« 0128-080218 強調構文とIf it were not for.... | トップページ | 0130-080302 牛 »

2008年2月22日 (金)

0129-080221 北原、田尻辞書ワークショップに出て

2月10日に行われた、北原・田尻辞書ワークショップに出来てきました。いくつかのポイントがありましたのでここで書き留めておきたいと思います。


○普段からうるさく発音指導。一人がダメだったら全員やらせる。
○子供に気付かせる授業。なるほどという声がでないとダメ。
○授業は家庭学習のためにある。授業で勉強法教える。
○あらゆる機会をとらえて、単語を言わせる。
 「ateでおわる単語7つ言え。」[fulで終わる単語7つ言え」
○提出物は点数に入れない。なぜか。自分の体に落とし込むところまでやっていないから。
 ALTと勝負させる。何かについてALTに説明させる。ALTは突然、I have a questionと遮る。
 質問に答えられて初めて点数が入る。説明自体は暗記レベルなので、それを超えて初めて
 点数が入る。
○Writingは習熟させるためにさせる。
  ・枝分かれ図
    事実を書いていき最後にそれをどうおもったか感情を書かせる。
  ・マッピングは順番や接続詞考える必要あり。
○和英辞書使う前に
   1)語順を教えること。→英作をさせると、語順の重要性に気付く。
   2)日本語を別の日本語に置き換えさせる。
     まず考えさせる。次にひかせると頭にしみこむ  
   3)語順パターンの[  ]の中に入る語句を和英で調べさせる。
   4)例文を読む


結局英語の技術的な指導よりも前に、おそらくお二人がどう普段から学生、生徒に接しているかが最も興味深いお話でした。田尻先生の、「大学生でも自分の存在を教師に認めてもらいたいんだ」「寝てばかりいる野球部の生徒と野球の話をし出したら、とたんに協力的になった」「英語の授業である携帯電話会社の業績がアップした理由を行間から読み取らせ発表させることをしたら生徒は燃えた」等の話がありました。この話を聞いて思い出したのが、全英連での東後先生のお話。先生いわく「遅刻してきた生徒に、Thank you. と言って、顔をみながら出席カードを渡してから、生徒が遅刻せず、協力的になった」大学生(大人でも)でも自分の存在を認めてほしいんですね。ましてや中学生や高校生はなおさらでしょう。生徒と個人的なコミュニケーション関係ができると、ほんと授業って「まわります・よく変わります」。田尻先生は、授業のベースが生徒指導、次に教科を超える指導技術が来て、最後に英語の指導技術が授業を支えるとおっしゃってます。英語教師の前に教師で、教師の前に人です。人と人がどう関わっていくか(生徒指導)がすべての授業のベースにあるのだということをもう一度思い出させていただきました。

そしてこのことは最近読んだ「コーチング」の本の内容と最近むすびつきました。キーワードはアクノレッジメント。これは次回以降書きたいと思います。

その他にも一杯元気ををもらいました。両先生方ありがとうございました。

それから準備を担当してくれた方々、松本先生、いい会でした。やった甲斐があったね。
ありがとうございました。
   

|

« 0128-080218 強調構文とIf it were not for.... | トップページ | 0130-080302 牛 »

英語授業の研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/10672884

この記事へのトラックバック一覧です: 0129-080221 北原、田尻辞書ワークショップに出て:

« 0128-080218 強調構文とIf it were not for.... | トップページ | 0130-080302 牛 »