« HP Officejet Pro K550 追加情報 | トップページ | ウェルハース ラスト?コンサート »

2006年12月13日 (水)

語彙習得について考えたこと

現在,ELEC同友会の語彙研究に関するMLに入っています。最近「良い単語集の見分け方」というテーマで話がありました。

速読英単語,音読英単語,(ともにZ会),システム英単語(駿台),フレーズで英単語3000(浜島書店)でどれが一番いいかというもの。

結論は,「音読英単語」とのこと。

MLによると単語学習は
1)リスト型が好ましく,
2)似たような意味が連続してでていないものもの (resemble, be similar はダメ。)
3)例文は9語以内。等がいいとのこと。

MLの内容がただしいならば,
1)で,速読英単語は脱落する。英文読解中心ならいいが,単語だけ覚えるならリスト型ほど効率的ではないとのこと。

2)で,桐原のデータベース3000等や,ターゲット1900,フレーズで3000は脱落する。意味の似ている単語を隣同士においておくと習得がかえって阻害されるとの研究結果があるとのこと。

また,システム英単語はコロケーション重視であり,語法に意識が向くため効率的な単語学習に適さないとのこと。

語彙習得理論に照らし合わせると,Z会の「音読英単語」が最もよいという結論であった。そして,期間をあけながら数回覚えることが重要とも言っている。

理屈はわかる。海外の語彙習得理論をうまく使って選択しているのもわかる。しかしだ。自慢ではないが私はいまだかつて「単語のリスト型学習でうまくいったためしがない。」やはりどう使うかイメージがわかない単語は覚えられないタイプのようだ。MLの内容に逆らうようだが,私は結局,文脈依存型,リスト型,コロケーション型,パソコンと4つのストラテジーを併用している。

どうするか,

1)英文には文脈がある。英文を読み,まずすらすら和訳できるようにする。
  または,和訳がある場合,日本語文脈に英語を組み込む。

      例 アインシュタインがそのtheoryをdevelopしたのはスイスのpatent局で
    働いている頃だった。

  

2)次に,文脈の手助けなしに単語だけみて意味が言えるようにする。
   A) 覚えたい単語をリスト化する。
          B)その単語を使った6〜7語からなるコロケーション表現を覚える。
    コロケーション表現を考えつく時間が惜しいなら,
    前述の「システム英単語」や「フレーズで英単語3000」を使う。

     例 renowned は (renowned universities such as Keiko and Waseda ) で覚える。
     *何度も学習し,慣れてきたら,renowned universitiesと短くしてみる。

3)パソコンの単語習得ソフトにも登録し強制的な出会いをくり返す。

  私が語彙学習に最も影響を受けたのは長崎玄弥先生。

  長崎先生は,30年以上前に著書の「奇跡の英単語」で,dog : tail, bark, bite, smell というようにして覚えなさい。と書いていたと記憶しています。単語がお互い同士が手と手をつないで記憶を呼び覚ます鍵になっているわけです。実はコロケーションもそう。周囲の単語情報がその単語の意味を思い出す鍵になってくれています。MLでは,語法に意識が向いてあまりよくないと言われた「システム英単語」「フレーズで英単語3000」ですが,模試などででてきた単語を覚えようとするとき,逆引き辞典のように使うと,その価値は一気に倍増します。*ただしコロケーション表現の中にターゲット語以外に未知語が入っているのはダメ。

このような,様々な方法の組み合わせで語彙を覚えるやり方に関してはほとんど検証がありません。自分では最も覚えやすいと思いますが。時間があれば,こういう方法が本当に効果があるか,ないか科学的に検証したいと思います。(T検定等,統計は苦手ですのでこのブログを見ている方で詳しい方がいれば,どなたかご教授いただけるとありがたいです。)

|

« HP Officejet Pro K550 追加情報 | トップページ | ウェルハース ラスト?コンサート »

教育」カテゴリの記事

コメント

英語教育にたずさわっているものです。
興味深く読ませていただいてます。
高校生に対して、英語に動作を用いさせた指導(TPR)や音読、筆写の効用などなにか知っていることや文献、論文があれば教えていただけないでしょうか。

投稿: general | 2007年2月 8日 (木) 09時56分

こんにちは。自分でもドイツ語単語を覚えようと、いろいろ試しているところなので、おおいに勉強になりました。英語の語彙研究の大御所 Paul Nation は、例文なしの単語単体での学習を勧めていますが、私も前田さんと同じで、例文とまではいかなくとも、何か足がかりは欲しいと感じています。例えば、英語の動詞 assume なら、to assume that someone is innocent 程度のものは一緒におさえていきたいなとということです。意外とこの方式で General Service List のような必須単語を洗い直したら、けっこう多くの人に喜ばれるのかも知れません。

投稿: 日向清人 | 2007年3月15日 (木) 13時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/4532584

この記事へのトラックバック一覧です: 語彙習得について考えたこと:

« HP Officejet Pro K550 追加情報 | トップページ | ウェルハース ラスト?コンサート »