« 0232- 091024 語い指導について 地区紀要原稿 | トップページ | 0234- 091103 学力テスト作りで、教員のスタンダード力向上 »

2009年10月28日 (水)

0233- 091028 英作文指導は文法指導で行え

木村先生のリンクのおかげでのびていた閲覧数もようやく普通のレベルまで戻ってきた。まあこんなものでしょう。閲覧数が少ないほうが気ままに書けるというものです。閲覧数が1000を越えたときにはさすがに「やばい」と思いました。こんなに多くの人様にみてもらえることを書いてない。と。

さて今日は英作文と文法指導・英語1,2指導の関連について書こうと思います。ずばり皆さんへの提案は、(自分に対しての提案でもある)

文法指導や、英語1,2指導の中に、英作文指導をいれちゃいましょう。ということ。

3学年の添削指導をしていますが、冠詞や、時制、構文などの選択や和文和訳などは1年生のうちから折に触れて「種をまいて」おくべきと痛感しています。指導には時間がかかるからです。

ではどうするかですが、僕の提案は英作文で必要になりそうな学習項目を意図的に文法項目のドリルプリントに入れてしまうことです。

例えば、「最近ipodを持っている若者の数が増えてきている。」という文を英訳するとします。These days the number of young people who have an ipod is increasing.というぐあいに書かせますけど、these daysなのか、recentlyなのかは、現在形・過去形のところでやれるんじゃないかと。また、is increasingあたりは進行形のところでやれちゃうんじゃないかと。また、an ipodなのか、the ipodなのか、ipodsなのか、the ipodsなのか、意識させるのは文法項目のどの項目でもできちゃうんじゃないかと思うのです。文法についてプリントを用意される学校は多いと思うんですけど、そのプリントに、絶対みにつけさせたい項目をちょっとした英作文問題としてすべりこませておくわけです。和文和訳があえて必要な文を用意して考えさせる。それが積み重なるとすごく大きな作文力につながっている。というわけです。

3年からはじめて英作文指導をはじめるのではなく、1年のうちから種をまいておく。それもいきあたりばったりではなく、身につけさせたい指導項目をリストアップして、それを各文法項目のプリントの中に実際に落とし込んでいく。中嶋洋一先生おっしゃるところの、シラバスのバックワードデザインですね。文法と英作文指導をハイブリッド化してしまうわけです。こうすることで3年次の指導がぐっとラクになります。

(^_^) こう思ったのはやはり木村先生のおかげ。研修でのお話が今に生きています。

|

« 0232- 091024 語い指導について 地区紀要原稿 | トップページ | 0234- 091103 学力テスト作りで、教員のスタンダード力向上 »

英語指導法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/31978490

この記事へのトラックバック一覧です: 0233- 091028 英作文指導は文法指導で行え:

« 0232- 091024 語い指導について 地区紀要原稿 | トップページ | 0234- 091103 学力テスト作りで、教員のスタンダード力向上 »