« 0151- 080727 スラッシュリーディング 7 | トップページ | 0153- 080813 単語学習くり返しのシステム »

2008年8月 9日 (土)

0152 -080809 百式英単語を使って

4月で書店で見かけていらい、選択の英語授業クラス30名の生徒に購入してもらって使っています。生徒の声は、とにかく覚えやすい!ということにつきます。単語の選択も適切で、模試にも結構でているとの報告もうけています。

理論がすばらしい。いちいち語彙習得理論にあっています。まず長期記憶と短期記憶に焦点をあてている点。単語は7回以上出会わないと頭に入らないという語彙習得理論がありますが、まずここを圧倒的なくり返し回数をシステムで確保することによりクリアしており長期記憶にむすびつけています。

2点目は音読を用いている点。音読とは、目から入れた情報を口からアウトプットして、再度耳に入れる活動。インプットとアウトプットを同時に行っている点で単にリスニングするより格段にすぐれています。

3点目は圧倒的に見やすいレイアウトと練習法の極めてていねいな説明。これがなぜいいかというと、泉正人さんの仕組み化の本にもあったように、「迷いなく、取り組みやすい仕組み」を提案している点です。人間は迷ったり、判断が必要とされる場合、思考や作業をストップします。そしてこれが作業の遅延をまねきます。しかし、迷いがないくらい、覚え方、何を覚えればいいのかが明示されているので効率よく練習に専念できるのです。

具体的にいうと....

1)音声に関しては発音記号とカタカナがあるので、すぐ音読ができてストレスがありません。2)意味に関しては単語と意味がとなり同士によせられているので、視線移動が少なくてすみます。3)単語ごと、語源、語呂合わせ、コロケーション等、その単語にあった覚え方をあらかじめ指定してくれているのも迷いなく取り組むにはGood. 4)見開き50語のレイアウトは大変見やすいだけでなく、50語というところに意味があります。つまりどれだけやったか数をつかみやすく、数値化して目標化しやすいのです。5

すべてが音読作業を気持ちよくできるために仕組まれています。著者の方のなみなみならぬ研究心と生徒への愛情のたまもののような単語本です。

要望もあります。

1)難関大レベルの単語数を200〜300増やして欲しい。
2)正確な発音を確認するCDないし、ネットでのMP3音声データの配信が欲しい。

 解説や派生語のかずを増やすことはこの単語帳のよい点をそぐ結果になるかも。
 よって、プラスアルファの解説や派生語、語源の説明がほしければ別な本に求めるが吉。
 この本をメインに、竹岡広信先生のドラゴンイングリッシュ単語編を補助本として使えば
 最強でしょう。

|

« 0151- 080727 スラッシュリーディング 7 | トップページ | 0153- 080813 単語学習くり返しのシステム »

語彙指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/22871983

この記事へのトラックバック一覧です: 0152 -080809 百式英単語を使って:

« 0151- 080727 スラッシュリーディング 7 | トップページ | 0153- 080813 単語学習くり返しのシステム »