« 0469- 130305 東大の問題は技能中心へ移行か | トップページ | 0471- 130312 百式英単語とユメタンのいいとこどりができないか »

2013年3月 8日 (金)

0470 -130305 13年度の東北大の英語要約問題をみて

2013年 東北大英語要旨問題について

2013年度入試の東北大の問題ですが、特徴的なのが、ダムの問題。去年から登場した要約問題。(ただし英語)こう聞くとパニックを起こす受験生が多いけれど、これって結局、センター入試のディスカッション問題と同じ。選択肢がないだけで、自分が要旨をまとめるだけ。だから、僕なら、センターの問題で対策しちゃうと思います。必要があれば、選択肢をカットしてやらせればいいんです


次に内容ですが、ダムは水をいったんためこんで、流す量をしぼり
こんで、いきおいよく出せば、水力発電に使えます。(もちろん洪水予防にもなる)人口増に対応できるだけの雇用を生み出している都会の工場にとって、ものを生産するには電力が絶対必要。ところが下流に流れる水の量は少なくなる。ダムを造らなければ、水は豊かに流れ、河イルカや魚の回遊パターンに影響を与えることはない。これって結局、人間社会が発展するのをとるか、環境や生物を守るかという話しですよね。各自の話しをまず、「結局これって、ダム造りに(賛成、反対)なんだな。理由は○○だなと簡単にまとめます。」これを英語にすれば終わりです。東北大は簡潔に要約しろと言っています。去年のような「要旨らしい要旨がない要約問題」に比べれば問題としてはそうとうマシですし、英文のレベルはそれほど高くありません


対策はセンター入試の問題でできると言いましたが、何も対策を3年になるまで待つ必要はありませんよ。授業や課外でもいつでもできます。読む文章ごと、各段落を読んだら、さっと内容を頭でまとめ直せばいいだけです。段落のわきに簡単なメモを書いてもいいんです。英文解釈的に精読する力と、このように内容を大づかみする力は両方必要なんです。教師ならパラグラフの構成について1年生から少しずつ練習させたほうがいいですね。河合塾のある模試でも1年から今回の東北大のようなタイプの問題をだしていくかもしれないと言っていました。間違いなく東北大の模試にも大きなインパクトを与えるということでした。

さて、ダムの話しに戻りましょう。最後に自分の意見を英語で書けるようにしましょう。河合塾仙台校の方の話しでは東北大ではどんどんいろいろなことをしかけてくるだろうと言ってました。問題のパターンが固定することはないかもしれません。また、発信力強化に本格的に取り組んで来ているとも言っておりました。
ダムの話しで言えば人間の生活水準の向上が優先か、環境が優先かで意見を書いてみましょう。

このような要約問題の先には、結局あなたらどうするのかという問いが潜んでいます。賛成派、反対派の意見はすでに英文に出ています。自分で書けなければ最初にその意見を暗唱してしまい、自分の意見として書く練習ができます。それでいいんです。


これからの時代は自分の意見をまとめて発信することが大事。そのために読解して情報を入手する。そうなってく可能性もあります。読解だけで終わる英語授業に終焉の時が近づいています。

|

« 0469- 130305 東大の問題は技能中心へ移行か | トップページ | 0471- 130312 百式英単語とユメタンのいいとこどりができないか »

英語指導法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/50648333

この記事へのトラックバック一覧です: 0470 -130305 13年度の東北大の英語要約問題をみて:

« 0469- 130305 東大の問題は技能中心へ移行か | トップページ | 0471- 130312 百式英単語とユメタンのいいとこどりができないか »