« 0478- 130520 - ポジティブにいこう! | トップページ | 0480- 130617 Express Yourself »

2013年6月 7日 (金)

0479- 130607 和訳付きの教科書がほしい。

英語で行う授業の意味をずっと考えていました。教師が一方的に英語を話す授業はこれはちがいますね。じゃ英問英答で生徒に教科書の表現をそのまま使って答えさせる授業は英語を使っていると言えるか。これも違う。

ではどのような授業が英語を使っている授業と言えるか。どうして主人公はそのような行動をとったのか、どういう気持だったか言える。あるいは、テキストの内容を自分なりの英語で説明できる。あるいはテキストに関連する話題について自分なりの意見を述べ、相手と意見のやりとりができる。あるいは相手の意見に反論できる。結局こういうことを求められていると思います。

ではどうすればこういうことができるだろう。前提条件を考えてみました。

まず、教科書の英文をシャドウイングできるぐらい暗唱していないと話しにならないでしょう。また単文を暗唱して、単語を入れ替えて自分の言いたいことを言えるトレーニングも必須でしょう。次に自分の意見を述べる型を学ぶ必要があるでしょう。これは日本語でやってもいいような感じがしますね。また、相手の言いたいことを聞けるようになるため、リスニングのトレーニングも必要です。語い力をつける、スラッシュごとに前から意味をとる訓練をする、発音や音声変化の練習をする。

つまりこれらの条件がそろわないとなかなか本格的なことはできません。アウトプットについてはそのときやれることをどんどんやればいいと思います。「足りない、できない、もっと正確にできるようになりたいと思って、暗唱、音読、英作トレーニングをがんがんやる」というスパイラルを作らないと、英語で行う授業に耐えられる生徒を作り出せません。

そうすると、結局、通訳技能を用いたトレーニングが一番日本の実情にあっているような気がします。無理してすべて英語で行おうと思わないほうがかえって生徒の英語力を上げると思います。英作文もできず、教科書の暗唱もままならないのに、英語で話せるようにするとか、ちょっと無理ですよね。

必要なのは、

1)句と句の間が「....」で区切られた教材
2)和訳が最初からついている英文
3)スラッシュごとポーズがついた音声教材
4)1倍速と1.5倍速の音声教材
5)音声変化のトレーニング
6)大量にパターンプラクティスできる教材
です。
 内容を理解して、音読してシャドウイングできるぐらい暗唱してしまう。ここまでは別に英語のやりとりは必要ありません。むしろ英語を使わせるのはここからです。

|

« 0478- 130520 - ポジティブにいこう! | トップページ | 0480- 130617 Express Yourself »

英語指導法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/51951135

この記事へのトラックバック一覧です: 0479- 130607 和訳付きの教科書がほしい。:

« 0478- 130520 - ポジティブにいこう! | トップページ | 0480- 130617 Express Yourself »