« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

0295- 101031 接触節 zero関係詞について

 中学で関係詞を学ぶときは接触節から学び、つぎに、whoなどの関係詞を学んでいる。whom, whoseは学びません。接触節とは,the man I loveのように、名詞句、名詞句、動詞が連続している構造のものだ。私はこれを、「名、名、動詞は関係詞〜♪」と教えている。

 接触節を中学で学ばせるのはよい。これは現代英語でもよく見られるものだ。しかし問題は、現象としての接触節に慣れさせるのには成功しても、それが関係詞の理解に必ずしもつながっていない点である。

 今日、授業で関係詞を教えると、生徒はあぜんとするほど、主格,目的格に無頓着なのだ。who, whom, whoseの区別ができないのだ。whoは直後に動詞がくるからなんとかなるだろうがwhom, whoseはお手上げだ。これは関係詞節内の構造わかっていないためである。つまり理解がなされないまま、高校に来てしまっているのだ。(そんな彼らでも接触節という言葉は知っていたりする。)

 接触節のとらえ方は2つある。1つめは関係詞の省略ととらえる見方だ。thatやwhomなどが省略されているという考え方だ。2つめは、ゼロ関係詞なので、もともと最初からそこには関係詞は存在しないというものだ。学者の間では後者の見方が主流だ。しかし、学習英文法は必ずしも,学術的な正しさを追い求めるというものでもないだろう。私自身は,第一の方法で指導するだろう。ゼロ関係詞を最初は関係詞の省略と教えるだろう。なれてきたら、ゼロ関係詞の話をするだろう。高校1年(少なくとも中学のリハビリが完成する)までは、省略でよいと思う。なぜなら、その方が主語や目的語を関係詞に変換するという根本がつかめるからだ。

逆に中学や塾では、whomが教科書にでてこないため、接触節という現象にのみ目を向けて,構造に目を向けさせてないようだ。低学力の生徒のため、めんどくさい説明を省いているのもあるかもしれないし,あるいはさくさくアクティビティを進めるためなのかもしれないが、生徒は高校1年でwhom、which、whoseのところでつまづくのだ。使い分けが分からず,高校に入ってくるのだ。そして、非制限用法(thatは使えない)、前置詞つきの関係詞のところ(やはりthatは使えない)で生徒の混乱は極まるのだ。(そうならないようにもちろん手は打つ)

仮に接触節という現象のみをとりあげ、根本の理解を避けて通ることで、関係詞の目的格の指導が十分できないのだとしたら、あとあとの指導のつながりを考えていない点でNew Horizonも罪な教科書である。いや教科書のせいにはするまい。それでも、きちんとした指導者なら教えるだろうから。

教えることはたったこれだけ。

a man (     ) I know him   →himをwhomに変換。目的格himやthemの例を出し,目的格whomのmはhimやthemのmと教える。→whomを(  )の位置に入れる。→目的語の位置に単語がなくなったということを明示するため、φのマークを入れておく。 a man whom I know φ  次にwhoseであるが、the book (      ) I like its cover  → the book (     ) I like whose cover → the book (whose cover) I like φ  名詞(SやOなど)1語が節からなくなっているという事を理解させることがあとあとの関係副詞や,関係詞の非制限用法などの指導につながっていく。点の指導ではなく、線としてつながるような指導が大事だ。中高一貫校の先生や、しっかりした中学の先生なら実践しているはずだ。こういった根本的なことをしっかり理解させた上で、いくらでも、アクティビティをやればよいのだ。関係詞のアクティビティはこういった一連の作業の自動化にあるはずだ。 

●接触節について  以下は大阪教育大学 小寺茂明先生の資料を参考にしています。

節の主語は人称代名詞が9割と圧倒的多数。節の中は2〜4語と非常に短いのが特徴。関係詞という説明開始の合図がなくとも直感的に理解できるほど短く,節の中の情報量は少ない。ぎりぎりまで情報をそぎおとした感じがする。音声的には何らポーズは置かれず読まれる。逆に,音声的になんら特徴がないということは、構造はシンプルでなくては理解しにくいことになる。節の主語は,代名詞か,名詞1語程度できわめて軽いモノが多い。これは、先行詞との一体感がでるためと考えられる。リズムも口調もよくなるわけである。

●関係詞節の位置による情報構造の違いについて

 関係詞節が主節の動詞の前(中間位置)にあるのと、主節の動詞のうしろ(文末位置)にあるのでは意味が異なるという。関係詞節が中間位置にあると、旧情報と結びつき,文末位置にあると、新情報を導入すると言う。

(中間位置)

 The computer I have  /  is a Macintosh .
             (旧情報)     (新情報)

(文末位置)

 I have a friend / who works for a bookstore.
      (旧情報)     (新情報)

英文では文末重点という考えがある、情報量が多い(つまり新情報が多い)場合,文末に置くのだ。一方,旧情報は文の先のほうに置く。接触節はその構造から比較的情報量的には少ない、つまり旧情報に属するものが来る。ゆえに文の先頭で出てきやすいのだ。一方,構造が複雑で、新しい情報が多くなる文末には,接触節はあまり適さないということになる。接触節はできるだけ短いこと,そして分かりやすい構造であることが求められるが、そのような構造は文末位置より、中間位置でとりやすいのである。

接触節 ゼロ関係詞 part 2は以下のエントリーへ

http://blue-enzo.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/0372--e532.html             

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

0294- 101026 暗唱例文の覚え方

英語の型をみにつけるには暗唱例文というのは極めて有効である。単語を入れ替えて文を作れるようになるし、同じ構造の英文であれば、英文読解にも有効であることは英語教師であれば理解できるだろう。

しかし、暗唱例文集をそのまま生徒に渡して是としていないだろうか。テストをしては覚えていないと愚痴を言う。それではいけない。生徒が自主的に覚える方法を考えねばならないだろう。

その方法の1つを考えた。4ラウンド英文暗唱プリントである。

これは、暗唱例文集の覚える範囲を4枚コピーする。1枚目はそのまま。2枚目は英文から単語を2〜3語削る。修正液で消しても良いし、時間がなければマジックで消してもよい。3枚目はさらに2〜3語削る。4枚目は和訳だけ残して完全に英文なしである。

つまり、1枚目で音読インプットし、2枚目で最初のチャレンジ。2枚目が言えなければ1枚目に戻る。2枚目がクリアしたら、3枚目にチャレンジ。できたら4枚目にチャレンジである。生徒に指示して作らせてもよいし、作りそうにもないなら、教師側で作って渡せばよい。私は(  )のポイントを考えて作り,印刷して生徒に渡している。

ここでの原理原則を考えてみよう。それは「小さな達成感」が意欲の原動力になるというものだ。暗唱例文集を覚える際の最大の障害は,和文から英文を再生するのが極めて難しい作業だということだ。「歩幅」が大きすぎてやる気を失うのである。であるならば、スモールステップにしてあげればよい。ちょっとがんばれば達成できるプリントを用意することで、無理なく達成感を与える。そしてそれがどんなに小さな達成感でも「もっとやれる」という動機につながる。人はできるようになればどん欲になるものである。1枚ができたら、上位のより難しいプリントに挑戦という要素がある。

実際の指導の注意点であるが、3つある。1つめ。1枚目に関しては,1文につき5回音読筆写をせよと指示する。指示は具体的な方がよい。また授業で音読筆写させて、「英文が覚えられる」という体験も前もってさせておきたい。また2つめの注意点であるが、和訳の方はチャンク訳にしておくことである。 The man stretching over there is the Olympic medalist. という例文なら、「その男は向こうでストレッチしている(その男は) あのオリンピックのメダリストだ」とする。英語の語順にあっているので、英文暗唱という目標を達成しやすくなる。3点目。B5で英語,日本語が横に並んだレイアウトであること。1枚のプリントをB5にし、B4の表裏に、4枚のプリントを印刷してしまう。これで生徒はプリント1枚を持ち歩けばどこででも練習できることになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

0293- 101024 ATOK 2010 + EG Word Universal 2

  ATOK2009から、ATOK2010 大ヒット御礼パックへ変更した。まず感想としては、「すごく軽くなった!」の一言に尽きる。ものすごく入力が快適になっている。
  Word, Pages, EG Word とすべてのワープロでそうである。特に、EG Word Universal2との組み合わせはなかなかのもの。Word(2004)と、Pagesではわずかにひっかかりがあるが、EG Wordにはそれがない。自分の思考速度と同等のスピードで入力できるのでストレスがない。Happy Hacking Keyboard Professional 2の打鍵感覚のすばらしさと相まって,さらに入力作業が楽しくなった。
  また、ATOK では、入力作業中にふと単語の意味を知りたくなった場合,control+shift+vで英字モードに変え,単語を入力するだけでロングマン英英、英和、ジーニアス英和で即座に調べることができる。これは便利である。
  ATOK2010 お勧めである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

0292- 101005 尖閣諸島

結局資源なんですよね。以下 IZAからの抜粋。┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

  日本政府は1885年から現地調査を行い、尖閣諸島が無人島であり、清国の支配が及んでいる痕跡がないことを確認。その上で、1895年1月に沖縄県八重山郡への編入を閣議決定した。その際、清国側は異議を申し立てなかった。

 1940年代まで尖閣諸島ではアホウドリの羽毛の採取やかつお節の加工といった経済活動が営まれ、最盛期には200人以上が住んでいたが、戦時中の物資不足で住民が引き揚げ、再び無人島になった。

 51年に調印されたサンフランシスコ講和条約でも日本が放棄した領土には含まれず、72年の沖縄返還で南西諸島の一部として日本に施政権が移った。中国政府も条約に異議を唱えず、中国共産党の機関紙「人民日報」のデータベースによると、53年1月8日付の「人民日報」の記事は「琉球群島には尖閣諸島、沖縄諸島、大隅諸島などが含まれる」と明記している。

 ■国連報告書で一変

 現在、中国はもとより台湾も尖閣諸島の領有権を主張しているが、そのきっかけは69年に発表された国連アジア極東経済委員会(ECAFE)報告書だった。報告書は尖閣諸島周辺の海底に石油や天然ガスが大量に埋蔵されている可能性を指摘した。

 これを受け、中国は海底資源に注目し、尖閣諸島に関心を示し始める。70年12月4日付の「人民日報」は日米両国が中国領である尖閣諸島の海底資源を開発しようとしていることを批判する記事を掲載。71年に入ると中国台湾がともに正式に領有権を主張し、中国は92年に制定した領海法で自国領と定めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »