« 0286- 100818 教師塾に参加して | トップページ | 0288- 100909 パターンプラクティス »

2010年9月 5日 (日)

0287- 100905 It seems that... vs He seems to V

繰り上げ構文(raising construction)

a) It seems that Susan is a very sensible person.
b) Susan seems to be a very sensible person.

生成文法ではa)が基本と考えられたが,
a)よりb)の構造の方が圧倒的多数。

b)では直接の観察による判断という含みがあるが、
a)ではそのような含みはない。

またto beが抜けるとより主観的な意味合いを持つ。

Itは「虚字」と言い、何も表していない。
当然It=that...ではない。

that節の主語を文の主語に昇格(raising)させ,
そのあとにto Vをもつ構文を
繰り上げ構文(raising construction)と呼ぶ。

繰り上げ述語には次のようなものがある。

1) seem, appear, happen, turn out,
   Mary happened [ to meet him ].
  (It happened that Mary met him.)

   What he said turned out [ to be wrong ].
  (It turned out that what he said was wrong.)

   She seems to be a very sensible person.
  (It seems that she is a very sensible person.)

2) 形容詞 likely, certain, sure
   That team is likely to win the game.
   (It is likely that that team will win the game.)

   She is sure to succeed.
   (I'm sure that she will succeed.)

   She is certain to pass the exam.
   (It is certain that she will pass the exam.)

参考

安藤貞雄先生   英語の文型
江川秦一郎先生 英文法解説

|

« 0286- 100818 教師塾に参加して | トップページ | 0288- 100909 パターンプラクティス »

英文法ー準動詞(不定詞、動名詞、分詞)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/36561110

この記事へのトラックバック一覧です: 0287- 100905 It seems that... vs He seems to V:

« 0286- 100818 教師塾に参加して | トップページ | 0288- 100909 パターンプラクティス »