« 0091-071114 学習の見通しとシラバスの意味 | トップページ | 0093-071126 ほしい参考書 »

2007年11月20日 (火)

0092-071120 一流の英語

文部科学省の2ヶ月海外研修(カナダ バンクーバー)で一緒に苦楽を共にした仲間、千葉女子高等学校の向後秀明先生がこのたびパーマー賞を受賞されました。おめでとうございます。

向後先生は 大修館 Geniusや、英検の問題集の執筆もされている方。また、SELHi (スーパーランゲージハイスクール)の指定を受けた千葉女子高校の普通科で英語教育に携わっている方です。生徒との会話はすべて英語。授業開始8分前にクラスに入り、生徒と英語でコミュニケーションをし、授業でもスピーチ、ディベート指導しているているすごい先生です。(私たち仲間はリーダーとお呼びしています)

しかしリーダーを本当にすごいと思ったのは実はカナダ研修最後の日彼のスピーチを聞いた日でした。Farewell Partyの席上でのスピーチはなんとそのユーモアでネイティブを思いっきり笑わせていたのです。もちろんきっちり押さえるところは押さえた上です。そのとき思ったことは「フォーマルな席で、ポイントはおさえつつ、ネイティブを終始笑わせることができれば、その人の英語は一流だ」ということです。

というわけでそこから彼は僕が勝手に思い込んでいる師匠でもあります。

パーマーという人は日本の英語教育界にとって欠かせない人物です。語研での「オーラルインターラクション」(もちろんAll Englishの授業)の基礎を築いた人です。大学入試重視の進学校の英語の授業でどこまでやれるかわかりませんが、いつかは彼のような授業ができればと思って精進したいと思います。

リーダー、また飲みに行きましょう。

|

« 0091-071114 学習の見通しとシラバスの意味 | トップページ | 0093-071126 ほしい参考書 »

英語指導法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/9033442

この記事へのトラックバック一覧です: 0092-071120 一流の英語:

« 0091-071114 学習の見通しとシラバスの意味 | トップページ | 0093-071126 ほしい参考書 »