文のReproductionがゴールにある場合、本格的な推論発問だけでなく、事実発問に近い推論発問も適宜入れてあげると、Reproductionに役立つ発問ができると思うのです。 それがアルクの1回目の原稿の主旨です。誌面に限りがあるのでここで補足原稿を書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

140215 自由英作文 アウトラインの型と表現と添削

今二次対策の講座の担当をしている。自由英作文の指導は、毎時間生徒から課題を提出させて添削している。講座対象者はレベルは中位。エッセイライティングの指導はあまり受けていないようだ。英文解釈重視の学年だ。講座ではリーディングの力もつけねばならずライティングにさけるのは1回15-20分の15回勝負のみ。高校推薦入試で実施しない日もあるし、私大入試を受けに行き講座を抜ける生徒もいるので実際はこれより少ない。どうするか、悩んだ。

与えられた時間でやれることと現時点での実力。選んだ方法は、アウトラインの型と表現を覚えさせることと、実際に自分の意見を書かせることとの二刀流。それでもがんばって食らいついている生徒は、かなり、理由と、理由の説明の部分がうまく書けるようになってきている。統一性、結束性とも効果はあったようだ。うまく行っていない生徒もいるが、理由の説明の部分に問題がある。そこを指摘して、書き直させる。文法語法については一朝一夕にどうこうなるものではないが、なぜそうするのか理解したあとはやはり覚えさせるしかない。正しい英文のストックがなければ作るしかない。デタラメな文では入試は厳しい。暗唱のための模範解答は書籍の立派なやつと、目の前の生徒が書けそうなレベルを考えて、毎回ない頭を絞り自分で考えたものを2,3用意。アウトラインを説明し、音読。添削はギリギリまで続く。あと少しがんばってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

131208  学習会

一部の生徒に教科書とは別に週一でビジュアル英文解釈で前から解釈して行く方法論を指導して、音読させております。僕は英文のとなりに和訳をコピーしているものを使って指導してますね。和訳を聞いて終わりじゃ美味しいラーメン屋でスープを一口飲んで出てくるようなものです。力がない生徒に和訳をいきなり作らせるのは無駄な気がしています。方法論を教えずに訳させても頭の働かせ方を知らないから間違った訳をバンバン生み出します。和訳を示した上でどうどう判断するか解釈するかと正しく読む方法論を教えた方がいいなぁ。國弘先生も解釈はきちんとやらせるべきとのこと。音読と黙読の最大の違いは後戻りできるかできないかですね。音読は強制的に前から理解することを求めます。それと音読しながら同時に和訳はできません。前からイメージ化しながら読むしかなくなります。この二つがスピードを生みます。解釈+音読。それプラス1週間に100〜200語の語い学習を課しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

131208 國弘正雄先生「國弘流 英語の話し方」

今更ながら、國弘正雄先生の「國弘流 英語の話し方」は神本です。読む度に「そうだよな!そうそう」いう至言名言、するどい指摘のオンパレード。英語の勉強、文法、音読で悩んでいる人はぜったい読むべき本です。繰り返し読む価値がある本です!

この本の中に書かれてあったシュリーマンの話しを少々。シュリーマンは暗唱の人と言われてますが実は文法や語彙は「細かく分解
して解釈してから」大声を出して暗唱してますね。七カ国語をマスターしたのは「内容がすでに分かっている同じ話しの翻訳本を使って」とのこと。使える英語のためには音読暗唱の前に解釈や単語のチェックは必要。それに加えて必ずしも内容を読み取る必要はないことになります。「翻訳」に大きな労力は要らず理解が終わったものを復習させればいいことになる。國弘先生はその比率を1:9と述べてます。リスニングや概要理解が終わった後は和訳を示しながら解釈をすばやく確認し音読と暗唱させた方が運用力は間違いなく上がりますね。

最後にシュリーマンは「訳をするな」と述べています。これは音読を通して内容の「イメージ化」を進めることであると考えます。きっちり単語と解釈を終えたものを大量音読し、暗唱してしまう。構文と語いの自動化をはかる。大量音読を通して訳さなくとも理解できるものをどんどん増やしていく。こういうことかなと思います。パラグラフリーディングなどはその先の話。前から解釈する方法を学び,音読すれば結果として速く読めるようになります。そうすると一文レベルの解釈につかっていた脳のパワーを今度は文脈理解に回せるようになります。だからあせってはいけないと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧