« 攻略! 分詞構文 | トップページ | Subaru フレキシブルドロータワーバー »

2015年8月22日 (土)

関係詞whatを使った慣用表現

Reading is to our mind what exercise is to our body. は、

心にとっての読書は、体にとっての運動と同様の関係だ。
と訳せるがなぜこうなるのだろう。構造はどうなっているのか。
A is to B  what C is to D.
BにとってのAは、DにとってのCみたいなものだ。
これはもともとA is [ what C is <to D>] to B.だった
Aが主語、whatで始まる関係詞節が補語、to Bが副詞句。
直訳すれば、「AはBにとって、DにとってCであるものだ」となる。
ちなみにwhat C is to Dには誰でも知っている自明のことが来る
わかりやすい例を持ち出しておいて、「それと同様に、BにとってAは切っても切れない重要な存在なのだ」と伝える構文なのだ。
Reading is to our mind what exercise is to our body.
心にとっての読書は、体にとっての運動と同様の関係だ。
この構文は下線部のところを伝えたい構文だったと言える。

|

« 攻略! 分詞構文 | トップページ | Subaru フレキシブルドロータワーバー »

英文法ー関係詞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/61275523

この記事へのトラックバック一覧です: 関係詞whatを使った慣用表現:

« 攻略! 分詞構文 | トップページ | Subaru フレキシブルドロータワーバー »