« 0079-070826 分詞構文の指導1 | トップページ | 0081-070911 Young as he is,をどう教えるか »

2007年9月 2日 (日)

0080-070901 仮定法未来にはなぜshouldを使うのか?スッキリ。

なぜ、「仮定法未来はshouldを使うんだろう?
未来なのになぜwouldを使わないんだろう?」と
ずっと思っていました。その疑問が氷解しました。

実はshallの意味が「天の意志、運命である」ことが
その理由でした。


willは「その場で決めた意志」であるのに対し、
shallは「神・天の意志。逆らえない運命」です。

I shall return. 
「戻ってくるのが(天が決めた)当然の私の運命。」堅い表現。
I'll be back. 
自分の意志を反映。「きっと戻ってくるよ」気軽な感じ。

Shall I help you ? 
個人の意志というより「私はあなたを助ける運命にあるだろうか?」
遠回しな言い方。丁寧な言い方になります。

Shall we dance?
「我々二人の運命は踊ることになるでしょうか?」→踊りませんか?  
気取った言い方になる。
Let's dance.
「踊ろうよ」気軽な感じ。

shouldはshallの過去形
助動詞の過去形はとおまわしな意味になります。
「〜すべし・当然〜する運命にある」が
「〜した方がいい・〜するはずだ」と意味が婉曲的になります。

仮定法は確定していないことを述べるわけですから、当然、助動詞の現在形
(断定調)をさけ、助動詞の過去形(過去ではなく婉曲)を使って表そうと
します。ちなみに、条件節に助動詞を使ってはならないという決まりはあり
ません。

仮定法未来は単なる未来ではなく、「あり得なさそうな未来です。」
自分でどうとでもできる、個人の意志を述べる(will-would)でなく、
自分ではどうしようもない(shall-should)を使った方が仮定法未来にぴったり
だと思いませんか。

If  shouldは、「もし〜する運命であるなら」を
「万一〜すれば」と訳したわけです。
自分の意志というより、自分がどうしようもない「天の意志」。

If you should see him,   たぶんないと思うけど、もしあなたが彼と会う運命なら
please tell him to call me.   電話するよう言ってください。

ではShall I 〜?はアメリカ英語ではあまり言わないのか。
僕は何かでそう読んだ記憶があります。
アメリカ人は
Do you want me to 〜?と言い、相手の意志を尊重する言い方を好むそうです。

運命 VS 個人の意志。 厳かな言い方 VS気軽な言い方 
英語学習はつきることがありません。
またひとつ疑問が氷解してすっきりしました。

|

« 0079-070826 分詞構文の指導1 | トップページ | 0081-070911 Young as he is,をどう教えるか »

英文法ー仮定法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/7772975

この記事へのトラックバック一覧です: 0080-070901 仮定法未来にはなぜshouldを使うのか?スッキリ。:

« 0079-070826 分詞構文の指導1 | トップページ | 0081-070911 Young as he is,をどう教えるか »