« 英単語1900  161-170.  語源、語呂、暗記の助っ人 | トップページ | フォニックスは多くの児童、生徒を救う »

2022年10月10日 (月)

大修館 英語教育 Question Boxへのお願い

英語教育 Question Box の感想

柏野先生、吉良先生、南條先生によるこのシリーズは大変よく練れていているし、大変参考になります。毎号楽しみにしている記事です。
できればこの名物コーナーについて、一点だけ、大修館英語教育編集部にお願いがあります。

Question Boxは、できれば結論から入っていただきたいのです。あるいは、最後にまとめの部分を入れるか、大事なポイントは□で囲ってほしい気がします。最初に概略で良いので、答えを示してくださると助かります。つまり論文でいうところのアブストラクトが欲しいのです。

理由1)結局何が言いたいのかわからないとストレスになります。
    どこに結論が書いてあるか、視線を誘導する部分がほしいです。(アブストラクト的存在のような)

理由2)謎解きのような構成は分かりますが、解答がいつも長いため(その必要性は十分理解しています)であれば、サブタイトルをつけるな
    どして重要な部分はひとめでわかるようにしどこを読み、どこまで読むかは読者の自由に任せてほしいのです。
    


例えば、2022年9月号のQuestion Boxを例にしてみましょう。

X is one thing, Y is another. の話です。「こうなったらいいな」という例の1つを示してみます。


新聞の小見出しのようなサブタイトルをつけてみます。

文と文の間は、コンマかbutが良い

 句読点を使う場合、ピリオドでは前半部と後半部があまりに分断されてしまうため、〜(中略)〜しかしそれでも分断間が残りますので、コンマを使っておくのがベストでしょう。
 接続詞を使う場合は、andでも構いませんが、この構文は元々「概念や事実の対比」を表すのですからbutの方が適切です。

2022年 大修館 英語教育 9月号 Question Box 柏野先生の解答より参照


現代では論文でさえ、読む人の読みやすさを考慮しています。商業ベースの読み物であるならばなおさらそうしていただけたらありがたいです。
第1級の学者の知見をよりわかりやすく伝えるのも「英語教育」の編集者の腕の見せ所と考えます。ぜひご検討をお願いします。

なお、大修館 ジーニアス英和辞典 G6は待ちに待った辞書です。絶対に紙と、アプリ両方とも買わせていただきます。

 

« 英単語1900  161-170.  語源、語呂、暗記の助っ人 | トップページ | フォニックスは多くの児童、生徒を救う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 英単語1900  161-170.  語源、語呂、暗記の助っ人 | トップページ | フォニックスは多くの児童、生徒を救う »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ