« パッシブなアクティブラーニング研修会? | トップページ | Should we develop Anywhere Door? »

2017年4月26日 (水)

総合的なアクティブ学習

総合学習で「地域研究」を実施しました。テーマが20ぐらいあって全部いわきの風土や歴史に関係しているテーマ。じゃんがら念仏踊りのルーツやフラガールの歴史あり、小川江筋の歴史あり、平城の歴史あり、いわきの農業の話あり。ブラタモリと総学が合体したような内容。歴代藩主の話もかなりおもしろかった。

地元を好きになるには地元のことを知る必要がある。アクティブラーニングとしてもよかった。編集の段階で情報の取捨選択、言葉の選び方、見せ方の順序などを総合的に考える必要があります。また、プレゼンを入れることでより人に分かりやすく伝える情報伝達についても意識できたはず。

中学ではかなり頻繁にこういう活動をしているということですが、知的レベルが高いこういう活動もさらっとできるあたり、本校生の能力の高さを感じました。すばらしい!

今後はこれを英語でやって世界に発信できれば。そう思いました。生徒の皆さんすごかった。準備された先生方お疲れ様でした。よいモデルができたと思います。

« パッシブなアクティブラーニング研修会? | トップページ | Should we develop Anywhere Door? »

教育関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 総合的なアクティブ学習:

« パッシブなアクティブラーニング研修会? | トップページ | Should we develop Anywhere Door? »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ