« 131208 英文解釈とトレーニング | トップページ | 131208  学習会 »

2013年12月 8日 (日)

131208 國弘正雄先生「國弘流 英語の話し方」

今更ながら、國弘正雄先生の「國弘流 英語の話し方」は神本です。読む度に「そうだよな!そうそう」いう至言名言、するどい指摘のオンパレード。英語の勉強、文法、音読で悩んでいる人はぜったい読むべき本です。繰り返し読む価値がある本です!

この本の中に書かれてあったシュリーマンの話しを少々。シュリーマンは暗唱の人と言われてますが実は文法や語彙は「細かく分解
して解釈してから」大声を出して暗唱してますね。七カ国語をマスターしたのは「内容がすでに分かっている同じ話しの翻訳本を使って」とのこと。使える英語のためには音読暗唱の前に解釈や単語のチェックは必要。それに加えて必ずしも内容を読み取る必要はないことになります。「翻訳」に大きな労力は要らず理解が終わったものを復習させればいいことになる。國弘先生はその比率を1:9と述べてます。リスニングや概要理解が終わった後は和訳を示しながら解釈をすばやく確認し音読と暗唱させた方が運用力は間違いなく上がりますね。

最後にシュリーマンは「訳をするな」と述べています。これは音読を通して内容の「イメージ化」を進めることであると考えます。きっちり単語と解釈を終えたものを大量音読し、暗唱してしまう。構文と語いの自動化をはかる。大量音読を通して訳さなくとも理解できるものをどんどん増やしていく。こういうことかなと思います。パラグラフリーディングなどはその先の話。前から解釈する方法を学び,音読すれば結果として速く読めるようになります。そうすると一文レベルの解釈につかっていた脳のパワーを今度は文脈理解に回せるようになります。だからあせってはいけないと思うのです。

|

« 131208 英文解釈とトレーニング | トップページ | 131208  学習会 »

英語指導法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/54184357

この記事へのトラックバック一覧です: 131208 國弘正雄先生「國弘流 英語の話し方」:

« 131208 英文解釈とトレーニング | トップページ | 131208  学習会 »