« 受け身か、アクティブか。 | トップページ | 気持ちよい英文とは »

2016年9月 7日 (水)

分かりにくさも大切な要素

生徒に教えるときに「分かりやすい」を心がける人は多いと思います。しかし中には、「先回りした極めて分かりやすい説明」とか「わかりやすすぎる教 材」は生徒がなぞを解き、問題を解決し、深い理解をするのを妨げるのではという考えもあるようです。ひとりよがりでわかりにくい授業は問題外ですが、 意図的に難しいものを読ませたり解かせたりすることは深い思考を促す上で意味があると思います。学び方、調べ方、知識の整理の仕方を教えて、自分たちで考 えさせることが大事です。

教材の英文も論理構成や表現に十分配慮し、生徒につけさせたい力を明らかにした上で「分かりにくい部分」を意図的に入っているものを選ぶのも十分ありだと考えます。

« 受け身か、アクティブか。 | トップページ | 気持ちよい英文とは »

教育関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分かりにくさも大切な要素:

« 受け身か、アクティブか。 | トップページ | 気持ちよい英文とは »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ