« 0221- 090705  予習復習のリズムを作る ー学びて時に之を習うー | トップページ | 0223- 090801 朝日カルチャーセンター教師塾終わる »

2009年7月31日 (金)

0222- 090730 朝日カルチャーセンター キムタツ講座

 今日から2泊3日で東京にいます。木村達哉先生の講座にでるためです。木村先生の講座は去年11月に続いて2回目。今回も楽しみにしています。

 会場である新宿住友ビルについたところ木村先生からお声がかかった。「模擬授業をしてもらうためにメール、電話をしたんだけれども。連絡が付かなかったんだ。」 「えっ?」真っ青になってパソコンのメールの受信履歴を見る。しかし依頼のメールはない。ともかく木村先生にはあやまり、次回ぜひ授業をさせていただくことにしてもらった。前回の教師塾で模擬授業を行い、その縁で今回も先生から模擬授業のお声がかかっていたのだ。「先生の授業をまた見てみたい」とまで言っていただいたのに.....大変失礼なことをしてしまった。木村先生本当にごめんなさい。

 おそらくYahooメールが勝手に迷惑メールに指定したのだろう。大事なメールが届かなかったのはYahooメールではこれまでも何度かあった。ちょっと僕はきれかけている。 メインのメールをGoogleに移行することを本気で考えている。Googleはかなり優秀な迷惑メール対策をしているそうだ。メール移行はかなりめんどうくさいが信頼性の低いメールを使い続けるわけにはいかない。近日中にMacの MailにGoogle mailが届くように設定でき次第移行する予定だ。

 さて授業内容である。4人の先生方が文法と作文の授業をされ、その後木村先生が授業をされた。

学んだこと

1)ノートを見直したときにポイントがわかるような板書をする。

2)前後左右のうごき、視線移動、大きな声・無言で生徒の注目を集める。

 授業はライブと同じ。かたい話と笑いを交互にまぜながら。
 生徒は顔をあげ集中して聞くことができる。

3)英文法の勉強の先には英作文の授業がある。

 和文英訳ができるよう、生徒がつまづくポイントを軸に説明を組み立てる。
 和文英訳というアウトプットがあるため生徒は説明をよく聞くようになる。

4)英作文のフレームワークは
  (1)和文和訳ができること
  (2)修飾関係をしっかり示すこと
  (3)冠詞の使い方にこだわること。

  (1)(2)ができるためには、英語の構造に近い日本語に直す必要がある。
  (1)(2)ができるためには、英語構文が頭に大量に入っていないとダメ。
  (3)生徒が当然だと思っている a, theの使い方に関して思い込みを揺さぶる。

   3年で英作文の授業があるにしても、それまでの大量の英文暗記の蓄積
   なくして英作文の授業は成り立たない。はじめから文法の説明をしていたら
   時間が足りなくなる。また、授業では考え方を教え、大量にやるべきドリルは
   家庭学習に回す。1)穴埋め 2)和文英訳  3)和文英訳の3つを大量に
   こなすことが頭で理解したことを胸にすとんと落とすために必要となる。

   

   田中十督先生と夜中の1時まで飲む。楽しかった。先生のひととなりがよい。
   気持ちが前を向いて一生懸命の人と飲んで話をするのは本当に楽しい。
   田中先生、明日の飲み会、もとい、反省会でもよろしくお願いします。

|

« 0221- 090705  予習復習のリズムを作る ー学びて時に之を習うー | トップページ | 0223- 090801 朝日カルチャーセンター教師塾終わる »

英語授業の研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/30766801

この記事へのトラックバック一覧です: 0222- 090730 朝日カルチャーセンター キムタツ講座:

« 0221- 090705  予習復習のリズムを作る ー学びて時に之を習うー | トップページ | 0223- 090801 朝日カルチャーセンター教師塾終わる »