« 0105-071224 未知語の意味を論理的に確定する | トップページ | 0107-071225 動名詞と不定詞の関係 »

2007年12月24日 (月)

0106-071224 脳の信号強度と英語教育

池谷祐二先生、茂木健一郎先生と言えば気鋭の脳科学者である。

二人とも結局は共通のことを述べられている。脳の可逆性についてである。
可逆性とは、ある圧力をあるものに加えると、ぐにゃと曲がり、その圧力がなくなったあともその形のまま残ることだ。脳の記憶も同じで、ある一定以上の信号が脳に入ると、その信号がなくなったあともその情報は脳に残り続ける。脳に変化が起こったわけだ。

茂木先生によるとアハ体験というのは、ひとつの概念とある概念のむすびつきに気付いたときにおこるものだと言う。脳に変化が起こるわけだ。(可逆性)池谷先生によると、人の脳の容量は学び続けると数分でオーバーしてしまうため、重要な情報と認識したもの以外どんどん忘れるようにできているそうだ。

ではどんな情報なら脳の防御ラインを突破できるのだろうか。脳に入る信号の強さを▲▲▲で表すことにする。▲▲▲なら不足で、▲▲▲▲▲なら突破できるという信号の強さだとする。あるルートからの信号強度が▲▲▲である場合、当然ラインは突破できない。ところが、何度も入力があるとトータルで▲▲▲▲▲を越えることになると言う。めでたく長期記憶に入るわけだ。また、▲▲▲の信号であっても、別のルートから▲▲の信号がくると「合体」して防御ラインを越えるとのことだ。この「合体」こそ、「関連づけ」だという。たとえば「明智光秀」を覚えたければ、「織田信長の家臣で彼をうらみ本能寺で殺した人物」という別の情報と「合体」させ一種のエピソードにして覚えると▲▲▲▲▲になり、ラインを突破できるという。

これを英語の語い学習にあてはめてみよう。feasibleという単語を覚えるとする。覚え方はいくつかある。
 1)コロケーションで覚える・例文で覚える I think building of the bridge is feasible.
2) 日本語文脈にうめこむ         その橋の建設はfeasibleだと思う。
3)語源で覚える。            faire する(=fact)ことが ableできる
4) エピソード記憶を使う。        ひじがぶるぶる。腕相撲で優勝するのは実現可能。
  5) 何度もくり返し覚える。        

このうち僕の脳の防御ラインを突破した方法は4)だった。feasible -ひじがぶるぶる-腕相撲大会-優勝は実現可能 と関連させて覚えたわけだ。大昔あった「犬がねるからケンネル」式の覚え方である。これは「記憶術」から出てきた覚え方だと思うが、はっきりいって英語教師としては、ばかにしていた覚え方だ。しかし今にして思えば、「覚えられればその方法は有効」なのだと思う。ストラテジーは多いほどよい。発音があやしいものに4)のやりかたはどうかと思うが、発音記号が読めるのならよしとしてよいのではないかと思っている。

★アハ体験したものが記憶にのこりやすいとすると、1)わかった!という感動が信号強度を高めるということと、2)ある概念がある概念とネットワーク化したという2重の意味でラインを突破できているのではないかとふと考えた。茂木さんに聞いてみたいところだ。

★語源の指導などはアハ体験につながりやすいだろうし、英英定義の単語の意味の推測活動もアハ体験につながりやすいと個人的な感想を持っている。

★文法なども、マッピングなどで覚えることを構造化ネットワーク化したあとで、くり返し例文を覚えると比較的短い時間でマスターできるかもしれない。また、例文も鮮烈でイメージに残りやすいものを取りそろえておいたほうが、信号強度をあげるにはよいだろう。そして何より、なんども同じ範囲のテストをくり返すことが最も大事であろう。思い出す回数が記憶の強度に比例するからだ。(ただし徐々に例文は複雑化していったほうがよさそうだ。いつまでも簡単な例文では信号強度も弱くなりそうだ)また生徒がなんども同じところでつまづく場合、自分で例文を作らせると忘れにくくなるとよく言われる。これは自分の経験と英語が結びついたから突破できるのかもしれない。

(注 以上の★印の文は学問的検証を受けているものではなく、私の個人的見解です。)

|

« 0105-071224 未知語の意味を論理的に確定する | トップページ | 0107-071225 動名詞と不定詞の関係 »

英語指導法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/9543588

この記事へのトラックバック一覧です: 0106-071224 脳の信号強度と英語教育:

« 0105-071224 未知語の意味を論理的に確定する | トップページ | 0107-071225 動名詞と不定詞の関係 »