« マインドマッピングの英語教育への活用 | トップページ | ことばのチカラ »

2007年3月 1日 (木)

タスクを主体とした授業

かねてより英文和訳(解釈)の弊害が叫ばれてきました。それは「訳をする時間」が授業のメインになることで、十分な音読や、その他のスキルをトレーニングする時間が十分とれなくなるというものです。

別の方法もあります。同じ文を形を変えて何度も読ませる手法です。こうすることで時間あたりの英語のinput量が増大させるというものです。

私は両方必要だと考えています。基本的にトレーニングが主で、英文解釈が従ですが、レッスンによっては難易度が高い構文が出てきますので、そのときは英文解釈が主で、トレーニングを従とします。

ただ、私も含め、多くの教師の悩みは、英文解釈以外の英語訓練法を十分知らない点にあります。

そこで、ここでは、わずかではありますが、トレーニング(何度も読ませる方式)主体の指導の流れを紹介します。

1)英語定義文を読んで本文中にでてくる新出語に○をつけさせる。

  In the passage below, find the words that match the following definitions.

      a) the organ inside your head that controls how you think, feel and move.
      b) to write information down or store it in a computer or on film so that
         it can be looked at in the future

  (本文)

  a)はbrain。b)はrecord。生徒は定義文の意味を理解し、brain、recordという単語を本文から探し出さねばなりません。難易度は高いでしょうが、ある程度の語い力をつけさせているため推測が可能です。またペアワークにしています。うちの生徒ではこれは無理という場合は、一段階負荷を減らし、定義文に先立ち単語を書いてあげた上で推測活動をペアでさせます。

(例)brain : the organ inside your head that controls how you think, feel and move.  もちろん、organは生徒にとっての既習語です。  未知語が定義文に入るのは極力さけます。  やむを得ない場合、アスタリスクをつけ日本語訳を示します。

  (例) * organ 器官

      定義文と本文はA4のシートの上下に配置します。

2)Questionの答えの部分に線をひく。

  1. In the past what did scientists think about the sleeping brain ?
          .............

      答えに相当する部分をスキャンニングで探させる形式のタスクです。
  必ず本文に線を引かせます。ペアワークです。ここでも質問の数だけ
  本文を読むことになりますから単位時間あたりのinput量増をもくろんで
  います。このあと生徒を指名し、答えの文とおおよその意味を言わせます。

3)構文をとらせる

      次に構文をとらせます。名詞句(節)、形容詞句(節)、副詞句(節)を
  それぞれカッコでくくらせます。名詞のカタマリは [    ], 形容詞のカタマリ
  は(  )、副詞のカタマリは<  >ときめてあります。

  First Round

      

名詞の働きをする節、準動詞の句をみつけだし[      ]でくくりなさい。
  第一段落は3つ  第二段落は1つ   第三段落は2つとする。

  (本文 )

  Second Round

      形容詞の働きをする節をみつけだし(   )でくくりなさい。
  本文から一つのみとする。

  Third Round

  副詞の働きをする節をみつけだし<  >でくくりなさい。
  本文から一つのみとする。

  当然今までに句、節の指導は4月当初からレッスンの中に練り込んでありま
  す。逆に言えば1年の後半でこういうことが自然とできるように計画して
  おく必要があります。

 このあと、内容に関してテープを流しながら簡単な英問英問をし、音読訓練に
 うつります。音読にも様々なタスクがありますが、以前のエントリーをみていた
 だければと思います。

 このレッスンは構文的に難しいものが少なく、文法で既習のものが多いため
 こういう授業形態にできます。構文が難しいものが多いレッスンは英文解釈
 を主にしています。(ただし訓練の時間がなくなるので全文訳はせずポイント
 の文のみ)

 英文解釈とトレーニングの割合を決定するのが教師のしごとかもしれません。

|

« マインドマッピングの英語教育への活用 | トップページ | ことばのチカラ »

英語指導法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/5527369

この記事へのトラックバック一覧です: タスクを主体とした授業:

« マインドマッピングの英語教育への活用 | トップページ | ことばのチカラ »