« 0379- 111218 理念をもとう | トップページ | 0381- 111219 生徒をみるということ »

2011年12月19日 (月)

0380 -111219 授業研究会

土曜日に本校で授業研究会があり、河合塾の先生に来ていただきました。ポイントをまとめると、1)問題を先読みしてテーマについてスキーマを持とう。2)必ず段落ごとにメモをとろう。メモは何が書いてあったか思い出すものだから短くてOK。できる生徒でも400ワードを超えると前に書いてあったを忘れるとのこと。3)英文の構造がわかる板書を心がけよう。4)単語については、単語帳の訳語をはりつけていくのではなく、文脈にあった訳をしよう。ということを、break (壊す、破る、割る)や destroyを例に説明いただきました。(私ならば、reflectの意味を3つあげよ。反射、反映、反省だよね。文脈に合う意味はじゃどれ?などと必ずやります。)5)下線部訳の前後は必ず読ませる。

予備校系の研修会ではよく言われていることばかりですので自分にとって目新しい内容ではなかったのですが、それでもよい確認にはなります。特に新人の先生には勉強になることもあったと思います。授業を見るのはいいものです。<この先生と生徒の間の約束事の上で成り立っている授業なので、ただマネをしてもダメということになります>ただしする方がもっと勉強になりますが。

|

« 0379- 111218 理念をもとう | トップページ | 0381- 111219 生徒をみるということ »

英語授業の研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/43436245

この記事へのトラックバック一覧です: 0380 -111219 授業研究会:

« 0379- 111218 理念をもとう | トップページ | 0381- 111219 生徒をみるということ »