« 0278- 100406 レポーティング活動、スピーチ、ワードカウンター | トップページ | 280- 100414 研修 »

2010年4月14日 (水)

0279- 100413 OCの授業スタート

オーラルコミュニケーションの授業が始まった。
当然TTでほぼALL Englishで進める授業である。
授業録を防備録として残しておく。

本時の内容は Self Introduction これは英語1の内容に連動させている。

0)OCの授業が目指すところと、本時の目的を説明。
1)まずはJLTの自己紹介。
  マインドマップを黒板に書きながら紹介。(モデルの提示)
  できるかぎり一文で終わらず、例や、理由も織り交ぜる。
2)私が断片的なキーワードから英文を再生してみせる。
3)生徒がそのあとについてリピート。
4)ALTの先生の紹介を聞く時、マインドマップでメモをとらせる。
5)JLTも聞きながらマッピングしてみせる。(モデルの提示)
6)ペア(生徒A, B間)で手元のマップをもとに聞いたことをレポート。
7)生徒二人程度を指名して、(あるいは自発的に)全体へレポート。
  クラス全体には、情報の漏れがないかどうかチェックしてと指示。
8)二人とも大成功でクラスから大きな拍手。
9)自分自身の自己紹介マインドマップを10分の時間をとって書かせる。
  次回までに練習しておくように言って終了。

★メモ(マッピング)を取りながら相手の話を聞く。
★聞いたことを他の相手にレポートする。
★自分でメモ(マッピング)を作成し、キーワードから英文を再生する。
★英語は情報のやりとりで実際に使えることを実感させる。

本日はこれらのことを実践できたのでよしとしょう。(^_^)
生徒が元気がよいのでこちらも気持ちよく授業ができた。
いつもこうだといいのだが。
テーマの手持ちのストックはまだまだある。ミニディベート
的なものも実施予定だ。

気をつけたいのは語彙のコントロールと発話速度。
語彙はなるべく言い換えるか、例を示して気付かせたい。
また、教師の発話速度はなるべく落とさず話したい。
そのかわりに意図的にポーズを挿入し、内容理解の
処理の時間はとってあげたい。

また、セルフイントロダクションから離れて論理的な
話し方を求められるトピックの時には、マッピングの
形式にはとらわれない。グラフィックオーガナイザー
は何もマッピングだけではない。それと、結論、理由
再結論のハンバーガー構造もモデルで提示する必要が
あるだろう。


次回、
1)ワードカウンターを使いペアで話した語数の測定。
2)生徒A,B,C,Dで聞いたことをマッピング化し、他の生徒に
  レポート。同じトピックで3回異なる情報のやりとりが可能。
3)その後、グループに分かれ、お互いの紹介をマッピングして聞く。
  グループでベストスピーカーを決め、ベストスピーカーが
  クラスの前で発表。

  このあたりの手順は前の学校にて、クラス対抗レシテーション
  コンテストをやったやりかたと同様。

4)最後は自己紹介文を書かせて、あるいは宿題に出して、
  ALTへ提出。ALTは320分の添削?だが、がんばってやってもらおう。
  書かせないとAccuracyは向上しない。

  なおALTへは1年間の英語指導のすべての計画・シラバスを英語に
  直したもの、英語1のテキスト、単語帳とテスト計画、文法のテキスト
  を渡してある。積極的に4月なら4月の分野の表現、語彙を使うよう
  お願いしてある。

  これらは文科省の教員派遣研修でカナダのESLの現場で学んだ経験が
  大きく役立っている。あまり文科省をほめることがない私であるが、
  このことには素直に感謝している。マインドマッピングもカナダの小学校
  で取り入れられており、小学校訪問したことで知ったことだ。
  
  Students must be get involved. バンクーバーサレー地区の教育委員会の
  Mission Statementの中に入っていた(気がする)言葉だ。心したい。

  
 

|

« 0278- 100406 レポーティング活動、スピーチ、ワードカウンター | トップページ | 280- 100414 研修 »

英語指導法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/34229232

この記事へのトラックバック一覧です: 0279- 100413 OCの授業スタート:

« 0278- 100406 レポーティング活動、スピーチ、ワードカウンター | トップページ | 280- 100414 研修 »