« O君。 | トップページ | 迷走するセンター試験改革 »

2016年9月10日 (土)

ジグソー 十年前の報告書をひっぱりだして 

平成16年、十年前に書いた文科省カナダ研集の報告書の一部を載せます。ジグソーについての報告書になっています。この研修では、向後秀明先生、安木真一先生と苦楽をともにしました。今でも情報を交換し合っています(飲み会とも言う)日本にもすごい先生がいると感動したのを今でも覚えています。自分がさまざまな勉強会に参加しだしたきっかけと なりました。このころは、授業で悩みもんもんとしていた時期。研修にいってからは、迷いがだいぶへりました。方向性が見えてきたのです。推薦していただいた当時の教頭先生にも心から感謝しています。

さてジクソーです。

[4技能を統合した活動例]
Jigsaw Reading – Review (Individual – Group – Whole Class )
   読解後に行う活動で、簡単に4技能を統合できる活動を紹介します。1クラスを(ABCDEFグループ)に分けます。これをホームグループと呼びま す。各ホームグループにはレッスン内容に関連した別テキスト(インターネットまたは他の教科書で探す)を渡し,生徒に読むように指示します。その際、生徒 は簡単なメモをとらせます。その後ホームグループを解体し,新グループを作ります。(GHIJKLMグループ)新しいグループのメンバーは各ホームグルー プから一人ずつ集めて作るのですが、一人一人ホームグループで読んできた文の内容をメモを頼り に英語で再生してもらうのです。最後にグループの代表者が全体に発表し、より正確に発表できたグループが勝ちとなります。ポイントは教師がデモンストレー ションし,グループ移動の際の混乱を少なくする点にあるでしょう。グループを解体せずメンバーを他グループに派遣、スパイさせてきて、英語で報告させるバ リエーションもあります。また、Readingでなく、教師が話した話や示された絵をその場で覚え、グループに戻ってReproductionをさせる活 動(Show and Tellに近い)もあり得ます。これにより「読む(聞く)→話す→聞く→書く」の流れが実現されます。使用語彙や表現の問題がありますので、読解活動が一 通り終わり、語彙や表現がIntakeされたところで行うのがベストです。また、グループタスクですので、一人一人責任が任せられます。遊べません。グ ループが負けるからです。「生徒は教師よりももっと大きな責任を生徒同士で感じている」のです。

グループワークでは、必ずやるものとやらないものが出てきます。一人だけが発言ということも少なくありません。何が望ましく、望ましくないか、常に「規準」を伝える必要があります。

さらに言うと、一人一人がまずはストーリーリテリングの方法論になれていないうちに行うと失敗します。このような統合的活動で必要なのは、それができるよ うにまずはスキルを保証してあげることです。難易度の高いものは下位技能に分解して訓練してあげることが大事だと思います。

|

« O君。 | トップページ | 迷走するセンター試験改革 »

英語指導法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/67423852

この記事へのトラックバック一覧です: ジグソー 十年前の報告書をひっぱりだして :

« O君。 | トップページ | 迷走するセンター試験改革 »