« 英検1級の単語 sanguinary, augment, oculist, filibuster, stratum 語源 | トップページ | 英単語1900  161-170.  語源、語呂、暗記の助っ人 »

2022年9月27日 (火)

生徒の受動態のミスー添削の仕方ー

受動態の学習をした後、週末課題を出してみた。
良いところもあるが、ミスがボロボロ出てくる生徒もいる。

ミスを誘うもの

1)過去分詞を覚えきれていない。

  Sporken    おそらく work からの影響と思われる。
  Writen 等  はいい方。  

2)be動詞周りのミス 
       be動詞がつかない。be動詞の時制、単複を間違える。

  This letter ( ***  )  written by him. 
      Many people was killed in the accident. 

3)byが書けない

   The city built the bridge there. 
      The bridge was built the city there .

4)疑問詞がつくと、途端に疑問文の語順にできなくなる。

  Where +was built the bridge?   

      疑問詞がWhereの場合、be動詞とSをひっくり返せてない。
  What was built there? との未分化が原因か。

      疑問詞がつかない場合、ほぼできていた。

5)日本語に引っ張られる

  彼はその事故で亡くなった
  He was died ...in the accident. 

  彼はそのゲームにワクワクした 
  He was exciting  about the game. 

 

 123でつまづいている場合、基礎的なところでつまづいている。
 45は少し応用的なもの。

 

  ミスの箇所のみ下線で示し、答えはあえて教えなかった。

  (授業ではやっている)ところばかりである。

  フィードバックの仕方として、こうしてみた。

 さてさて、彼らは意識できるか。

 

 

 

« 英検1級の単語 sanguinary, augment, oculist, filibuster, stratum 語源 | トップページ | 英単語1900  161-170.  語源、語呂、暗記の助っ人 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 英検1級の単語 sanguinary, augment, oculist, filibuster, stratum 語源 | トップページ | 英単語1900  161-170.  語源、語呂、暗記の助っ人 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ