« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »

2006年12月20日 (水)

覚える価値のある例文追加

本ブログでも紹介しました ジョブスのスピーチの一節。

The only way to do great work is to love what you do.

名言です。 形容詞用法でも,名詞用法でも,関係代名詞でもいいですが,
文法解説をするのがばからしくなるのが,名言を教える際の欠点ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェルハース ラスト?コンサート

 福島はいわき市,湯の岳の中腹にウェルハースというすてきな紅茶の店がある。山の中腹にあるだけにながめは最高。晴れた日は遠く,小名浜の海岸線がきらきら見える。しかしお気に入りの時間帯は夕方。刻々と空がオレンジから薄紫にかわっていく瞬間のこの店からみる景色が大好きなのだ。店の中は,山小屋風であたたかい感じ。薪ストーブがあり冬はストーブの近くでシャリマーティーを飲みながら,ぬくぬくしている僕がいる。最近は妻と一緒だが。テーブルと椅子もいい。テーブルは蜜ろうでもぬっているのではないかというぐらいすべすべ。それから椅子。座りやすい上に,座っていて心地よい椅子というのは僕の人生の中で初めて。超きもちいい。(オーナーに聞いたら郡山市のある店で特注とのこと)。店では,どんなに混雑しても相席はしない方針を持っていて1人で行っても,4人席に座っていて,待っている人がいるなんてのはこの店ではよくあるこ。でも文句を言う人はいない。オーナーの方針が皆わかっているから。そして,大事な空間を大事な人と過ごすというあたりまえのことを皆わかっているから。紅茶にあきたら,ミニギャラリーがあって,そこを見ることもできる。

 そんなウェルハースですが,オーナーの方(川島さん)が変わることになりました。店は閉めないそうですが,本人は泉に紅茶,コーヒーの販売店を作り,喫茶店オーナーとしては12月18日が最後とのこと。体の限界のことをおっしゃってたので,この快適な空間を維持するために今までかなり無理をしてきたのかなと思います。ウェルハースを閉めるのではなく,新たな人生のステージを迎えるということをおっしゃっていたので,まずはめでたし。

 その川島オーナーの最後に日に,吉田慶子さんのボサノヴァのミニコンサートをウェルハースで聞くことになった。コンサートはすばらしい!のひとこと。ギターの豊かな音と,吉田さんのウィスパーボイスに相方のたこさん(本名)のボンゴ?トロンボーン,ピアノが絶妙にからむ。吉田さんは福島FMの「一枚の写真から」という番組を持っているそうですが,そういえば車のなかで何度か聞いたことがあったっけ。吉田さん自身は,小柄な方でしたが,すごい美人。あとで妻に「みとれてたでしょ」とつっこまれてしまいました。

 さてオーナーが変わったウェルハース。来年3月に再オープンとのことですが,私としては雰囲気がどう変わるかが心配。月に1度は必ず通っていた大好きな場所なので。いいように変わってくれたらいいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

語彙習得について考えたこと

現在,ELEC同友会の語彙研究に関するMLに入っています。最近「良い単語集の見分け方」というテーマで話がありました。

速読英単語,音読英単語,(ともにZ会),システム英単語(駿台),フレーズで英単語3000(浜島書店)でどれが一番いいかというもの。

結論は,「音読英単語」とのこと。

MLによると単語学習は
1)リスト型が好ましく,
2)似たような意味が連続してでていないものもの (resemble, be similar はダメ。)
3)例文は9語以内。等がいいとのこと。

MLの内容がただしいならば,
1)で,速読英単語は脱落する。英文読解中心ならいいが,単語だけ覚えるならリスト型ほど効率的ではないとのこと。

2)で,桐原のデータベース3000等や,ターゲット1900,フレーズで3000は脱落する。意味の似ている単語を隣同士においておくと習得がかえって阻害されるとの研究結果があるとのこと。

また,システム英単語はコロケーション重視であり,語法に意識が向くため効率的な単語学習に適さないとのこと。

語彙習得理論に照らし合わせると,Z会の「音読英単語」が最もよいという結論であった。そして,期間をあけながら数回覚えることが重要とも言っている。

理屈はわかる。海外の語彙習得理論をうまく使って選択しているのもわかる。しかしだ。自慢ではないが私はいまだかつて「単語のリスト型学習でうまくいったためしがない。」やはりどう使うかイメージがわかない単語は覚えられないタイプのようだ。MLの内容に逆らうようだが,私は結局,文脈依存型,リスト型,コロケーション型,パソコンと4つのストラテジーを併用している。

どうするか,

1)英文には文脈がある。英文を読み,まずすらすら和訳できるようにする。
  または,和訳がある場合,日本語文脈に英語を組み込む。

      例 アインシュタインがそのtheoryをdevelopしたのはスイスのpatent局で
    働いている頃だった。

  

2)次に,文脈の手助けなしに単語だけみて意味が言えるようにする。
   A) 覚えたい単語をリスト化する。
          B)その単語を使った6〜7語からなるコロケーション表現を覚える。
    コロケーション表現を考えつく時間が惜しいなら,
    前述の「システム英単語」や「フレーズで英単語3000」を使う。

     例 renowned は (renowned universities such as Keiko and Waseda ) で覚える。
     *何度も学習し,慣れてきたら,renowned universitiesと短くしてみる。

3)パソコンの単語習得ソフトにも登録し強制的な出会いをくり返す。

  私が語彙学習に最も影響を受けたのは長崎玄弥先生。

  長崎先生は,30年以上前に著書の「奇跡の英単語」で,dog : tail, bark, bite, smell というようにして覚えなさい。と書いていたと記憶しています。単語がお互い同士が手と手をつないで記憶を呼び覚ます鍵になっているわけです。実はコロケーションもそう。周囲の単語情報がその単語の意味を思い出す鍵になってくれています。MLでは,語法に意識が向いてあまりよくないと言われた「システム英単語」「フレーズで英単語3000」ですが,模試などででてきた単語を覚えようとするとき,逆引き辞典のように使うと,その価値は一気に倍増します。*ただしコロケーション表現の中にターゲット語以外に未知語が入っているのはダメ。

このような,様々な方法の組み合わせで語彙を覚えるやり方に関してはほとんど検証がありません。自分では最も覚えやすいと思いますが。時間があれば,こういう方法が本当に効果があるか,ないか科学的に検証したいと思います。(T検定等,統計は苦手ですのでこのブログを見ている方で詳しい方がいれば,どなたかご教授いただけるとありがたいです。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

HP Officejet Pro K550 追加情報

HP office jet pro K550  追加情報

インク情報

「はやい」で印刷していますが,黒インクはかなり持っています。文字専用の黒インクを別に装備しているからでしょう。おそらく1000枚以上印刷しているのにまだ切れません。コストパフォーマンスもいいし,速度もかなり速いので,「分速37枚で印刷」という無謀な広告を差し引いても,私的には十分満足です。Airmac Expressでの印刷も印刷開始までそれほどもたつきはありません。 ただし,「はやい」で印刷して,すぐ印刷面にさわると,インクがこすれて汚くなります。インクの定着に若干時間が必要なようです。(指でさわればであって,書類を重ねるぶんには大丈夫。)この点を注意すれば本当によい買い物になるでしょう。

サポート情報

実は,当初黒だけがうまく印刷されませんでした。困ってサポートにメールすると丁寧に教えてくれました。また,指定したリカバリー方法をすべて試してダメなら無償交換もOKとのこと。幸運にも私は返品する前に問題が解決しました。価格ドットコムでは酷評されていたサポートですが,至極まともで一安心。次もHPでもいいかもと思わせるものでした。(もっともキャノンなら故障自体あまりないかなと思いますが。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

no more... than...の教え方

いわゆるクジラ構文の指導法。個人的にはこういう文はあまり指導したくないのですが教科書に出てくるのでやむをえず指導します。

1) Meg is more beautiful / than her sister. (優等比較)

2) Meg is less beautiful / than her sister. (劣等比較)

............................................................................................................................................................................................
1)' Meg is (no) more beautiful / than her sister (is beautiful).

   メグも美しくない。    姉は美しくないし,

  noはマイナス。moreはプラス。かけ算するとマイナス(両方否定)

2)' Meg is ( no) less beautiful / than her sister ( is beautiful).
          メグも美しい。    姉は美しいし,

  noはマイナス。lessはマイナス。かけ算するとプラス(両方肯定)

..................................................................................................................................................................................................

1)"  no more than...  は期待をマイナスに裏切る。
  noがマイナスmore がプラス。かけ算するとマイナス。=〜しか

2)"  no less than...は期待をプラスに裏切る。
  no がマイナスlessもマイナス。かけ算するとプラス。=〜も


「h18_extra_lesson.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »