« 0138-080427 芸能山城組 ゲレ族の祈祷 | トップページ | Alex君の大活躍 »

2008年4月27日 (日)

0139-080427 大人の小論文教室

http://www.1101.com/essay/

ほぼ日刊イトイ新聞 の中のコラム、「大人の小論文教室」がおもしろい。山田ズーニーさんという方が書かれているコラムだ。山田さんはもと進研ゼミで小論文部門の編集長をされていた方。ズーニーというのはインドを旅したときにつけられた名前(月を意味する)らしい。最近まで知らなかったのだが、小論文指導などの本を何冊も書き、有名な方らしい。僕は、よく見させてもらっている「英語教育の哲学的探求」というサイトで知ったのだ。

小論文とは銘打ってはいるが、そこは、ほぼ日刊イトイ新聞。社会にでても使える考え方が満載だ。最近では、「敵対的説得、友好的説得」の話がおもしろかった。「言葉をどうもちいるか」教師にとって避けては通れないテーマだ。そして同じ言葉を使うなら、自分の気持ちを誤解無く伝え、しかも効果的に使いたいものだ。

こういう方こそ、教員免許講習に呼ぶべきなのだ。氏の「伝わる・揺さぶる!文章を書く」は教師必読の書であると言える。


Wikipediaより

山田ズーニー氏

1984年福武書店入社。進研ゼミ小論文編集長となり、通信教育の企画・編集・プロデュースに携わる。2000年に独立。同年5月より「ほぼ日刊イトイ新聞」にてコラム「おとなの小論文教室。」をスタートさせ、長期にわたる人気連載となる。フリーランスとして「人の持つ考える力・表現力を生かし伸ばす」教育にたずさわり、中高生、大学生から社会人、教師、プロのライターまで幅広い層に圧倒的支持を得ている。執筆の他、講演、大学の講義、企業研修、テレビ講座、ワークショップなど幅広く活動中。
[編集]書籍

伝わる・揺さぶる!文章を書く(2001年11月)
あなたの話はなぜ「通じない」のか(2003年10月)韓国でも発売された。
考えるシート(2005年6月9日)
おとなの小論文教室。(2006年1月10日)
理解という名の愛がほしい おとなの小論文教室。II(2006年3月14日)
17歳は2回くる おとなの小論文教室。III(2006年5月19日)
おとなの進路教室。 (2007年3月22日)
話すチカラをつくる本―この一冊で想いが通じる!(2007年3月)

|

« 0138-080427 芸能山城組 ゲレ族の祈祷 | トップページ | Alex君の大活躍 »

英語授業の研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/20596311

この記事へのトラックバック一覧です: 0139-080427 大人の小論文教室:

« 0138-080427 芸能山城組 ゲレ族の祈祷 | トップページ | Alex君の大活躍 »