« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月21日 (水)

0284- 100721 天地明察 を読了して

遅ればせながら、本屋大賞1位を獲得した、冲方丁さんの「天地明察」を4時間ぐらいかけて一気に読んでしまった。とにかくおもしろい。そして最後には江戸時代の天文学者、渋川春海のなんとも心地よい生き方に完全にまいってしまった。こう生きたいというサンプルがここにある。

また、福島県人であるならばこの小説は絶対読むべきだと思う。保科正之のことは名前は知っていたが、これほどの名君であるとは恥ずかしながら知らなかった。この人の考え方や生き様も本当に感動させられる。あまりに感動して涙してしまったほどだ。このような人が福島にいたとは本当に誇らしい気持ちでいっぱいになる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

0283- 100720 文化祭終わる

文化祭が終了した。クラスは仮装もクラス企画も3位だった。生徒はよくやったと思う。おばけやしきなど企画を安易に考えなかった点も評価したい。ほんとうにおつかれさま。

こういう行事で大切なことは、生徒が自分で考えて、調整して、苦労して、自分が動く体験をする点である。先生から言われて動いたのではひとつもおもしろくない。でも自分が一生懸命考えた企画なら愛着もわくし、たとえ苦労しても楽しいからやりとげたくなるのだ。その結果ものすごいパワーを発揮したりする。

「どうしてもやりたいからこの企画をやり通すぞ。」というメンタリティーと、「やらなくちゃならないからやったんだ」というメンタリティーを比較すると、同じAという結果が今でたとしても、前者の方がその後の成長がより大きくなるのは誰でもわかるだろう。勉強も部活も同じ。結局自分で自分に命令を出せるやつが強い。考えて行動に移せるヤツが強い。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »