« 大修館 英語教育とリテリングについて | トップページ | YMKさんのYoutube記事で iPadの設定をいじる。Assistive Touch »

2020年12月29日 (火)

Google Document × 反転授業 ×ディブリーフィング

福島県のG suite 研修会の研修報告会を職員会議で行わせていただきました。大型テレビにMacBookを繋いで、google forms での小テスト作り方、配信の仕方を実演いたしました。

また新採用研修を、Google Documentで行った話をさせていただきました。共有をかけて新採用や五年研の人に事前に資料配布。反転授業スタイルで、当日はディスカッションをおこないました。

資料の中で心に残った点を各自、二つ選んできてもらいます。当日は、その中から、重要なものから3つ選び出してもらいました。これはカナダで習ったディブリーフィングの応用。私はファシリテーター役です。

一番人気は私メッセージでした。
二番目は、学習項目をつなぐの話し。
三番目人気は、生徒の困難を想定してスモールステップを計画するという話し。

それと、身につけさせたいルール、スキルの一覧表を作ってから、それが教科書のどこにあるのか特定して、年間の練習計画を練るでした。研修後は各自感想をそのGoogle documentに書き込み、コメントを相互に付け合ってもらいました。書き言葉でしっかり残すことは思考を整理するには大事。また、自分が生徒を指導するときのモデルにもなります。document上の資料は自由にコピペして良いよしました。皆さん忙しいので。

やってて楽しい研修会になったかな。オンラインとアナログのいいとこどりできたかなと思います。みなさん共通の感想。「つなぐ」がキーワードでしたという感想が印象的でした。

( Google Document × 反転授業 ×ディブリーフィング )

« 大修館 英語教育とリテリングについて | トップページ | YMKさんのYoutube記事で iPadの設定をいじる。Assistive Touch »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大修館 英語教育とリテリングについて | トップページ | YMKさんのYoutube記事で iPadの設定をいじる。Assistive Touch »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ