« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月27日 (日)

0151- 080727 スラッシュリーディング 7

スラッシュリーディングの利点と弱点

利点はリスニング、スピーキング、ライティングとすべての力に転用できることです。英語の運用能力全般を高めることができます。これは次のような力をのばすからです。第一にチャンクを意識できること。チャンクは発話やリスニング理解に最低単位と言われています。このつなぎ方やどう並べるのかを学べるのですから悪いはずはありません。第二に、オンラインの処理能力をあげられること。オンライン処理とは、「次々と入ってくる情報を頭(ワーキングメモリー)に一時的に保存し、その内容を解析、さらに入ってくる情報を保持しつつ、以前入ってきて解析されたものとどうつながるのかを解析して意味を決定していくという一連の作業です。」

リーディングのテキストであっても、音声CD(ただしチャンクごとにポーズが入れられているもの)が重要なわけがここにあります。学習者はポーズの時間にオンライン処理の時間がとれるのです。ですからポーズごとに聞こえてきた音声の意味をとっていくことは強制的に前から意味を処理をする過程にさらされることになり、結果的にリーディングの処理速度をさらに速めます。

ここで終わってはだめで、次にはポーズなしのハイスピードの音声を聞きます。すると今度は和訳をしている時間がなくなります。聞こえてきた音声に対し、訳ではなくイメージで対応せざるをえなくなります。これになれると、音声とイメージがダイレクトでつながり、和訳を排除できるようになります(私の経験上)これが速読にもたいへんよい影響を与えます。ただし、CDは単に聞いているより、自分の声に出してみたほうがよりinternalized(地肉化)されます。これは間違いないです。

さらにさらに 1)速音読(できるだけ速いスピードで音読すること)や、2)1.4〜1.8倍速くらいの英語を繰り返し聞くとオンライン処理の能力をさらに高めることができます。1倍速に戻ったとき、余裕で処理できるわけです。これも量を確保してどんどん聞いていると、リスニングの質の変化が起きます。初めて聞く文でも、語彙と背景知識があるものなら聞こえるようになります。

また一文単位の処理時間が短くなることで、ここに使われていたワーキングメモリーが解放され、文脈の保持、内容の推測、パラグラフ展開の理解等より高次な作業を行えるようになります。ボトムアップの力を研ぎすますと、つまり一文一文を速く読めるとトップダウンを行う余裕が初めてでてくるわけです。

では弱点はあるでしょうか?

実は弱点はありません。「利点が異なる」だけなのです。スラッシュリーディングで一文一文のボトムアップ理解が自動化されると、どこかが主張で、どこがデータかを見抜くトップダウン処理を行うための余裕(ワーキングメモリのパワーがトップダウン処理にふりわけられるようになる)が格段にでてきます。要約問題などに対処するにはどこが主張で、どこがデータかという読解の仕方は別に学ぶ必要があります。もっとも、これができるようになる前提(必要)条件として、スラッシュリーディングがあるのですから、どちらか一方が重要なのではなく、結局相互補完関係にあると言うことです。

その一方、構造が複雑な初見の文は、また別の読み方も求められます。国公立の2次の下線部和訳問題には、文の最後まで視線をさっと送って初めて気づくような複雑な仕組みの文がでるということです。例えば節が何重にもでてくるような、構造が複雑な場合や、重要な要素と要素が離れているところに置かれている場合は、前から順送りにチャンクごとに意味をとるやりかたをやめ、ピリオドまでいったん目を通してから訳の方針をたてざるを得ません。これは伝統的な英文解釈の力がないと対応できないということになります。そうはいっても、このような読み方ばかりに慣れてしまってもダメです。「きわめてゆっくりとしか読めないこの読み方」では、仕事というか、スピードが求められるコミュニケーションには使えません。このような文であっても、その後しっかり練習して、結局前から意味をとれるようにしていくことが大事です。こういう文もネイティブは前から意味をとっているわけで、最終的にはこのような文も前からスラッシュリーディングできないといけません。リスニングやライティングにも使えるよう、一歩一歩乗り越えて行くわけです。

つまりすぐれた読み手にとってスラッシュリーディングは なくてはならないもので、リスニング、スピーキング、ライティング、リーディングの力を伸ばすために mustである非常に重要な技法であり、伝統的な英文解釈法よりも10倍以上重要度は上であることは間違いありません! ただ、筆者の意図を読み解く方法論は1つだけより、多いほどよいと思います。場合に応じて使い分けるわけです。(メタ認知の観点から)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

0150 -080725 仕組み化と単語指導

泉正人さんのベストセラー、「仕組み仕事術」を読みました。仕組み化とは、To Do リストにすべてことこまかに仕事内容を書き出すことにより、誰がやっても同じ効果が得られるようにすること。泉さんによると私たちがやる仕事の内容は、作業系=ルーティンワークと、創造系=考える仕事に大別されると言います。仕組み化が有効なのは前者。一人でしかできない仕事を増やすより、仕組みを作って他者に任せられれば、その浮いた分の時間でよりクリエイティブなことを考える時間や、人生を豊かに過ごす時間が生み出せるということです。

仕組み化は、一見面倒に見えます。仕事ができる人は仕組みを作るより自分でやった方が速いと思いがちだといいます。しかし、一度この作業を行っておくと、人の時間を使って仕事を進められる他、やりたくない、めんどうくさい等の感情を廃して、たんたんと作業を効率すすめることが出来、結果ものすごく仕事の効率がよくなるそうです。例えば、セブンイレブンなどでは、「お客様が2人以上並んだら、今している作業を中断し、となりのレジもあける。」と決められているそうです。これならアルバイト店員であっても「どうすればいいんだろう?」という作業中止の時間を作らずすみます。判断の入る余地なくすっと次の行動に入れる。「このいろいろ判断する必要がない。感情を廃して」というのが作業系の仕事の効率を最大限にあげるコツみたいです。

そしてそれは英語教育にも応用が利くかもしれません。特に語彙学習で。生徒の独学を阻害するものを揚げてみてそれを取り除いていくこと=仕組みを作ることで、判断の留保の時間ややるのめんどいなあという部分を極力そぎ落とせると思うのです。

まずは「音」。CDで発音が確認出来、発音記号もカタカナでの読み方も書いてあれば、読み方で迷うことはありません。めんどいなあが一つ消えます。

二つめは「意味」。どの意味とどの意味を覚えればいいのか、必要最小限のものを絞り込んでいること。最大で3つか4つか。そしてなぜそういう意味になるのかの説明があること。例えば termをあげます。  期間、用語、あたりまでは「区切る」という原義からわかるとしても、in terms of... はどうでしょうか。 「〜という観点から」という意味ですが、どうしてそういう意味になるのか説明してくれている本は辞書を含めないのではないでしょうか。「〜という言葉から→言葉に出せばそれがその人の見方がわかる→〜という観点から」とあればわかるというものです。この語義と語義のつながりが見えないまま、ばらばらに覚えるのが学習者にとってはつらいし、なぜそうなるのか?と判断の留保が起きてしまう原因となっていると思います。よって多義語の場合、コアミーニングや語義と語義のつながりを示す。

三つめは「覚え方」。
1)語源で覚えた方がいいもの
2)語源が難しいか意味がないので、語呂合わせやイメージで覚えるもの
3)派生語、反対語、仲間のことばと覚えた方がいいものもある。
4)コロケーションや例文(例文は9words以内のもの: ミラー氏のマジック7理論)

単語の覚え方を学習者まかせにするのではなく、はじめからその単語にあった覚え方が書いてある方が学習者の判断の留保がなくてよいと思います。一つの覚え方に限定するのではなく、単語に応じて1)〜4)の覚え方記憶への残し方を明記したほうがいいと思います。これも一種の仕組み化。大変でも一度作ると生徒が一人でも練習できるようになります。もう少し詳しく言うと、

1と3)ですが、メンタルレキシコン理論にあってます。要するに新出単語を既存の単語知識のネットワークに組み込む作業で、強固な記憶に結びつきます。脳のなかで小さなアハ体験ができてよいと思われます。

2)ですが、apeの場合、monkeyと一緒に覚えさせ1)で述べたようなメンタルレキシコン構築をねらわせてもいいですし、「エプ(ape)ロンをつけた類人猿、人間と一緒に料理」とエプロンをつけたお猿さんを頭でイメージさせてもいいわけです。

4)のコロケーションですが、ターゲット語でないほうの語句がターゲット語を想起させるものでなくては意味がありません。eraserと覚えるとしたら、pencilと覚えれば想起されやすくなります。(まさかeraserに例文をつけるかたはいらっしゃらないと思います)それと記憶効率を無視した、語法も一緒に覚えさせましょう的な(システム英単語)単語帳も記憶効率の点からいえば好ましくありません。それは文法ドリルの中や長文指導の中で行えばいいのですから。また例文を使った暗記ですが、Nation先生は単語を覚える際の「仕組み化」として「脱文脈化し、リスト化して覚える」ことをあげています。つまり、「読解の作業と語彙を覚える作業はいったん切り離せそのほうが効率がいい」とおっしゃっています。なのに例文を使って覚えさせるというのは効率化を妨げるかもしれません。なのでまずは9語以内とできるだけ短いことが重要です。そして意味を想起しやすいことも大事ですね。例:Sorry, /smoking is confined / in that area.

四つ目はレイアウト
見開き2ページで必ず同じ語数に固定し、50語程度にしてみる。理由の一つめは覚えた覚えていないのチェックがページをめくらずとも一度にやりやすいから。学校で作るとしたら、B4の表で50、裏で50の1枚で100語を覚えるプリントを作ります。一度に単語を俯瞰できます。理由の2つめは10枚やれば1000語というふうに学習者が自分の努力を数量化して意識化しやすいですからね。レイアウトは徹頭徹尾同じにします。学習者の「レイアウト変更」によるストレスをなくし、判断の留保をふせぐテクニックの一つだと思います。レイアウトの点ではZ会の速読英単語はストレス度が極めて高く最悪の部類に属します。レイアウトがすっきりし、迷いがない状態がベストです。

五つ目は
長期記憶の方法をしっかり仕組み化しているもの。そしてそれが単語リストのレイアウトと関連しあっているもの。これはどういうことかといいますと、長期記憶にはリハーサル(くり返し)がもっとも有効です。そして語句は音を使った記憶が有効です。音読練習は、B4の裏表100語に対して行います。英語と日本語を交互に2回ずつ音読します。「confine限定する confine限定する」1語2秒としても、100語なら200秒で終わります。つまり1周するのに4分かかりません。これを毎日4〜5周すれば、7日間で最大35回その単語に触れます。くり返しの回数が多いほど長期記憶に入る可能性がでてきます。ですから、音読練習やチェックがしやすく、数の計算もしやすいほうがいいわけです。そのためのB4片面50語のレイアウトはおススメです。(単語帳なら見開き2ページで50語)

再利用可能な仕組み化

市販の単語帳のメリットはこちらでやるべき作業をすべてやってくれているという点です。しかし、あえて学校独自の単語プリントを作ることもできます。学校が両面100語の単語プリントを50枚用意できれば5000語の学習が可能になります。単語帳を買わせるのも一つの手ですが、英語1,2の教科書、Readingの教科書、過去問などから作っておきます。これはフォーマットを統一し、エクセルに入力してもらいます。確かに大変ですが、教員で手分けしていったんエクセルに入力し、データを統合し、「VLOOKUP関数」を使えば新しく単語を入力した瞬間に、その単語のもつ情報もすべて他のセルに自動で表示できるようになります。(学籍番号を入力すると、氏名からすべての成績まで一瞬に表示されるあの機能です)しかも元データの削除、訂正、追加が可能。

さらに大きな仕組み化は、学校全体地域全体で同じ単語データベースを構築することです。データベース構築に協力した学校さんは自由に単語プリントを作れるようにします。すると小、中、高と全く同じデータベースを使って、それぞれのコースにあった単語プリントが作れるようになります。学校内や学校間でコンテストを行うことも可能になります。これぞ既存の単語帳を越えるオープンソース単語プロジェクト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

0149- 080722 英語の情報構造

英語の世界を支配しているルールのひとつに「情報構造」があるのは否定できません。情報構造とはなんでしょうか?簡単に言えば、古い情報、つまり相手がわかっている情報を文頭でいい、新情報、つまり相手が分かっていない情報を文末に持ってくるってことなんです。文末に新情報を置き、特に相手に注目させることを文末焦点(エンドフォーカス)といいます。つまり書き言葉では、最後に相手が聞きたいことをもってくるということです。これが話し言葉になると、スピードが求められますから、文頭でぱっと新情報を言うことが極めて多くなります。まとめますと、旧情報、新情報という情報構造は、書き言葉のときに特に重要になる考え方になります。

ではこの考えはなぜ重要なのでしょうか? それはこの考え方で多くの語順のなぞが解けるからです。例えば、There is...構文。なぜ There is を文頭につけるのでしょうか?

A) ??? A beautiful garden is near my house. 
B) There is a beautiful garden near my house.

A)は A....で始まってますから新情報から始まる文でこれはアウト。
B)は There (意味のない主語) is ....と、形式上はSVCの形をと
 っています。文末にa beautiful gardenが来ていますからOK。

There is 構文では相手がしらない未知情報しか置けないということは
かなり多くの方が知っていらっしゃいますよね。

There is (未知情報の主語)Ving..../ There is (未知情報の主語)Vpp...
も同様です。A storm is coming.は書き言葉ではあまりみません。
There is a storm coming.
(旧)   (新 情 報)

(2)<旧情報の副詞句> v 新情報のS
  よく副詞句のうしろがVSと語順が変化している文を見かけますが、これも旧情報を前にだし、新情報である主語を文末にもっていったために起こる現象。

Once upon a time there was a villageIn the village there lived a man named Tom.

(3)C'S'V' , 文.....
これも旧、新で考えられます。
She finally got married to Tom.    
Happy though she was, she had a big worry.
   
Happyが文脈に照らし合わせて旧情報(finallyと
あるので待ち望んでいたわけです)、wasが新情報。
「確かにそうだったんだが」を強調するいいかたでもあります。
そしてさらに見てみると、文頭の従属節は旧情報の役割を
果たし、新情報である主節への橋渡し役も果たしています。
 
 (2)でもわかるように文頭の副詞節、副詞句などは旧情
  報として、新情報の主節への橋渡し的役割をもっている
  ようです。以下の文の In order to...という副詞句は前文
  の情報を受け取り、かつ新情報 she studied very hard
      への橋渡し的役割を果たしています。

(4)OSV   

  これも旧、新の情報の流れで行われる操作です。Oが旧情報、
  Sが新情報で文末焦点です。OVSにしないの?と思う人がいるかもしれません。
  しません。OVSと、SVOは見かけは全く区別がつかなくなります。

(5)受け身の文

  これも旧、新の情報の流れで行われる操作の一つです。
  旧情報 be Vpp by新情報

(6)4文型 VS 3文型

  I gave her a ring.  herが旧情報、a ringが新情報
  文末焦点で、新情報 a ringが文末にある。
  SVOOは目的語の人物がモノを受け取ったニュアンスがあります。

  I gave the book to Mary.  the bookが旧、Maryが新
  文末焦点で、Maryが重点情報になった。
  SVO前置詞+目的語は、必ずしも受け取っているとは限りません。

(7) 不定詞や動名詞による長いS(=旧情報)
  It...toや、It...ving、It ...that, の構文があるのに、なぜ
  不定詞や、動名詞、that節による長い主語があるのか。
  それは旧情報だから。旧情報の情報がto....とか that....に来ている場合、
  そこは文頭においたままにします。
   

(8) Phrasal Verb の語順
  pick it up .....  itは旧情報なので文末に置かず。upが新情報で、アクセントも。
  pick up John ....Johnは新情報なので、文末に置く。

ただし、旧情報、新情報の話は書き言葉に多くみられるようです。話し言葉はスピードが重視されますから、まどろっこしい言い方は嫌われます。ずばり新情報で話が進むことが多くなります。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

0148- 080721 be willing to

He’s willing to tell the police everything he knows.
I'm willing to take him with us as long as he stays out of my hair.
ぼくの邪魔さえしなければ、彼を一緒に連れて行っていいよ。

willing にはよろこんでするという意味はなく、求められれば、またはある条件が満たされれば(断る理由もないし)やってもかまわないよ。ぐらいの意味。I’m willing to....のうしろには、as long as...とか、unless....とか、for nothingタダでとか、条件を示す言葉が多いのでそれがわかる。

喜んで〜します は、I’m happy to do that.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0147-080721 長男の誕生

7月17日長男が誕生した。泣き声がきこえたときは自然と涙が出てきた。生まれてきてくれてありがとう。本当にうれしいできごとだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

0146- 080713 受動態の使い方

受け身

(すみません。でかけるので、レイアウトの崩れはあとで直します)

★★be +過去分詞という形にする理由★★

John  broke  the window.  ジョンがその窓を割った 

という文がここにあります。この文だけでよさそうなのに、なんで、受け身の文ってあるんだろう?
そう思ったことはありませんか?

The window was broken by John.  その窓は割られちゃったよ ジョンにね。 
なぜこの受け身の表現があるんでしょうか?実は理由があるんですよ。

次の2つの文を見比べてみて理由を考えましょう。どちらかはあまりよくない文章です。

1)Look at the window.  John broke it. 
2)Look at the window.  It was broken by John. 

英語には、すでに話題に上っている情報は文の先頭に置き、新しくでてきた情報はなるべく後ろに置くという大事な法則があるんです。

なぜかというと、英語では、相手がわかっている旧情報を文の先頭にもっていって相手を話題にすっと引き込み、相手がしりたいなしりたいなと思っている情報=新情報を文の最後までじらすように持って行くからです。文の最後におくと、その情報のインパクトが強くなります。そこにスポットライトが当たるみたいに強調することができます。

×上の文は、新情報 Johnが文の先頭に来てbad。
Look at the window.      John  broke  it. 
      新情報   新情報    旧情報
 
○下の方の文は、旧情報が先頭、新情報が最後に来ていて Good。
Look at the window.   It   was broken   by John.
      新情報    旧情報         新情報
         
★★文末には強調したい情報(=新情報)を置け★★

たとえば、「この番組はソニーによって提供されています」という文は、英語でどう表すのがいいでしょうか。

1)(Sony) presented this program.    
2)This program is presented (by Sony).   

話題の中心はあくまでこの番組ですから、主語はThis programでないとまずいです。Sonyを主語にすると、まるで、Sonyの話が話題の中心になってしまった印象がありますから。あくまで話題の中心はThis program。その大きな特徴のひとつとして、ソニーがスポンサーですよ。と文末で強調しているのです。ですから答えは2)になります。

このように、英語は文末に置く情報が注目をあびる効果があります。これを「文末焦点」または「エンドフォーカス」といいます。エンドは「終わり」フォーカスで「焦点をあてる」ですね。

さきほどの、 It was broken by John. ですが、文末に来ている言葉は何でしょう? by Johnとありますから、文末焦点はジョンです。ジョンを強調してますよね。「割ったのは、ジョンだよー」と「ジョン」をことさら強調してしまうんです。ちょっとジョンがかわいそうです。

一方、あなたがあるお店に行き、グラスを床に落として割ってしまった場合、お店の人はスタッフに向かって次のように指示するでしょう。

  “A glass was broken.   Could you get them another glass, please? “ 

あれ?by 以下を言ってませんよね。文の最後に「by him. 」などとつけようものなら大変。「グラス割っちゃったのよ〜、そうこのお客がね。」という感じになってしまい、そのお客は2度とその店には行きません。^^ ; そう、by...は、文末。文末焦点の原則からお客であるhim が強調されてしまいます。

つまり “A glass was broken.”のように、受け身の文ではby をつけないほうが当たり前なんです。 byをつけてしまうと、その情報をあなたがわざわざ「強調したいっ!」と思っていると相手にとられるということなんです。

練習 次の2つの文で、強調したいことって何? となりの人と話しあおう。

1) The window was broken.                   The window was broken by Yoko.
2) That cake was made yesterday.          That cake was made by Yoko. 
3) That temple was built 200 years ago.  That temple was built by Syotoku-taishi.

ーここまでのまとめー

旧情報は文の先頭に置かれ、新情報は強調のために文末に置かれます。(エンドフォーカス)

ー指導をする場合の注意ー

能動態の文を機械的に受け身の文に直す練習はある意味危険だということです。強調したい内容がイコールではないのですから。なんでも受動態にする生徒を量産します。

★★byを付けない理由★★

受け身の文では「by行為者」をつけないほうがふつう。と述べました。
なぜ つけないか4つの理由を考えてみましょう。

●1つめの理由 :誰がやったかぼかすことで波風をたてたくない場合

□A glass was broken.   (by Yoko.とすると洋子がかわいそう)
□Sorry. Smoking is prohibited here.  (by us. とすると押しつけがましくなる。)

●2つめの理由 :言わなくたってわかるよ! 

□The man was arrested in Tokyo yesterday. その男は昨日東京で逮捕された。
  *by...がありませんが、警察に決まっています。
□English is spoken in many countries.   英語は多くの国で話されています。
  *by...がありませんが、多くの国の国民によって だとわかります。

●3つめの理由 :誰によってかは、わからないし、書いても意味がない。

□Those pyramids were built in ancient times. 
  これらのピラミッドは古代に建造された。
  *by...がありませんが、誰が作ったの? と言ってもわからないです。

□John was killed in the car accident. ジョンは交通事故で亡くなった。
  *相手のことをことさら強調したいのでなければ普通書きません。

●4つめの理由 : 意見に客観性をもたせたい場合

「〜が...と言った」というより、「〜ということが言われている」とした方が
相手に世間一般で通用するような、客観的事実のように思わせられます。

□It is often said / that English is a difficult language.   
  英語は難しい言語だとよく言われている。
  *by...以下がない。世間の一般的な意見だからあえて書く必要もない。

★ただし、by...以下をつけたほうがいいこともあります。
 それはSが長すぎるとき。あたまでっかちは嫌われます。

 △Ken and Yoko’s decision to get divorced     shocked   everyone.
= ○Everyone was shocked  / by Ken and Yoko’s decision to get divorced.

   ○Ken was shocked / to find he failed all the entrance exams.
                                 that he found he failed all the entrance exams.

★★受け身に絶対できない場合★★

さあ受け身の文は、文脈をつけていかないと、使うかどうか決められないということが分かってきたのではないかと思います。

次には、生徒が書いてくる受け身の文の検証方法についてです。生徒の書く受け身の文で「これっていいのかな〜。」と思って事はありませんか。適格か不適格か何で決まるのでしょうか。実はたったふたつで判断できます。

1)Sの特徴づけになっていない文。
  
  A)       Hamlet  | was written by Shakespeare.  
  B) ??? Hamlet   |   was read by me.
  
話題の中心はハムレットです。A)はハムレットの特長を十分述べています。○ですね。しかしB)はどうでしょうか? 「私によって読まれた」のがハムレットの特長とは言えないでしょう。よって、A)は○ですが、B)は×になります。

  C) Hamlet  | is read by quite a few people in the world. なら ○です。

ハムレットが世界中の人に読まれているというのは「名作」であるという特徴を物語ってます。

2)Sに影響変化をもたらしていない文。

  A)  Seto-Ohashi Bridge  |  was destroyed by the typhoon.
  B)  Seto-Ohashi Bridge  |  was seen by me. 

話題の中心は橋ですね。A)は○です。台風によって壊されたとあるので、Sは影響変化がありましたね。でも、B)は×です。なぜなら、私が見たからと言って橋になんら変化を与えてません。

  C) Mona Lisa was photographed by all the visitors, so the paint was damaged.

C)はどうでしょう?フラッシュの光に大量にさらされて、絵の具が劣化する。これは影響があると考えていいでしょう。また大勢の人に写真を撮られるのは名画の特徴を示しているとも言えます。よって、C)は○です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »