« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年1月11日 (日)

0524 -150111 It is 形容詞 that S should V....

It is 形容詞 thatのうしろに shouldVを使うことがある。

このパターンをとる形容詞はおおむね2種類にわけられる。

まず、desirable(望ましい)necessary(必要だ)important (重要な)組。
これらの形容詞は暗に「〜しなさい」という命令の意味を含んでいる。「望ましいから、必要だから、重要だから〜しなさい」というわけだ。
実はこれって、要求提案の動詞の場合と同じ。that節には命令のニュアンスを含む、原形動詞がきたり、shouldV(すべきだ)という命令に近い表現が置かれるのは当然ということになる。
It is necessary / that we (should) improve this system.
このimproveは現在形ではなく、原形である。
.............................................................................................................
2つめの形容詞グループは、natural(当然だ、おかしくない)、strange(不思議だ)surprising(驚くべきだ)、sad(悲しい) 話手の気持や価値判断をする形容詞。これらのうしろには「事実」と話し手が考えていることであれば、直説法の文がくる。

It is natural that he is angry.  彼が怒っているのは当然だ。(彼が怒っていることを事実として知っている)
一方、that節にshouldをとることもある。これは、that節の内容が本当のこととはまだ言い切れない場合。その可能性は十分あるが、もしそうだとしたら(そうだとしても)と、事実ではなく、「純粋な想念」の世界の話しとなる。
It is natural that he should be angry. 彼が怒っているとしても(その可能性は高いが)それはもっともだ。
It is strange that he should readily accept such a job. (表現のための実践ロイヤル英文法)
彼が簡単にそんな仕事を引きうけるなんて不思議だ。
 *that以下の話しが耳には入って来てそうなのかもしれないが、疑っている気持がshouldという表現にでたのかもしれない。
2つめの形容詞群は、that節には直説法か、should Vを使うことになるのだ。

一方、最初の形容詞群が、that節に原形(仮定法現在)か、should Vを使うことになるのと対比しておきたい。

続きを読む "0524 -150111 It is 形容詞 that S should V...."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

0523- 150105 as if....

as if まるで〜かのように

1)He speaks /= as if he was a native speaker.
  彼は話す      まるでネイティブであるかのように。
2)He spoke /= as if he was a native speaker.
  彼は話した      まるでネイティブであるかのように。
主節の動詞の時制に関係なく、もし、as if節と主節の時制が同じならば常にas if以下は仮定法過去にする。主節が過去形になったからといって、as if節も連動はしない。
その一方で、主節とas if節の時制がずれていたら、as ifのうしろは、had Vppの形にする。この場合も主節の時制は関係がない。
さらに言えば、as if節の中では原則、状態動詞 (be, have, knowなど)しか使えない。(ただし、反復を感じさせる場合は、動作動詞でも可である)
3)  People are behaving  / as if nothing had happened.
4)  People were behaving / as if nothing had happened.
主節が過去形でもas if節は時制の一致の規則の適用を受けないためだ。4)などは本当はさらにひとつ時制をさかのぼる必要があるのだが、仮定法にはその形は用意されていない。
5)He looks as if he is sick.
        彼は具合が悪いようだ。
このようにas ifの後ろは常に仮定法というわけではない。上の5)を述べた話者は彼が具合が悪いことを信じている度合いが高い。そのような場合には、was ではなく、isとし、仮定法としては扱わない。このようにas if以降が仮定法になりずらいのは、主節にlook, behave, feel, soundなどが来ている場合で現在形である場合だ。自分が見たり、聞いたり、感じたことを元に述べるので、「実際にもそう感じられる」からと思われる。
ガンジーの言葉を。
Live as if you were to die tomorrow.  Learn as if you were to live forever.
生きよ   明日死ぬかのように。    学べ  永遠に生きるかのように。
最後に英会話でしめくくります。
Are you her boyfriend?   (君彼女のカレ?)
As if!  (まさか!そんなことはありえない!)
                       Mahatma Gandhi 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0522 -150105 the+比較級、the+比較級

the+比較級〜, the+比較級....   

最初のtheは関係副詞のtheで、うしろのtheは指示副詞のtheとなる。
原則前が副詞節、後ろが主節となる。
theは「そのぶんますます」ぐらいの意味。
The smaller the garden isφ, the easier it is φto take care of it.
   C                 S          V                 C      S  V
庭というものは小さければ小さいほど、手入れするのが簡単である。
[ small とeasyという形容詞の比較級はCの位置に戻る ]
The deeper you diveφ, the darker it will becomeφ.
          <副詞> S  V                C        S           V
深く潜れば潜るほど、ますます周囲が暗くなる。
[ deepという副詞、darkという形容詞をもとの位置に戻す ]
The more books you readφ, the smarter you will becomeφ.
                  O             S     V                        C          S                V
本を読めば読むほど、ますます賢くなる。
[ more系の比較級の場合、名詞とセットなのかどうかチェックが必要。]
* The more you read books,とする間違いが多いので注意が必要。

続きを読む "0522 -150105 the+比較級、the+比較級"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

講師変更

本日、東京で英語教育達人セミナーで講師の予定でしたが、都合により別の方に講師をかわっていただきました。もう一人の講師は安河内先生。先生と一緒にやりたかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

520 -150101 紅白

演出かもしれませんが、演歌歌手のうしろでアイドルたちが盛り上げ役をするのはいりません。歌はじっくり聴きたい。出場歌手をもう少し絞って、「歌のチカラ」という原点に戻ってほしいです。本当に歌が心に響く演奏を聴きたい。歌を邪魔する、すべる演出プランは不要なのです。

歌詞とメロディとパフォーマンスが渾然一体となって心に届いた人達もいます。メンゼルさん、石川さゆりさん、中島みゆきさん、サザン桑田さん はさすが。花は咲くもよかった。子どもは妖怪ウオッチを楽しんでいました。
しかしいつになっても紅白は見ちゃうんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »