« Mac 辞書事情 | トップページ | 紅白 »

2016年12月22日 (木)

考えるということ。ー進学する生徒へ

理型には得意教科は何かと聞くと、「数学です。」と答える生徒がいます。理由は「考えて、答えが一つに決まるから」というものが多いのです。

ひょっとして思い違いしているかもしれないのでここで述べておきたいと思います。「考える」の枠組みは、大学や世の中と、高校まででは大きく違うのです。仕事などで「効果があるように」文章を書いたり、答えのない、あるいは問いさえないところで問いを立てて答えを探していくというのが「考える」というものです。決して「問いという枠組みを最初から与えられて、それを解く」ことが「考えること」ではありません。
問題を解くこと自体はムダではないですし、数々の解き方を見いだしていくことも大切です。しかしそれでもなお、それをもって「考えた」と言って欲しくないとも思います。本や文献などから既存の知識を得て、問いの枠組みを作り出します。新しいものを作り出す。あるいは組立てます。ここはよくてもあそこはダメ。スクラップアンドビルドの繰り返し。ただし考えに考えた者には、セレンディピティのご褒美があるかもしれません。
もうすぐ大学に進学するであろう、自分の生徒達に捧げる一言があります。「新しいものを作り出そうとするとき」学びは起こります。「学び」は与えられるものではありません。ひな鳥のように口を開けて待っていても、教師から手取足取り教えられても得られないものがあります。そしてそれこそ教育の本質と言えるものです。

|

« Mac 辞書事情 | トップページ | 紅白 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/68949585

この記事へのトラックバック一覧です: 考えるということ。ー進学する生徒へ:

« Mac 辞書事情 | トップページ | 紅白 »