« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月30日 (火)

0359- 01108 新代表

少し前になりますが、福島方面に、岡田幹事長と、枝野官房長官が訪れたことがあります。彼らはともにフルアーマー、ようするに防護服で完全防備でありました。一方、出迎えた自治体の長はノー防護服であった。これには多くの人があぜんとしました。そりゃそうです。完全防備で訪れるぐらいだったら、そこに人がいてはおかしいのですから。住んでいてはおかしいのですから。強制移住でもなんでもしていなくてはならないわけです。そこにいる全員が防護服でなくてはならないのです。にもかかわらず自分だけは防護服、自治体の人々はノー防護服。直ちに健康に影響がないなら、防護服もいらないわけで。違和感が出て当然ですね。そのようなことに何の違和感を持たない政治センスしかもちあわせていないのに私は愕然としました。弁護士出身であろうが、東大であろうが、そこができてない人にリーダーは任せられませんね。

野田さんには期待したい思います。人の気持ちをくみ取れる政治家であってほしい。その上でぶれないでほしい。木村先生は、どっしりかまえてということをブログで書かれておりましたが、その通りです。自分なりの方針をしっかり持ってぶれない。これは信用できる政治家であるために本当に重要です。人の支持を得るために、自分の基本方針を投げ出すような人が新首相に選ばれなくてよかった。

もう一つは、この国の行き先を示してもらいたいと思います。希望がもてる日本にしてほしい。そのために意志決定は、基本方針からぶれず、スピーディに行ってもらいたいと思います。

理想の政治家論になってしまいましたが、理想の教師の条件でもあるように思います。

1)よく話を聞き、気持ちを理解し
2)基本方針をしっかり持ち、ぶれず
3)よいと思ったことは即実行
4)言葉を大切にする

難問が待ち受けているでしょうが、がんばってほしいですね。国民はほんとうは政治家を誇りに思いたいんです。1年1人の首相という状態を本当に打開して下さい。自民党と公明党は、震災関連法案のじゃまだけはしないようにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

0358- 0110828 Lionの辞書はスグレモノ

Lionの辞書はかなりすぐれたものになっています。Safariで知らない単語を検索する場合、今までマウスを使っていましたが、マウスがいらなくなりました。なんと、該当の単語を、三本指で2回タップすると辞書が意味を示してくれるようになりました。これでぐっと英文のサイトが読みやすくなりました。アップルに感謝! ついでにスティーブジョブスさん、今までありがとう。

 慣用句っぽい語句はすべて英辞郎にお任せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0357- 0110828 Mac OS X 10.7.1 での英辞郎第六版

Lion 10.7.1 で無事起動して使えています。

オフラインでも使える、英辞郎 for PROが出ることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0356- 0110828 英辞郎の検索活用法

英辞郎の第6版を購入しました。非常に楽しみ。本日はインストール前に、英辞郎の検索方法について書いてみたいと思います。私はMacbook airですので、使うのはDiDi for Eijiroになります。(第6版の印象は後日に)

ここで使う検索記号は以下の通り。 「^ 」と、 「/ / 」と  「.*」の記号。

例えば、buildの目的語(名詞)を探したいときは、/^build.*/と打てばOk。
^が文頭を意味し、
. は任意の文字を意味し、
*は文字数は制限しないよということを意味します。

こうすると、buildが文頭になって、うしろに目的語がずらずらでてきます。buildが文頭に揃えられることにより、非常に見やすくなります。

ある形容詞(例えば proposed ) のうしろにくる名詞を探したいときは、/^proposed.*/でOK。proposedが先頭になって、うしろにある語句(この場合名詞)がどんどんでてきます。

ある名詞(speech) の前にどのような語がくるか(他動詞+speech、前置詞+speech、形容詞+speech)を調べるときは、/.*speech/とします。すると make a speechなどの表現が出てきます。

「スピーチする」が、make a speech だとあらかじめわかっている場合、speechの前にどんな形容詞がくるかしりたいなら、/make.*speech/と打ちます。

このように検索キーを知ってしまうと、非常に便利になります。英辞郎は英語教師として、作文指導のときは必ず使いますので、なくてはならないツールになっています。開発者の方々、DiDi for Eijiroの作者様、アルクさん、ありがとうございます。(^_^) 

最後に2つ要望があります。最初は英辞郎というより、DiDi for Eijiro の作者様への要望となります。

先ず作者の方には、フリーウェアということで最大限の感謝をおくらせていただきたいと思います。ありがとうございます。毎日使っています!さて、要望なのですが、^ // .* などの検索キーは確かに慣れた人には便利なのですが、初心者には難し過ぎる点です。辞書は目的があってひくもの。目的を達成するために、検索キーを必ずしも使う必要はないと思うのです。検索キーを使わない、他のわかりやすい検索方法「も」きっとあるはずです。よりユーザーの立場に立った、ユーザビリティの高い検索システムができれば高度な検索に要する敷居はぐっと低くなります。

2つめは英辞郎自体への要望です。動詞のあとの名詞を調べたり、形容詞のあとの名詞を調べるのには問題ありませんが、名詞の前にどのような他動詞が来るのか、前置詞が用いられるのか、形容詞が用いられるのかはそれぞればらばらに調べることはできません。(少なくとも私にはわかりませんでした。やり方があるのならごめんなさい。)ぜひ、コロケーションがすぐつかめる、コロ辞郎も開発ください。英語教員は英和
活用大辞典(コロケーションがわかる辞典)はけっこう持っているかもしれませんが使いなれた英辞郎でも活用できればさらに使い勝手が増します。これがあると、ビジネスでも、学校現場でも使い勝手が倍増すると思います。英辞郎は本当に使用頻度が高いので、ありがたいです。

ある意味、2つの要望は重なりあう部分があるかもしれません。

 DiDi 作者様、英辞郎開発者様、嵯峨さん、ぜひお願いします。
P.S. 英辞郎 on the web PRO の機能をCD-ROMでも供給お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

0355- 110809 フジテレビ問題

韓国のTVドラマが多すぎるという理由でフジテレビが批判されている。また、そのことがもとでデモも起こった。

これははっきりいって日本のTV局がもっとがんばらないといけない。見たいと思うコンテンツがないのだ。昔と比べても大幅に番組の質が劣化していると感じる。我が家にはTVがない。ここ数年TVなしの生活が続いているが、なくて困ったことは一度もない。年に1〜2回観たいTVがあるが、ワンセグで観ればいい。情報は新聞、ラジオ、ネットで十分。少なくとも地上波は観なくなった。

TV局は人々が求めているから韓流ドラマを流すのだというが、本末転倒ではないか?人々が求めるおもしろい番組を作れないから、外国の番組を買ってきて流すのではないか。「観たいコンテンツが日本のTVにない。」 このことも韓流が流行る原因のひとつ言えなくはないだろう。

「韓流をやめろ」という意見には、それは違うだろうと言いたい。やめても日本のTV局が自局コンテンツを面白くしようという気がなければ、それまで。魅力あるコンテンツ作りに精を出すことが優先。その上で安易な道ばかりを選択しないようTV局は努力してほしい。(韓国ドラマ自体は僕はすき。チェジウさんとチジニさんのドラマはチェックしてます)

僕はTVが大好きだった。家の中心にはいつもTVがあった。それがいつ頃からかTVを観なくなった。TV局には心からエールを送りたい。もっと良質で、おもしろい日本のTVを観てみたい! 心からそう願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

0354- 11805 名詞の語法1

名詞の語法のポイントは数えられるかられないかの判断基準を自分で持つこと。一つ一つ覚えるより、判断基準を持っていた方が応用が利く。

数えられるものは、誰に絵を描かせても、似たようなイメージで描けるものである。机、リンゴ、本、CD、車、男、女、リンカクがはっきりしている。つまり他のものから完全に切り離されてしっかりとしたリンカクがあるものが数えられる。 よく言われるのが、数えられる名詞に冠詞を付けずに使うと、I like apple.   I like dog.  典型的な形がくずれた「もの」に変化する点だ。前者は(切ったリンゴか、すりおろしりんご)後者は(犬の肉)になってしまう。

一つ一つが完全に他のものと切り離されておらず、リンカクがはっきりしていないものは実在しているものであっても数えない。例えば、魚。いわしみたいな魚は常に群れている。重なり合ってリンカクがはっきり、1匹、2匹、と認識できないものは数えるのも困難だ。このような場合は、単数と複数を同形にしてしまう。fishですませるのだ。似たようなものにはsheep、hairもある。羊も集団でいるのが普通。髪の毛も一本二本と認識するのは難しいゆえにhairですませる。しかし、ぽつんと単独で存在する場合には当然 a hair のように数えられる。

一方で、実在するものなのに、数えられないものもある。それは姿形がかわりやすく、ひとつのリンカクのイメージをもちずらいものである。塩、砂糖、水(容器次第で形はかわる)、パン(ちぎったり、切ったりする)、バター、紙(切ったり、ちぎったりする)、ガラス(割れれば破片となる)、このように唯一絶対のイメージがもちずらい名詞の場合は、数えない。どうしても数える場合は、容器の助けを借りたり、( a bottle of wine / a glass of milk ) 形状を使ったりする( a loaf of bread, / a piece of paper )

この唯一絶対のイメージをもてないものは数えられないというルールは、様々なものを代表する名詞にもあてはまる。money。お札やコインは数えられる。しかし、moneyはそういうものの総称であるで数えられない。furnitureも同様。table, chair, curtainは数えられても総称のfurnitureは数えない。luggageも同様。bagかもしれないし、suitcaseかもしれない。唯一絶対のイメージがわかない。はっきりとしたリンカクをもたない。informationも、様々なfactや、news, reportなどからできているため、やはり数えない。 lunchや、dinner, breakfastも、様々な料理が思い浮かぶが、唯一絶対のイメージは浮かばない。そのため、I had lunch.と言っても、I had a lunch,とは言わない。 

adviceが忠告という意味の場合も数えない。形容詞がつき、good adviceという場合も不定冠詞はつけない。

抽象的なものの場合は数えない。 peace, love, なども数えない。

timeが「時間」という場合も数えない。イメージがわかないということと、「連続体」のようなものであるからだ。それに対して year, month, week, day, minute, secondなどは「一区切り」あるいは「ワンセット」という感じがして数えることができる。時間的な始まりと終わりがあるものは数えられる。よってclass授業などは数えられる。take a rest とも言える。 timeが時間ではなく、「回」の場合には数えられる。 はじまりと終わりを感じさせるからだ。 two times, three times...と言える。 I had a good time at the party. も形容詞をつけると特定の時になる。始まりと終わりを感じさせる。よって数えられる。たとえば、夜の7時から9時までという区切られた特定の時間をさすからだ。 

数えられるものには、 a,  many, quite a few, only a few, -s などが付けられる。数えられないものには、much, quite a little, only a little, などが使われる。一方、some 、a lot of...、noは便利で、数えられる名詞にも数えられない名詞にも両方使える。 Could you give me some advice? はOKだ。 She gave me a lot of advice.も、She gave me no advice. もOK。

homeworkは絵が描けるだろうか?たぶんむりだろう。数学かもしれないし、単語を覚えるものもあるだろう。work「作業」と同じだ。いろいろありすぎて唯一のイメージはわかない。ところが、assignment「課題」は数えられる。assignはもともと「割り当てる」という意味だ。「一区切り」感があるのだ。 worksとなると「作品」となる。ひとつひとつ絵が描けそうだ。

さきほど paper(紙)は数えないと言ったが、a paper という表現はある。この場合は、イメージがわくものだ。「論文」や「新聞」となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

0353- 110802 Macbook Air air jacket

MacBook Airをそのままむき出しにして持ち歩きたくなかったので、プロテクターを買いました。プロテクターと言ってもいかめしいものではありません。透明なポリカーボネートでできていてものすごく薄いものです。しかし強度は十分。見かけはつるっつるのMacbook Airになります。傷から守ってくれそうです。MacBook Airはがんがん使い倒していくもの。心強い味方ができました。

パワーサポート社の air jacket set for MacBook Air 。なかなかいい感じです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

0352- 110801 Macbook Air 13 inch 到着

Macbook Air 13 inch (Mid 2011) へ移行。移行はあまりにあっけなかった。これはTimemachineというアップルの移行システムのおかげ。Western Digital社の500GBのHDをTimemachine用のバックアップディスクとしてバックアップを有線でとってきた。これを、USBでMacbook Airに接続。移行アシスタントの促される通りにやるだけで、約75GBのバックアップは、データ、アプリ、各種設定データすべてこみで約55分で移行が終了した。USBでこの速度だということは、Thunderboltならどんだけ速いのかということになる。この速さはSSDであることも関係しているのではないか。というのも、Macbook Proの10GBのバックアップをHDにとるのに今までFirewire800でも1時間はかかっていたからだ。USBでの75GBのバックアップは12時間ぐらい覚悟していたのに、たった55分間。これですぐ仕事ができるし、ネットもつながるのはすばらしい。僕がやったことはTimemachineの設定をしたHDDを新しいMacbook Air 13インチにUSBでつないでボタンを数回押したことだけ。これだけで、OS 10.5.8 の環境から、OS 10.7 の環境に55分で、珈琲を飲みながら移行が終了した。これはアップルに感謝しなければなるまい。 Appleありがとう! Timemachine万歳!

新しいMacbook Airは快適そのもの。液晶は間違いなく、2008 Mid のMacbook Pro 15inchより見やすい。軽いし、速い。バッテリーも公称7時間持つ。速度も十分。Hyper Juice MBP60も購入したので、これで10時間は外出してもバッテリーが持つことになる。外出が楽しみ。

これにWifiルータをつければ、いつでもどこでも仕事ができる環境が整う。(仕事だけか?) 今後使用感をアップしていきたい。( ルータが使い物になれば、iphoneでなく、touchで十分ということになる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »