« 0243- 091117  ふせんと測量野帳 | トップページ | 0245- 091119  九州からの電話 »

2009年11月18日 (水)

0244- 091118 現在完了形の、完了・経験・継続用法の考えは是か非か?

木村達哉先生に刺激され、マークピーターセン先生の、「心にとどく英語」「マークピーターセン英語塾」を読んでいます。そこで現在完了形について「むむむ.....」という記述があったのでブログで紹介したいと思います。

引用

Kunihiko has collected Billikens for ten years.の文について(なぜビリケンかと言えば、マークピーターセン先生がナンセンスな文をとりあげて説明されたため)

上の文は、ビリケンの10年間の収集がこれで完了しているから「完了」と言えば「完了」です。また「結果」でもあり、この10年間続けてやってきたことだから、当然「継続」にもなります。また言うまでもないですが、この10年間の収集は彼にとって「経験」にもなっているはずです。..........ところで日本の文法書の「完了・結果」や「経験」「継続」などのような抽象的なカテゴリーは何のためにあるのでしょうか。おそらく、単純に、「同じ現在完了形といったって、場合によっては『〜た』とか、『〜たことがある』とか和訳の仕方がいろいろあるよ」と伝えるためなのでしょうが、それほど実用的な説明の仕方には思えません。

引用終わり

ピーターセン先生は、「和訳」にこだわると、失敗するぞということを伝えてくれています。たとえば、He collected Billikens for ten years. と過去形にしたときも「〜た」「〜したことがある」「してきた」と訳せることがあります。現在完了形のニュアンスを正確に伝えるのに「訳や用法」にこだわると、かえって正確な理解の妨げになるとお考えのようです。ちなみに collectedでは「今では集めていない」のニュアンスになり、has collectedだと「過去に集め始めて今でも集めている」のニュアンスになります。

have + Vppは「〜した状態」を「今も持っているんだよ」となどと現在完了形の基本をおさえ、過去形としっかり区別して教えているつもりです。しかし、どこかで私も「完了、継続、経験用法」というセグメントに縛られてきたように思います。(ちなみに、最近研究者の間では、『経験』と言わず、『存在』と言うことが増えていると安藤貞雄先生の「英文法講義」に出ています)昔は私も「[ever]があるから『〜したことがあるか?』と訳すんだ。経験の用法だぞ」などと教えてきましたし、今でもそれは生徒の理解がなかなか伴わない場合、便宜上必要なことだよなとさえ思ってきましたので、マークピーターセン先生から「have+Vppを『〜用法』などと分けるのは単なる和訳の都合でしょ。英語とはなんの関係もないよ」とばっさり斬られたような気がして、「これはやられたな(^_^;)」と今更ながら思いました。もっとも研究者たちはいくつかの用法に現在完了形を分類しています。どの参考書を見ても、完了、継続、経験に分けています。もちろん研究者たちは「そこにあるものを分類するのが仕事」です。ただそのような分類に縛られてしまうと学習者はかえってものごとの本質が見えなくなってしまうこともあるように思います。私自身は分類は完全に否定はしませんが、本質の理解をさせることがまず先のような気がします。

  *everは「今までに一度でも」の意味だから、肯定文では普通使われない。

 

だったらどうするのかですが、ever, already, since.., ...timesが訳を決めるという指導というより、「過去に行ったことが今と関連がある」ということをドリルで徹底して確認させるとよいと思います。

その上でもう少し細かく見ていきます。①完了と結果は「行為が完了し、それが現在にも影響を及ぼしている」ことを意味します。②経験は「何かをした結果、その経験を生々しく今でも持っている」ことを表します。③継続は「過去に終わったことでなく、今でもその状況が続いている」ことを表します。①②③は結局すべて現在がどうなのかということにものすごく焦点がおかれています。重要なのは訳ではなく、過去形と対比しつつ、その概念をつかませることですね。(訳の上からは過去形とは区別がつきませんから)ただ単に○○用法にしたがって訳しているだけよりも、概念をつかんでいるほうが英作文の時に圧倒的に有利になりますからね。

ちなみに完了形の指導は次のように導入しています。

今おなかがいっぱいなのはどっち?

He has had lunch.
He had lunch then.

今でもまだ歩けないのはどっち?

He has broken his leg.
He broke his leg last month.

今でもサッカーをしているのはどっち?

He has played soccer for five years.
He played soccer for five years.

今も離婚していないのはどっち?

They've been married for 15 years.
They were married for 15 years.

今でも生々しく記憶、体験が残っているのはどっち?

I have been to Okinawa before.
I went to Okinawa two years ago.

まとめますと

現在完了は

1)「今に影響がある」という表現。
2)過去を明示する語句がない。

  *(今に視点があるので過去を明示する語句がつづくはずがない)

という基本をおさえて、あとは、過去形と対比する形でがんがんドリルをしたり英作文をさせればいいと思います。たしかに「alreadyやsinceなどで用法が決まる」という指導法もありますが、会話や英作文というアウトプットを考えたときに、上記の1)2)の考え方をおさえて数多くドリルさせたほうがよほど役に立つのではないかと思います。

タイトルの「現在完了形の、完了・経験・継続用法の考えは是か非か」ですが、基本をおさえずalreadyやsince, forから和訳を導き出すだけなら「非」だと考えます。基本をおさえた上で指導するのであれば「是」としたいと思います。

追記 理由を書き忘れました。初学者にとってはやはり、理解のフレームワークがあることが大事。それが不完全であっても。完了、経験、継続のフレームワークは中学でやってくるだろうからそれを最大限に活かすことが学習効率をあげることになると思います。

|

« 0243- 091117  ふせんと測量野帳 | トップページ | 0245- 091119  九州からの電話 »

英文法ー時制」カテゴリの記事

コメント

先生、僕もそう思います。ピーターセン先生に怒られますが、母国語と結びつけて理解させたほうが吸収が早いような気がするのです。一度習得し終えた大人の場合には、「完了や経験に分けるのはナンセンス」でいいと思うのですが、まだ英語を習い始めたばかりの生徒たちには母国語での分類をした上で、徹底的にドリルを解かせて理解させ、その上で文例を20個ずつぐらい暗唱させたらだいたい間違わなくなります。
寒くなりましたね。ご自愛下さい。木村達哉拝

投稿: キムタツ | 2009年11月20日 (金) 01時06分

木村先生、コメントありがとうございます。僕も木村先生にメールやブログにコメントを出したいのですが、膨大な数を毎日さばかれていることを知っているので、Read Only に徹しております。

訳や用法は、うまく使えばいいと僕も思っています。型がないと生徒はとっかかりがないんですよね。マークピーターセン先生の本は「待てよ、それで本当にいいのか」と問いかけてくれて、自分の考えを再確認出来た意味で勉強になりました。

11月の教師塾は、東京なら行きたかったのですが、子どもが1歳なので今回は見送らせて下さい。春になり東京でまた開催されるのを待っております。

P.S. はがき届きました。ありがとうございました。

投稿: エンゾ | 2009年11月20日 (金) 19時23分

初めて投稿させていただきます。当方、英語を高校生に教えておりますが、どうしても解決できない問題がありまして、失礼とご迷惑をかえりみず、投稿させていただきました

たとえば、I have lived in Tokyo for 3 years. を経験用法と解することはできるのでしょうか?かつて東京に3年間住んでおり、そのことが現在も生々しく記憶されている、と言いたい場合ですが。

なんらかのヒントを頂戴できれば、幸甚に存じます。

投稿: 吉田 | 2010年8月13日 (金) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/32267748

この記事へのトラックバック一覧です: 0244- 091118 現在完了形の、完了・経験・継続用法の考えは是か非か?:

« 0243- 091117  ふせんと測量野帳 | トップページ | 0245- 091119  九州からの電話 »