« 0353- 110802 Macbook Air air jacket | トップページ | 0355- 110809 フジテレビ問題 »

2011年8月 5日 (金)

0354- 11805 名詞の語法1

名詞の語法のポイントは数えられるかられないかの判断基準を自分で持つこと。一つ一つ覚えるより、判断基準を持っていた方が応用が利く。

数えられるものは、誰に絵を描かせても、似たようなイメージで描けるものである。机、リンゴ、本、CD、車、男、女、リンカクがはっきりしている。つまり他のものから完全に切り離されてしっかりとしたリンカクがあるものが数えられる。 よく言われるのが、数えられる名詞に冠詞を付けずに使うと、I like apple.   I like dog.  典型的な形がくずれた「もの」に変化する点だ。前者は(切ったリンゴか、すりおろしりんご)後者は(犬の肉)になってしまう。

一つ一つが完全に他のものと切り離されておらず、リンカクがはっきりしていないものは実在しているものであっても数えない。例えば、魚。いわしみたいな魚は常に群れている。重なり合ってリンカクがはっきり、1匹、2匹、と認識できないものは数えるのも困難だ。このような場合は、単数と複数を同形にしてしまう。fishですませるのだ。似たようなものにはsheep、hairもある。羊も集団でいるのが普通。髪の毛も一本二本と認識するのは難しいゆえにhairですませる。しかし、ぽつんと単独で存在する場合には当然 a hair のように数えられる。

一方で、実在するものなのに、数えられないものもある。それは姿形がかわりやすく、ひとつのリンカクのイメージをもちずらいものである。塩、砂糖、水(容器次第で形はかわる)、パン(ちぎったり、切ったりする)、バター、紙(切ったり、ちぎったりする)、ガラス(割れれば破片となる)、このように唯一絶対のイメージがもちずらい名詞の場合は、数えない。どうしても数える場合は、容器の助けを借りたり、( a bottle of wine / a glass of milk ) 形状を使ったりする( a loaf of bread, / a piece of paper )

この唯一絶対のイメージをもてないものは数えられないというルールは、様々なものを代表する名詞にもあてはまる。money。お札やコインは数えられる。しかし、moneyはそういうものの総称であるで数えられない。furnitureも同様。table, chair, curtainは数えられても総称のfurnitureは数えない。luggageも同様。bagかもしれないし、suitcaseかもしれない。唯一絶対のイメージがわかない。はっきりとしたリンカクをもたない。informationも、様々なfactや、news, reportなどからできているため、やはり数えない。 lunchや、dinner, breakfastも、様々な料理が思い浮かぶが、唯一絶対のイメージは浮かばない。そのため、I had lunch.と言っても、I had a lunch,とは言わない。 

adviceが忠告という意味の場合も数えない。形容詞がつき、good adviceという場合も不定冠詞はつけない。

抽象的なものの場合は数えない。 peace, love, なども数えない。

timeが「時間」という場合も数えない。イメージがわかないということと、「連続体」のようなものであるからだ。それに対して year, month, week, day, minute, secondなどは「一区切り」あるいは「ワンセット」という感じがして数えることができる。時間的な始まりと終わりがあるものは数えられる。よってclass授業などは数えられる。take a rest とも言える。 timeが時間ではなく、「回」の場合には数えられる。 はじまりと終わりを感じさせるからだ。 two times, three times...と言える。 I had a good time at the party. も形容詞をつけると特定の時になる。始まりと終わりを感じさせる。よって数えられる。たとえば、夜の7時から9時までという区切られた特定の時間をさすからだ。 

数えられるものには、 a,  many, quite a few, only a few, -s などが付けられる。数えられないものには、much, quite a little, only a little, などが使われる。一方、some 、a lot of...、noは便利で、数えられる名詞にも数えられない名詞にも両方使える。 Could you give me some advice? はOKだ。 She gave me a lot of advice.も、She gave me no advice. もOK。

homeworkは絵が描けるだろうか?たぶんむりだろう。数学かもしれないし、単語を覚えるものもあるだろう。work「作業」と同じだ。いろいろありすぎて唯一のイメージはわかない。ところが、assignment「課題」は数えられる。assignはもともと「割り当てる」という意味だ。「一区切り」感があるのだ。 worksとなると「作品」となる。ひとつひとつ絵が描けそうだ。

さきほど paper(紙)は数えないと言ったが、a paper という表現はある。この場合は、イメージがわくものだ。「論文」や「新聞」となる。

|

« 0353- 110802 Macbook Air air jacket | トップページ | 0355- 110809 フジテレビ問題 »

英文法の教え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/41085957

この記事へのトラックバック一覧です: 0354- 11805 名詞の語法1:

« 0353- 110802 Macbook Air air jacket | トップページ | 0355- 110809 フジテレビ問題 »