« 成功するGroupworkについて | トップページ | アクティブラーニング2 »

2016年7月28日 (木)

キオクと再生

記憶について忘備録

米のパデユー大学の研究によれば、

1)教科書4回読み、
2)内容を図表化、
3)教科書を覚えて、教科書をふせて内容を書き出す自己テスト2回。

どれが最も一週間後覚えていたか。

答え 3)

1)は49% 2)は45% 3)は67%

おもしろいことに、被験者は.1)を最も有効と思いこんでいた。79%が最も有効と思いこみ。自已テストは59%と、有効とは考えていなかつた。思い込みと結果は大きく違うことがわかった。

「覚えた」という本人の感覚は実際の試験ではあまり当てにならないことも分かった。

日経サイエンス2011 2月号より

個人的には1)2)をした上で,3)をするのが最強と考えている。
教科書の内容再生にあたっては、句ゃ節の関係を完全に理解できてから、本文をそのまま再生できるかが記憶というか,学力伸長のためには重要であると思う。このあたりは、通訳のトレーニングが役に立つと思う。キーワードリプロダクションはそのあと。ディクトグロスもいいけど、最初は本文暗唱から。入つてないものは出せないし、出すと前もってわかつてないものは本気でインプットしない。

いずれにせよ、「覚える」ということを重視するあまり、「思い出せるか」ということを軽視する傾向が自分の生徒にも見られ、残念である。

自分はと言えば学習した内容を,白紙に書き出していつた学生時代を思い出した。英文は1パッセ―ジ暗唱、暗写した。20パッセージぐらい覚えたところで英語力がかわつたと思う。

そういう意味ではスピーキングやライティングさせることで、読んだもの,暗唱したことの活用ができるだろうと思う。

|

« 成功するGroupworkについて | トップページ | アクティブラーニング2 »

学習法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/66719584

この記事へのトラックバック一覧です: キオクと再生:

« 成功するGroupworkについて | トップページ | アクティブラーニング2 »