« 131208 國弘正雄先生「國弘流 英語の話し方」 | トップページ | 140122 自由英作文はどう指導するか »

2013年12月 8日 (日)

131208  学習会

一部の生徒に教科書とは別に週一でビジュアル英文解釈で前から解釈して行く方法論を指導して、音読させております。僕は英文のとなりに和訳をコピーしているものを使って指導してますね。和訳を聞いて終わりじゃ美味しいラーメン屋でスープを一口飲んで出てくるようなものです。力がない生徒に和訳をいきなり作らせるのは無駄な気がしています。方法論を教えずに訳させても頭の働かせ方を知らないから間違った訳をバンバン生み出します。和訳を示した上でどうどう判断するか解釈するかと正しく読む方法論を教えた方がいいなぁ。國弘先生も解釈はきちんとやらせるべきとのこと。音読と黙読の最大の違いは後戻りできるかできないかですね。音読は強制的に前から理解することを求めます。それと音読しながら同時に和訳はできません。前からイメージ化しながら読むしかなくなります。この二つがスピードを生みます。解釈+音読。それプラス1週間に100〜200語の語い学習を課しております。

|

« 131208 國弘正雄先生「國弘流 英語の話し方」 | トップページ | 140122 自由英作文はどう指導するか »

英語指導法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/54184817

この記事へのトラックバック一覧です: 131208  学習会:

« 131208 國弘正雄先生「國弘流 英語の話し方」 | トップページ | 140122 自由英作文はどう指導するか »