« メンタルレキシコン | トップページ | 勉強会での発表原稿  »

2022年8月17日 (水)

中学生で英検2級攻略!


中2の息子と英検2級の勉強会をしてわかったことがあります。

 

英検2級の二次の英文から指導に入るとよいこと。文が短い上に基本的な単語で構成されてます。分からない単語がある場合、パス単の目次でひかせると、ことごとくレベルA,(B)に属している単語であることが本人にもわかり、語彙学習のモチベーションに繋がりました。やっぱりここが基本だよと本人も実感できたようです。

あとは、(英ー日, 英ー日)の単語と意味の音読を50語から100語セットにして、一日5周、1週間続けるだけです。(百式英単語方式でやらせます。)

また当然単語だけではダメで、It is ...for ....to V ....や、名名動詞は関係代名詞節の後置修飾パターンや、help名ー動詞や、make 名詞ー動詞の5文型のパターンの構文を潰さないと意味が取れないことも本人は理解できました。ただし、これらであったも中学英文法の延長であることも理科してもらって文法の問題集にも取り組ませます。中学生にもやりやすいのが、文英堂「英文法パターンドリル」中学1年、2年、3年生版で、それぞれ2冊を潰していきます。

 

二次の英文を全部やる必要はなく、1〜2本やるだけで何をすべきか本人もわかってきます。

 

さて、理解できたあとも大事で、意味を想起しながら(訳ではない)のイメージ音読をしっかりさせることが大事です。これにより和訳をしなくともわかる単語やフレーズ、文の数を増やせるからです。


音読の際に、リズムを重視する音読も取り入れることをさせました。


リズム重視とは音節を大事にすること。a, i, u, e, oの母音、 ai, ouなどの二重母音も1つとカウントし、母音1つで1音節、つまり1拍です。2つなら2拍。音節で拍数が決まる。

例を出しましょう。kin
dなら、[ai]と2重母音が1つあるので1拍で発音。カ・イ・ン・ドとは拍数がまるで違うのがわかるでしょう。tryも[ai]という二重母音が1つなので、1拍。ト・ラ・イにはなりません。time なら [ai]という二重母音が1つあるだけ。最後のeは母音にカウントしないのでtimeで1拍に決定。at that timeなら、母音が3つ。3拍。だから、a(t t)ha(t t)ime アッザッタイム tとtをくっつけて読まないと3拍に収まらないんですね。first time ならファー・スタイムみたいな感じ。2拍。ttをくっつけて読まないと2拍にならない。Can you も2拍。キャニューとくっつけて読まないと拍数がずれます。Would you...?  Could you..?も同じ。ウッジュー、クッジューとくっつけて読むと2泊になります。このように英語では母音の数に支配され、音節数=拍数が決定されていきます。最も、little、kettle, double などは、最後のeを除けば、一つしか母音がありませんが、2拍です。こういうものもあります。

また、英語のリズムは「音節数=拍数」だけでなく、「強弱」でも生まれます。英語には強く読む部分と弱く読む部分があるということです。


例えば次は強く読まれる部分が入る品詞です。名詞、一般動詞、形容詞、副詞、not(あるいは isn'tの前半部分)、疑問詞、数詞、thisやthatなどの指示代名詞は強く読みます。当然ながら、複数の音節がある場合、強く読む音節と弱く読む音節があります。(candy→◉○ )
そして大事なのが、強と強の部分はなるべく等間隔で出てくるように読む必要があるということです。その[強]の等間隔読みを維持するために、弱ー弱などと、弱が続く部分は、なるべく速くささっと読まれます。

助動詞(have含む)、人称代名詞(He/her)、be動詞、不定詞のto,前置詞、接続詞(and, that)、関係代名詞(that,which)、冠詞(a,the)、は弱く速く読まれること。


例外

○弱[強]ー[強]弱の場合、強同士がぶつかって音調が悪いので、[強]弱ー[強]弱にシフトすることがあること。

◉対比があるところは、強く読まれること。 

◉最後にbe動詞や、助動詞が置かれるときは、強く読まれること。 Yes, you can.   Here you are. 

○目の前で行われていてわかること、例えばhere, nowなどの旧情報は副詞でも弱く読まれる。He lives here. 

« メンタルレキシコン | トップページ | 勉強会での発表原稿  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メンタルレキシコン | トップページ | 勉強会での発表原稿  »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ