« 0154 -08021 小学校英語 うーん困った | トップページ | 0156 -080903 スピーチコンテスト »

2008年8月27日 (水)

0155 -08026 長文の読み方

英文解釈と、長文の読み方は意識して変えて読むべきである。長文読解ではすべての文を精読していたらいくら時間があっても足りなくなる。下線部の部分は精読で丁寧に読む。そうでないところは、筆者のいいたいことを大づかみにして読んでいく。SVXXをとる読む方を意識して読む読み方をやめ、「筆者がいいたいことはこんなかんじだな」ぐらいとどめてで次にどんどん行く。

ただしこの状態はある意味、英文解釈が自動的に出来る状態である。この状態にするためには、高2までには英文解釈系の本を2冊は与えてやらせる。ここが自動的にできないと、長文を構文解析しながら読んでしまう。それでは間に合わない。

筆者のいいたいことを大づかみにするには条件が3つある。1)下線部以外の構文の意味がほぼ意識せずとれること。そのためには長文問題とは別に解釈系の問題集を複数こなす 2)語い力養成。3)長文の問題集では、下線部訳以外は構文解析を主眼におかず、筆者の主張をおおづかみにすることを主眼に置く。そのためには数をこなす。3年で週1〜2長文しか授業で扱えないのは問題がある。数をこなせないのは、長文の指導ではなく、解釈の指導で終わってしまっているから。 (By キムタツ先生)

ずきっとくる。まあ生徒がPassageのはじめの方で読んだことを忘れているのは、一文一文の処理をしているから。50文からできあがっているpassageなら、50回精読していることになる。これでは先に読んだことをつぎつぎ忘れていっても無理はない。


でも50文の文章を5つぐらいのセグメントにまとめることができたらどうだろう。おそらくpassageの最初から最後までおおよその筋は覚えていられるだろう。解釈ではない長文の読み方はそれでよいと思う。メモをとりながらのメソッドもあるが、そうではなく、結局何がいいたいのかを大づかみしていく。内容を覚えながら理解していくほうがpassage全体の理解度はあがり、結果、試験の得点率もあがる。


よって、複数の文を読み、ここからここまでは「〜ということだな」「筆者は〜と考えているな」と

.....................................................................................................................................................


|

« 0154 -08021 小学校英語 うーん困った | トップページ | 0156 -080903 スピーチコンテスト »

英語指導法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/23276307

この記事へのトラックバック一覧です: 0155 -08026 長文の読み方:

« 0154 -08021 小学校英語 うーん困った | トップページ | 0156 -080903 スピーチコンテスト »