« 300- 101123 分詞構文 付帯状況 | トップページ | 0302- 101202 制限用法という文法用語について »

2010年11月27日 (土)

0301 -101127 「ほぼ同じ意味にしなさい」は教育的か?

 英語教師がテストを作るときよく使い、そして問題集でもよく目にする言葉が、「ほぼ同じ意味にしなさい」だ。しかし、この「ほぼ」という言葉のかげでどれほどの英語のニュアンスが失われているだろうか。

Everybody likes her.
She is liked by everybody.

この2つの文の意味は当然違う。旧情報と新情報の違いである。前者はherを後者はeverybodyを強調している。でも多くの英語教師はこの2つの文の書き換えを意味を教えず行っている(ようだ)。

It seems that she is a good pianist.
She seems to be a good pianist.

この2つの文が伝えることも違う。前者は客観的、伝聞であり、後者は、主観的,自己判断に基づく文だ。しかし英語教師は、「ほぼ同じ意味になるように書き換えなさい。」という指示をテストで出す。

「ほぼ同じ意味.....」の良い点は,とりあえず、機能の違いに深入りせず,単純な書き換えの操作ができることだ。一つ目の文を、2つめの文を生み出すための道具にしているわけだ。

問題は、この「ほぼ」が指す範囲が限定できない点にある。(あるいは教師が無頓着に使っている)

例えば The book is on the desk.とThere is a book on the desk.を書き換えさせる問題はさすがにないが、上記の2つの例を「ほぼ同じように書き換えなさい」といった指示を出すのは、The book is...の文とThere is a book on the desk.の文を書き換えさせるようなものではないかということを指摘したいのだ。結局、相手に伝わる情報の種類、強弱の違いを無視していいのかという問題につきあたる。

まじめに指導に取り組んでいる英語教師であればあるほど、「ほぼ同じ意味に書き換えなさい」という言葉に罪悪感なり、うさんくささを感じるのではないだろうか。生徒の学習状況により、深く教える教えないのタイミングを見計らうのは大事かもしれないが、全く教えないのは罪悪であり、生徒にとっては悲劇であると思う。その形には、それ相応の意味がこめられているはずだからである。教師が知っていて教えないのと,知らずに教えられないのでは天と地との差がある。(だから教師は勉強をし続けるのである。)

「ほぼ同じ意味に書き換えなさい」ふだんなにげに使っているこの言葉を私たちはもう少し見直すべきだろう。


 

 

|

« 300- 101123 分詞構文 付帯状況 | トップページ | 0302- 101202 制限用法という文法用語について »

英文法の教え方」カテゴリの記事

コメント

二重目的語構文と与格構文の書きかえについて考えたことがあり、「ほぼ同じ意味に」というのは本当に気をつけないと行けないなと思っていました。なのに、数年経ち、実際の自分のテストにそのフレーズがあることを反省しています。
思っていることを相手に伝えるという、使う場面によって表現の仕方を選ぶことは大事なことなのに、こちらがきちんとそういう意識で言葉に接していかないといけませんね。
ありがとうございます。

投稿: 平井 朋美 | 2010年12月 6日 (月) 10時38分

いつも最初から違いを教える必要はないと思います。生徒が理解できそうだなと思うタイミングをみて教えるということでいいと思います。例えば、なんで書き換えするの? と、生徒が疑問に思っているなら最初に教えてもいいでしょう。

あるいは、書き換えがスムーズにできるようになったところで、「実はね...」とやってもよいと思います。

投稿: Enzo | 2010年12月 6日 (月) 23時14分

買物の効率に関する限り、中学1年の教科書の第1課を完璧に近く学習している中学生でも、100個の買物用の単語をどうにか通ずる発音で用いうる人には遠く及ばない。ただ、こういう場合、英語は「話す」(talk)ものではなくて、「叫ぶ」(shout)ものになっていることに注意すべきであろう(安井稔『納得のゆく英文解釈』、pp102)

生徒にものを突き詰めて考える訓練を与えない教育は、教育の名に値しないのである(安藤貞雄『英語の文型 文型がわかれば、英語がわかる』,pp147)。

ある与えられた英文の意味がよくわかっている人というのは、その英文の、理論的には存在しうるパラフレーズを、正しいものと間違っているものとに分類することが、原則的に、できる人であるということである。(安井,pp3)

僕の出会った英語教師はことばに対して無責任で、論理にも、心・精神にも"不感症"な人ばかりです。

記事の件については、書き換え問題は必要だと思います。しかし書き換えた二文(それ以上なり)を提示した上で現象を説明させるべきだと思います。

投稿: よるたま | 2010年12月 8日 (水) 01時31分

何がネイティブの語感として正しくて何が正しくないか今も勉強中です。「知らない」ことを不感症というなら僕もそうかなあ。毎年毎年、知識はアップデートされます。それはなんらかの形で生徒に還元はしたいですね。

一方、「自分が無知であることをわかってない」という意味で不感症という言葉を使っていらっしゃるなら、僕は不感症ではないかもしれません。少なくとも僕は自分が無知であることは分かっています。

安井先生や安藤先生の著書は僕もくり返して読んでいますが、欲しいニュアンスの違いが書かれていない場合も少なくありません。ですからさまざまな本を買い込むことになります。(^_^)

投稿: エンゾ | 2010年12月10日 (金) 06時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/37867738

この記事へのトラックバック一覧です: 0301 -101127 「ほぼ同じ意味にしなさい」は教育的か?:

« 300- 101123 分詞構文 付帯状況 | トップページ | 0302- 101202 制限用法という文法用語について »