« 0172- 081018 単語集について | トップページ | 0174- 081106 Macbook Pro (late2008)購入 »

2008年10月18日 (土)

0173- 081018 Macの英文読み上げを英語教育に使う - Apple Scriptの活用

say "[[rate 200]]to be or not to be [[slnc 2000]]that is the question. [[slnc 2000]] At the edge [[slnc 2000]] of a great forest [[slnc 2000]] there lived a brother and sister [[slnc 2000]] named Hansel and Gretel." using "Agnes"

現在コンシューマー向けパソコンでは、Windows XPや VISTA,の英語音声読み上げ品質を大きく引き離し、間違いなくトップにたつのが、Mac OS X 10.5 (通称 Leopard)。ネイティブなみの音質(声質?)です。

Leopardの英語読み上げ機能を使い、リーディング、リスニングに効果的な音声教材を作ることが可能になりましたが、それをさらに英語教育的にアップグレードする方法が見つかりました。それはApple Scriptを利用すること。これにより、

1)ネイティブに近い発音で 
2)読み上げ速度を自由に変え、
3)すきなところで好きな時間だけポーズを挿入させる 
   ことが簡単にできるようになります。

つまり、次のような細かい指定をしながら英文読み上げが可能になります。[読み上げ速度1分間に150wpmで] At the edge (1秒ポーズ) of a great forest (2秒ポーズ) there lived a brother and sister (3秒ポーズ) named Hansel and Gretel.

まず、Macに付属のApple Scriptを起動しましょう。アプリケーションフォルダーの上のほうにありますよ。そこから、スクリプトエディターを選び、起動します。すると、真っ白な画面が出てきますので、次のスクリプトをスペースなど入れずに最初の一文字目の位置から入力します。面倒なら、コピーしてみましょう。そして実行ボタンを押すだけ。

say "[[rate 200]]At the edge [[slnc 2000]] of a great forest [[slnc 2000]] there lived a brother and sister [[slnc 2000]] named Hansel and Gretel." using "Alex"

どうでしょうか。流ちょうな英語がポーズ付きで、きこえて来たでしょう。

次にどういうスクリプト構造になっているか、自分でいじれるように文法を学びましょう。

第一段階 まずは英文を読み上げさせましょう。
say "読み上げたい英文テキスト"

第二段階 読み上げ速度を変える方法です。
say "[[rate 200]]読み上げたい英文テキスト"

  * [[rate***]]で速度を変えられます。
  *200のかわりに140と入力するとゆっくり読まれるのがわかります。
   数字は任意のものでOK。

第三段階 すきなところに、好きな秒数だけポーズを挿入する方法です。
say "[[rate 200]]読み上げたい英文テキスト[[slnc 2000]] 英文のつづき"

  *[[slnc 2000]] を文の途中に入れるとそこでポーズが挿入されます。
  *2000という数字は2秒を意味します。1秒なら1000。3秒なら3000へ。
  *これってすごいことです。ポーズの長さを0.001秒単位で調整できるのです。

第四段階 Nativeなみに読み上げてくれる音声=Alexを指定します。
say "[[rate 200]]読み上げたい英文テキスト[[slnc 2000]] 英文のつづき" using "Alex"

  *using "Alex"と最後に入れます。Alex以外はダメダメなのでAlexを指定します。

できあがりがこれ。

say "[[rate 200]]At the edge [[slnc 2000]] of a great forest [[slnc 2000]] there lived a brother and sister [[slnc 2000]] named Hansel and Gretel." using "Alex"

それで、実行ボタンを押します。感動です。Alex君が、チャンクごとに、
しかもポーズを付けて英文をネイティブなみに読み上げてくれます。

もっと短いポーズを手軽におきたいなら、 その場所にカンマ「, ]を置きます。それよりさらに短いポーズは、"文字" と文字を囲みます。

一応OSX10.4でもできますが、10.5の Alex君を指定すべきでしょう。
NativeなみなのはAlex君だけなのです。

かくいう私はApple Script歴1日目。Scriptなんかぜんぜんわからない
私でもできちゃうのがマックのいいところです。(^^)

この機能を使って、単語を読み上げさせ、オリジナルの単語CDを作ることもOK。

試された方、もしよければコメント欄でご感想を。

|

« 0172- 081018 単語集について | トップページ | 0174- 081106 Macbook Pro (late2008)購入 »

Mac」カテゴリの記事

語彙指導」カテゴリの記事

コメント

すごく参考になりました。有り難うございます!
テキスト付属のCDだと、基本、英語→日本語になっていて、
聞き込むうちに、日本語ぶんの待ち時間を鬱陶しく感じていました。

この方法でしたら、必要な箇所だけ流せて効率が良さそうです。
慣れに従って速度も変えられますし。
良い情報感謝です。

投稿: 匿名希望 | 2014年4月29日 (火) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/24577246

この記事へのトラックバック一覧です: 0173- 081018 Macの英文読み上げを英語教育に使う - Apple Scriptの活用:

« 0172- 081018 単語集について | トップページ | 0174- 081106 Macbook Pro (late2008)購入 »