« 0223- 090801 朝日カルチャーセンター教師塾終わる | トップページ | 0225- 091009 よく使う多義語100マスターと読解 »

2009年10月 9日 (金)

0224- 091009 県大会終わる

久しぶりのブログ更新である。さぼっていたわけではないのだが、県大会の準備やら、子どものめんどうやらでのびのびになってしまった。ブログを読まれている方にはいい加減あきれられていると思う。ごめんなさい。m(_ _)m タイトルがもともと「気ままに英語教育」なのでおゆるしを。で本日は英語の県大会の話。

本日は高教研英語部会の県大会があった。これまで準備に奔走された全てのスタッフの先生、指導助言の先生、発表者の先生、お疲れ様でした。何より、Y高のK先生、ほんとうにお疲れ様でした。

考えてみれば去年の方部会長として、私が準備を始めたのは11月でしたからほぼ丸一年のプロジェクトでした。予算や期日、会場、授業者の目鼻をつけて4月にY高に引き継いでこれで終わりかと思ったのですが、やはりそうラクはできませんでした。K先生と打ち合わせの連続。細かいところまで煮詰めたK先生は本当に大変だったと思います。特に最後の1週間は大きな変更が相次いだのでてんてこ舞い。でもなんとかうまくいってほっとしています。来年は会津地区がんばって欲しいです。そのためにもきっちり反省をして、問題点を洗い出して次にひきつぎをせねば。これでようやく肩の荷が下りるというものです。

研究大会は自分がプレゼンテーションをする側に立つことで受けるよりさらなる学びが深くなる場所。僕は11年前に研究授業をさせていただきました。授業前は深く悩みました。その当時は語研のオーラルインターラクションも知らず、英語で単語を説明することも余り得意ではありませんでした。何の学びもしていなければ悩むのは当然です。自己流の中であがいていた気がします。でもすぐれた実践はその気になればいくらでも探せるのですよね。そのような実践を取り入れ、自分を進化させることができたのが11年前の研究大会だったと思います。

今日はほんのわずかですがお手伝いをさせていただいてご恩返しができたかなと思った日でした。

|

« 0223- 090801 朝日カルチャーセンター教師塾終わる | トップページ | 0225- 091009 よく使う多義語100マスターと読解 »

英語授業の研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/31718560

この記事へのトラックバック一覧です: 0224- 091009 県大会終わる:

« 0223- 090801 朝日カルチャーセンター教師塾終わる | トップページ | 0225- 091009 よく使う多義語100マスターと読解 »