« 0197 -090502 ユメタン2 | トップページ | 0199- 090506 語い習得理論 part 1 »

2009年5月 6日 (水)

0198- 090506 NextStageの功罪(熟語パート)

桐原書店 NextStageは全国でかなりのいやほとんどの学校で採用している教材ではないだろうか。事実受験ででてくるポイントはほぼ全て網羅しているのだから文句はないかもしれない。しかし、他はさておき、熟語パートはまったくいただけない。以下は桐原の営業の方にも伝えてある。次回の改訂が迫っているそうだから、劇的な改善を求めたい。

問題は以下の通り

1)句動詞と動詞の意味はイコールではないのに、イコールといいきっている
     例hand in=submit とあるが、イコールではない。

2)語義が正確に書かれていない
  例 set in =天気、季節が始まる とあるが、これでははなはだ不十分である。

3)句動詞ではなく、動詞で表現した方が自然な場合があるが、そう書かれてない。
  例 find fault with=criticizeと書かれているが、criticizeの方が自然。

4)なぜそういう意味になるのか、前置詞などの説明がない。1つ1つ暗記を強いる。
  例 take on  =「おびる、ひきうける、やとう」どこからこういう意味がでてくるの?
  例 yield to =「屈する、産出する」この2つの意味がなぜでてくるの?
...................................................................................................................................................................................
1)に関してはいまだに多くの大学で句動詞と「ほぼ同じ意味」の動詞を選びなさい。などという問題が見られる。使われる文脈が非常に違うのにも関わらず、「日本語の意味的に似ている」「問題を作りやすい」という理由で「ほぼ同じ意味の動詞を選びなさい」という設問を作ると思われるが、このことは生徒の英語力増強にマイナスにしかならない。

 この状況をネクステが作り出しているとまでは言えないが、hand in =submitなどと書かない方がいい、むしろ、多くの句動詞と動詞は決してイコールではないと明記し、大学入試問題作成者にプレッシャーを与えるべきと考える。安易な大学入試問題に同調しているならば、こと、熟語に関してはネクステは日本語の英語教育界には多大なマイナスをもたらしていることになる。くりかえすが、重なりあっている部分がある一方、重なってない部分も多い。そこを無視はできない。使えない形で句動詞を覚えさせられる生徒が悲劇なのである。

 hand in A  :上司や先生などに報告書や宿題を提出する
 submit A   : 役所などに陳情書を考慮してもらったり、申請書などを提出する場合

2)は意味が正確に書かれていないという問題だ。set inは「梅雨や厳しい冬など、好ましくない気候が始まる」という意味である。こんなのはロングマンを見れば一発でわかる。それほど生徒に負担を強いるものでもない。編者がロングマンをもっていないとは思わないが、もう少し語義の書き方に慎重さがあってよい。

3)はなんでもかんでも句動詞がよいのではなく、人を批判するという意味では criticizeが最も自然で好まれるということ。そのような実際の使用状況などの情報も、よく使うものに関してはぜひ知りたいところである。コーパスなどでチェックして載せて欲しい。

4)前置詞や副詞や動詞の原義を取り扱っていないことがネクステの英熟語パートの最も弱い点と言える。だからひとつひとつの熟語について記憶の強化のポイントを書いてくれるだけで生徒の負担はぐっと減る。

   take on...      take(〜をとって)何かに on (くっつける)=start to have....   
            「新しい意味をおびはじめる・(新たに)責任や仕事を負う」の意味。
           

    yield to....         「与える」が原義。勝利や何かを人に与えて「〜に屈する」
            「〜を産出する」も言い換えれば「出す、与える」である。

 とまあ、さんざん文句を言っていますが、結局ネクステには期待をしているのです。桐原書店のみなさんには、がんばってほしいです。多くの受験生がネクステを手に取るのですから。次回の改訂は今よりもっともっとよくなることを心より期待しています。





   

|

« 0197 -090502 ユメタン2 | トップページ | 0199- 090506 語い習得理論 part 1 »

英語指導法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/29460650

この記事へのトラックバック一覧です: 0198- 090506 NextStageの功罪(熟語パート):

« 0197 -090502 ユメタン2 | トップページ | 0199- 090506 語い習得理論 part 1 »