«  0268- 100202  言葉のグローサリー1 | トップページ | 0270- 10227 予備校の先生の英作文授業研修 »

2010年2月12日 (金)

0269- 10212 ユメタン指導0フェーズ 始動!

本校新一学年でもユメタン1の採用が決まった。3月に入試を突破してくる新一年生たちに対して手ぐすねひいて待っている状態である。採用はしたが徹底できず終わったでは、入ってくる生徒たちに申し訳ない。3年生で志望校をあきらめて泣く顔は見たくない。妥協しないで覚えさせよう。

ユメタンの単語に関して「語源情報」をのせたものをエクセルで作成中である。B4版で裏表で100語入るフォーマットを作り、そこにUnit4まで入力を終了した。CDに沿って反復勉強できる生徒がいる一方で、理屈を求める生徒も存在する。単語を覚えるシステムの根幹はユメタン方式、百式方式でいいとして、語源を記憶の補助に使うつもりである。

このワークシート作りはかなり大変だ。一語一語複数の文献でチェックし、記憶を強化する言葉かどうかいちいち吟味してから入力しているためだ。しかし新しく持つだろう勤務校の新一年生には、入試に勝ってもらいたい。笑って卒業して欲しい。当分忙しい状況がつづきそうである。(ということで言葉のグローサリーは1回で終了である)

|

«  0268- 100202  言葉のグローサリー1 | トップページ | 0270- 10227 予備校の先生の英作文授業研修 »

語彙指導」カテゴリの記事

コメント

エンゾ先生、今晩は!博多の十督です!Etymologyに関する知識、僕はアンカーの柴田徹士先生版で学びました。高校のときに師事した先生が語源で単語を覚える大切さを徹底的に教えてくださいました。エンゾ先生の取り組み、その先生のことを思い出し、懐かしく思っております。中一に今助動詞を教えているのですが、canの元々の成り立ち等を教えたり、goの過去形がなぜwentになったか、など英語史の話をしてやると、食い入る様に聴いています。マイケルジャクソンの話を聴く時も、語源の話を聴く時も生徒の目の輝きは同じです。中一というダマされやすい年代ですが、同時に本物の知識や知恵でないと受け入れてもらえないので、こちらも勉強に必死です。いや、本当に語源で単語を教えていくって大事なことですよね。意外に見過ごされていますよね。

投稿: 田中 十督 | 2010年2月13日 (土) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/33350856

この記事へのトラックバック一覧です: 0269- 10212 ユメタン指導0フェーズ 始動!:

«  0268- 100202  言葉のグローサリー1 | トップページ | 0270- 10227 予備校の先生の英作文授業研修 »