« 教育の働き方改革ー結果も出しつつ、無駄を省く | トップページ | 英語教師の心得ーBritish Columbia Universityの研修から »

2022年7月24日 (日)

助動詞、might , may , can

mayとmight
mightが過去の意味で使われることはほとんどない。

1「〜かもしれない」推測
2「してもよい」許可


1 推測
might may can

3つの中ではcanが一番可能性が高く、mightが一番低い。


can「現実の状況や事実をふまえ」〜の可能性がある。(50%よりは高い)
mayは「主観にもとづいて」〜かもしれない。(50%程度の確信)
mightは仮定の気持ちを含む。「そうでない可能性は高いがひよっとしたらありえるかもしれない(30%程度)」

*%は学問上絶対的なものではありません。学習上有益なため書いています。

1 推測

*may(might)+ 一般動詞(動作動詞)未来に関する推測となる。
*be動詞や状態動詞の場合      現在の推測となる。

Shy may (come) to the party tonight. ( may+動作動詞=未来の推測 50% )
She might (come) to the party tonight. (might+動作動詞=未来の推測 30%)


上の2つでは、そうなるだろうと思っているのはmayの方。まありえるかもしれないけどそうならないかもなあと思っているのがmightなので、彼女がパーティにこなくても、がっかりしたり驚かないのは、mightの方と言えます。

2 許可

してもよい「許可」という場合は mayしか使いません。mightは現在および未来の「推測」が主戦場となります。
許可については、mayはどちらかと言うと、canと併用されることが多く、mightは使われない。

mayは「主観」。(とくに障がいもないので)「〜してもよろしい」と尊大に響く可能性がある。
A:May I come in?  B: Yes. (You may)

canは「客観的事実」(そうできる状況がそろっているので)「〜してもいいですよ・できますよ」
A: Can I park my car here?   B: Sure. 

« 教育の働き方改革ー結果も出しつつ、無駄を省く | トップページ | 英語教師の心得ーBritish Columbia Universityの研修から »

英文法ー助動詞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 教育の働き方改革ー結果も出しつつ、無駄を省く | トップページ | 英語教師の心得ーBritish Columbia Universityの研修から »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ