« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月13日 (水)

331- 歌のチカラ

アンサリーさんの「満月の夕」、ちあきなおみさんの「黄昏のビギン」どちらも心が震える歌です。アンサリーさんはどちらかというとドライ。ちあきなおみさんはウェットという感じなのですが、どちらもすばらしい歌声です。アンサリーさんの歌声は透き通った水晶のような感じ。ちあきなおみさんは、コロッケの印象しかない人がいるかもしれませんが、今あらためて聴いてみると、この世に2つとない上質の宝石のような歌声です。演歌も歌謡曲も大して興味はありませんでしたが、彼女は別。今の日本には(世界にも)彼女を超える歌手はちょっと見当たりません。本当の歌のチカラをもつお二人。心から尊敬いたします。(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

330- 原子力行政

いわきは現在 0.4 マイクロシーベルト/ h です。 ガソリン、食料も普通に戻り、市民生活は平常に戻りつつあります。ただ、もちろん家や家族を失ったり,家に戻れない人もいます。

今回は津波の恐ろしさをほんとうに感じた大震災でしたが、原発事故はある意味で防げました。これははっきり言って人災です。最悪の事態を想定して手をうつことが危機管理の第一歩なのにそれが誰にもできていなかった。日本全国の原発がある地域も人ごとではありません。最悪の状況を想定して万全の手立てを立てることが本当に必要です。国の原子力安全保安委員会は、経済産業省の委員会です。つまり原発推進派のもとの委員会です。これでは厳しく規制どころか、会社側に甘くなるのはあたりまえでしょう。まずは独立機関にして、権限を強くすることが大事です。5号炉、6号炉および、第2原発のについては当然廃炉ということで考えていただきたいと思います。私も積極的に運動に参加したいと考えています。

原発は絶対必要だという人もいます。温暖化防止や首都圏にとって必要だとも。ならば、そう言っている方の家の近くに原発を作るとしたら反対しないでしょうか。たぶんそれはないと思います。福島は今回大きなダメージを受けました。しかし必ず復興していきます。もっとも、大多数の県民の復興のイメージの中にはもう原発は入っていないと思います。家族や仲間や生徒と一緒に仲良く過ごせるふるさとがあること。それが一番大事なことだとつくづく思います。日本は地熱発電など、クリーンエネルギーに大きく舵を切るべきです。複雑に各プレートが重なり合っており、活断層も多い日本。そして肝心な危機管理が全くできていない..... 日本。 今がチャンスだと思います。

次回から通常の英語教育に関するブログに戻します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »