« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月14日 (木)

流汗悟道

流汗悟道。

常円寺の和尚様である、阿部光裕さんに教えていただいた言葉です。和尚は、線量の高さに心を痛めたお母さんから相談を受けて、除線作業を始めることにしたそうです。行政が頼りない中で、ボランティアをまとめ、西に東にと行動する和尚さんです。

流汗悟道。
先日福島市の常円寺で行われた、木村達哉先生による「英語合宿」のお手伝いをしてきました。福島を、教育の側面から盛り上げられないかと、この6月から福島市内で3回、勉強会を行い、他の町でも学校の生徒や先生方対象に講座を行って下さってます。今回は3日間お寺に泊まり込み、英語の学習法法について生徒26名を対象に合宿を行ってくださいました。1ヶ月ほどの夏休みのうち、実に2週間近く、すべて手弁当で福島の教育に関わって下さいました。(震災後は余震のある中、本校においでいただいて勉強会を開いて下さり、生徒を励ましていただきました)
流汗悟道。
僕が尊敬する人に谷口先生という方もいます。英語達人セミナーという会を主催し、全国を実際に飛び回っているかたです。谷口先生のおかげで英語教育の手法がかなり先生方の間で共有化されている部分があると私は思っています。しかも楽しんでやっていらっしゃる点がまたすごい!ご本人は否定されるかもしれませんがある種の悟りをひらいているんじゃないかと密かに思っています。
「流汗悟道」は勝手に解釈するに「あれこれ言葉で言ったり、批判する人は多いけれど、まずは行動しようよ。その中から、真にやるべきこと、真の心の状態をみつけられるんじゃないかな」ということかなと思います。
すべての「行動をはじめる人」に幸あれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »