« ジグソー 十年前の報告書をひっぱりだして  | トップページ | 就任式の語源 »

2016年9月10日 (土)

迷走するセンター試験改革

センター試験改革について。

あのね、

1)読む、聞くは今までどおりセンター試験で行う。
2)話す、書くのスコア「のみ」民間試験のものを使う。

 これじゃダメなの? 

 理由1 指導要領に沿ってない民間試験に「丸投げ」はないですよ。

 理由2 裕福な人だけ何度も受験できるのは公平ではないです。

 

 指導要領が関係ないならば、教科書の存在意義がなくなりませんか?

 4技能をはかりたいという気持ちはわかります。

 でもね、試験の民間への「完全丸投げ」はやはりありえない。

 そうじゃない折衷案があるのではないでしょうか。

 

 

 



各会社で話す、書くだけのテストを作ってもらってもよいと思います。新しく開発するというより今の試験の中のその部分だけでも実施できるのでは。

受験料については中高生については「儲ける」より各会社も配慮も必要です。そういう姿勢も考慮して「国」の試験の代わりになるかどうか判断すればいいと思います。つまり許可制です。


 

|

« ジグソー 十年前の報告書をひっぱりだして  | トップページ | 就任式の語源 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/67424309

この記事へのトラックバック一覧です: 迷走するセンター試験改革:

« ジグソー 十年前の報告書をひっぱりだして  | トップページ | 就任式の語源 »