« 0171- 081001 おくりびと | トップページ | 0173- 081018 Macの英文読み上げを英語教育に使う - Apple Scriptの活用 »

2008年10月18日 (土)

0172- 081018 単語集について

灘の木村先生によるユメタンが20日発売されるとのこと。楽しみです。

ユメタンのポイントは「1週間に100語の単語をくり返し反復すること」「覚え方をいろいろ工夫していること」「CDで単語チェックができること」らしいです。すばらしい単語帳になりそうです。

「1週間で100語反復」と「各単語について覚え方を変える」点は僕もこの1年間自分のクラスで実践してきたことなので、木村先生のお墨付きを得たようで大変心強いです。

1週間で100語を反復するメリットは何回かこのブログにも書いてありますし、「百式英単語(西東社)」にも詳しく載っています。

長期記憶を作るには反復が必要です。覚えたつもりでも忘れるのは短期記憶で終わっているからです。反復のためには音読がベストです。それも「単語ー和訳、単語ー和訳」という形で音読する形がベストです。1日10分〜20分ひたすら音読します。そうすると10分程度でも100語なら4周は練習できます。7日あれば4×7=28回は触れることが出来ます。「覚えた」と思ったときからさらにしつこくもう一押しすると長期記憶に生まれ変われます。

さらに音読のみならず単語によってあと一押しの覚え方を添えることも大切だと思います。記憶の強化には、語源、語呂合わせ、コロケーション、同意語・反意語・上位語・下位語、連想語などを教えます。これらはメンタルレキシコン構築に役立ちます。

また、yield「産出する、屈する」というような語義間の関係も示したいところ。例えば、単に「yieldは多義語だから産出する、屈すると覚えろ」と言うより、「yieldはもとは与えるという意味。→産み出す→相手に(道や勝利を与える)屈する」と覚えさせた方が記憶効率がよいと思います。多義語指導にはベネッセのE-Gateのコアミーニング的発想を取り入れるのも大事ですね。

百式英単語を不満に思う点は、2つ。レイアウトをすっきりさせたいせいか、各単語の情報がうすいこと。もうすこし、メンタルレキシコン構築につながるような情報や、上記コアミーニングを取り入れたらもっとよくなると思います。そういう意味では、竹岡先生のドラゴンイングリッシュ単語編(単語のイメージがわくわく!!)と、百式英単語の「1週間で100語反復の長期記憶メソッド」を組み合わせたものが、「ユメタン」発売前としては最強だと思います。「ユメタン」が、各単語の情報をどのように処理しているか、楽しみ。

最後に音声面ですが、発音記号とカナ表記はつけてほしいところです。読めなければそこで練習がストップしてしまうんですよね。以前のエントリーにも述べたように、長続きさせるためには面倒さを極力排除し、機械的に練習できるような仕組みをつくること(これを仕組み化といいます)

CDは絶対必要。理由1 発音アクセントを苦労せず身につけられる。発音記号を読んで発音する手間暇を省けます。 理由2 単語の意味を短時間でチェックすることが音声の力を借りることで可能になります。池田和広先生の単語の本に単語を2回ずつ読み上げるだけのCDがついてました。意味は無しです。CDには、例えば、「introduce, introduce, reduce, reduce,....」という風に2回ずつ間断なく単語が読まれて入っています。これがいい。CDに意味が入っていないとなぜいいか。まず第一にリズムよく高速に単語のチェックだけできます。一単語1秒として、60秒で60個の単語チェックが可能です。20分あればなんと1200語のチェックが可能になります。これなら朝10分、夕方10分で毎日チェックが可能です。単語本に意味は書いてあるのだからCDは発音アクセント確認と、意味を確認するだけの機能があればよいと思います。

いずれにせよ語い力増強は大切。「ユメタン」に大いに期待しましょう。

|

« 0171- 081001 おくりびと | トップページ | 0173- 081018 Macの英文読み上げを英語教育に使う - Apple Scriptの活用 »

語彙指導」カテゴリの記事

コメント

楽しみですね。参考にします。

投稿: Mr.K | 2008年11月13日 (木) 22時16分

Mr. K様 いらっしゃい。o(*^▽^*)o

ユメタンはアルクの編集の方から送っていただきまして現在車でCDをかけています。生徒というより自分の勉強になりますね。これは。いいです。

投稿: Enzo | 2008年11月24日 (月) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/24576683

この記事へのトラックバック一覧です: 0172- 081018 単語集について:

« 0171- 081001 おくりびと | トップページ | 0173- 081018 Macの英文読み上げを英語教育に使う - Apple Scriptの活用 »