« f.lux で眼を守る | トップページ | 考えるということ。ー進学する生徒へ »

2016年12月 2日 (金)

Mac 辞書事情

macで辞書を引く場合、いくつかの方法があります。
まずmac標準の辞書は、単語を選択して、指三本(人差し指、中指、薬指)でトラックパッドをタップすると、意味がポップアップしてでてきます。ウィズダム英和・和英や、Oxford が使えます。タップするときのコツは薬指を若干強めにタップするよう意識するとよいことがわかりました。
ATOK2016 for Mac をインストールしていると、ジーニアスの第5版が使えるようになります。自分は、Shiftキー2回押しで選択した単語の意味が別ウィンドウにでてくるようにしています。
単語を選択してからShift+コマンド+Eで、Logophileがたちあがり、Longmanがひけるようにしてあります。
次に、ブラウザにChromeを使っている場合、Weblioの機能拡張をインストールすると、単語にカーソルを合わせ

|

« f.lux で眼を守る | トップページ | 考えるということ。ー進学する生徒へ »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/68681067

この記事へのトラックバック一覧です: Mac 辞書事情:

« f.lux で眼を守る | トップページ | 考えるということ。ー進学する生徒へ »